« 八甲田山スキー最終日 | トップページ | 奥鬼怒コザ池沢遡行 鬼怒沼 »

2020年7月22日 (水)

初夏の西丹沢

2020年7月2日(木)長雨の中の晴れ間に久しぶりの山歩きに西丹沢に向かいました。10時に稲村ケ崎を出るなんて、とんでもない山行。なかなか山に行けなかったので今日はトレーニング山行です。でも途中から富士山がうれしいお出まし。2020721030丹沢湖畔を抜け、中川温泉を過ぎます。箒沢公園橋の路肩に駐車スペースがありました。檜洞丸方面へ。11時出発。もう若者二人が軽装で大汗で降りて来ました。今日会った登山者はこの二人だけでした。前日の雨で水量の多い板小屋沢を渡渉しますが、私は濡れちゃった。2020721544堰堤を梯子で登り、杉林の中をどんどこ登っていくと、湿気で大汗。キノコもたくさん生えています。2020721520トレーニングなのか1時間半登っても一本の声がかかりません。結構大雨でトラバース道が崩れていたり、こんな鎖場もあって変化にとんだ登山道です。20207212800ⅿ過ぎから蝉の声が響き渡り、1000ⅿ過ぎるとヤマボウシの林に入り、白や赤やピンクのヤマボウシが満開です。2020721330林には下草が生えていなくて、アザミの草原に野茨の花が?202072142014時まで登って、ヤブ沢ノ頭でおにぎりを頬張ります。雲が谷から湧いてきてガスに包まれ、雷がゴロゴロ鳴り始めました。これはやばい。檜洞丸には一昨年5月に道志側から犬越路を通って登頂しているので今日はここまでとします。5月末のツツジの群落がきれいだったのを覚えています。7月のこの道も静かでお花に恵まれ、西丹沢は蛭もいないし素敵な登山でした。さあとっとと下って温泉に入りましょ。ブナ林も過ぎた途中にはこんなに巨大なモミがそそり立っていました。2020721450さあどんどこ降りて、堰堤までくるとしぶきにあたった岩陰にイワタバコの花が。2020721530堰堤を梯子で降りて、川を渡渉します。また濡れちゃった。15時半箒川橋を渡ると青空が広がって、さっきの雷はどこへ?2020721550日帰り温泉はコロナ禍で三密を避けるにはどうかなと心配しましたがぶなの湯に行くともう夕方なのでお客さんは少なく、女湯の露天風呂は独占できました。密にならなくてよかった!山歩きの後の温泉も3月以来です。山はやっぱりいいなあ!

|

« 八甲田山スキー最終日 | トップページ | 奥鬼怒コザ池沢遡行 鬼怒沼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八甲田山スキー最終日 | トップページ | 奥鬼怒コザ池沢遡行 鬼怒沼 »