« 奥鬼怒コザ池沢遡行 鬼怒沼 | トップページ | 丹沢 檜洞丸 トレーニング山行 »

2020年7月30日 (木)

コザ池沢遡行 鬼怒沼から日光澤温泉

2020年7月27日(月)晴れのち小雨 朝8時半コザ池沢に入渓。2020727912美しいナメが続いて、ゆったりした林の木漏れ日に久しぶりに心が洗われます。20207279409時50分コザ池の滝です。滝の右手にトラロープがあり、簡単に登れます。20207279502020727958倒木を越えたり、草地をショートカットしたり、しているうちに小雨が降り出したので雨具を付けます。10時40分魚止の滝です。地形図の北沢との分岐位置より手前にあります。ここは左水流沿いに登ります。何とか手掛かりがあったので登り切りました。フーッ!20207271040すぐに1509ⅿの北沢分岐です。北沢は滝をかけています。もう一本小北沢を分けて西に進みます。途中こんなに立派なキノコが、これは食べられるのかなあ? 20207271222沢は途中で伏流となりますが、直ぐに水流が戻ってきました。釣り師の残置物が水流に流されて点在したり、なんとタイヤまで引っ掛かったいてせっかくの沢風景が幻滅!奥鬼怒トンネルに出ました。12時半右手から乗り越えて赤布のついた鬼怒沼山方面へ沢を詰めます。雨なので結構小滝となっています。1900ⅿ付近で赤布がなくなり、沢を詰めていくと南に向かうと急傾斜になるので西の草付き斜面から根曲竹藪漕ぎとなり、泣きが入ります。比較的空いている倒木の上を乗越たりようやく登山道に出ました。13時半千疋屋のゼリーを食べて元気を出します。鬼怒沼山の西を巻いている登山道はあまり人が入っていないようですがらくちん。でもクマが怖いので声をかけながら歩きます。14時過ぎに鬼怒沼巡視小屋に到着。20207271423ワタスゲの揺れる鬼怒沼を見てヤッター!ほっとしました。霧の流れる木道もフェルト底の沢靴なので滑りません。20207271425木道が続き、沼が点在します。晴れていればお花畑でしたのに、残念。でも人っ子一人いない湿原を独占。2020727143516時までに日光澤温泉に入るように言われていたので急ぎます。笹原を抜けると下りに入り、途中のトウヒやブナ、ミズナラ、カツラの森が美しい。登山道も雨で沢状態でした。沢靴でどんどこ降って、1時間でオロオソロシの滝展望台。さあもうすぐだぞ、雨も上がって16時前にお花の咲き乱れる日光澤温泉に到着。ザックを置かせてもらい、直ぐに加仁湯に荷物を取りに伺い、お礼を言って引き返しました。玄関では可愛い柴犬がお出迎い。連休後の休館だったのに私たちのために開けてくださったようでした。沢支度を洗い、外に干して、二階のお部屋に通され、温泉へ。黒っぽい内湯があり、外に出ると白濁の露天風呂ともう一つ上に茶色の温泉が気持ちいい。白濁の温泉は疲れを取ってくれるよう。私たちだけなので囲炉裏の部屋で夕食です。すべて手料理で心がこもっています。渡辺先輩の日光誉の冷酒をいただきました。美味しい!20207271810 7月28日(月)朝飯前に温泉をいただき、7時過ぎに朝食、ナメコの味噌汁とご飯に那須御養卵の温泉卵が美味しい。若いお二人が一生懸命作ってくださって感謝。奥鬼怒は冬も良いそうです。お二人にお別れして小雨の中傘をさして加仁湯に寄り、冷凍してくださった日光岩魚を受け取り、八丁の湯へ。2020728920ここから犬がついてきました。手白沢温泉の飼い犬で帰るお客様についてきてしまったそう。その方は先に行かれても私たちにまといつきます。振り返ると奥鬼怒の山が名残尽きません。犬を道連れにどんどこ降りると途中の沢では例水浴までする野生児です。でも知らないうちに帰っていきました。2020728922さあ遊歩道を1時間ゴザ池沢を分けて女夫淵駐車場へ。11時に駐車場を出て、今日は鬼怒川経由で帰ります。鬼怒川岩風呂へ寄りましたが定休日でした。靴だけ洗わせていただきました。今市で日光街道ニコニコ本陣でお野菜やコケ玉を購入。通りの前の渡邉佐平酒蔵で日光誉を求めに立ち寄ると渡邉先輩とご子息の後輩に会え、奥様にもてなしていただき、フランスリールのお話で弾みました。ありがとうございました。20207281450鎌倉には19時前に到着しました。

|

« 奥鬼怒コザ池沢遡行 鬼怒沼 | トップページ | 丹沢 檜洞丸 トレーニング山行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奥鬼怒コザ池沢遡行 鬼怒沼 | トップページ | 丹沢 檜洞丸 トレーニング山行 »