« 北海道山スキー最終日 カミホロカメトック山に会いに | トップページ | 酸ヶ湯BC八甲田山スキー »

2020年3月 7日 (土)

2月スキー合宿 芳ヶ平スキーツアー

2020年2月13日から志賀高原スキー合宿に参加しました。13日はチョボやイクミとゲレンデで足慣らし。14日はトンベさんの先導のもとにS先輩、ボンボンやチョボ、クマと寺子屋から焼額山に向かい西舘までゲレンデを滑りまくりました。寺子屋からの北アルプスの景観が素晴らしかった。20202131230 2月15日(土)快晴 今日はジェラとクマと3人で芳ヶ平へスキーツアーに出かけました。2020 山の駅までお宿の若者に送ってもらい、彼の話では今年は雪が少なくてお正月は志賀高原だけ滑れたので野沢温泉から客を送ってきたそうです。バス停にいたシャトルバスに横手山リフト下まで貸し切りで運ばれました。私はカボさんにいただいた券があるのでクマの分の回数券を買ってリフトで横手山へ。昨年は超寒かったのですが、今年は大丈夫。横手から笠ヶ岳の向こうに北アルプスが連なっています。2020215100510時15分横手山から様子を見に林の中を滑っていき、芳ヶ平への夏道沿いに滑り降りますが、雨が降った後の雪はずぶずぶでタ――ンできないよう。トホホ。もう怪我をしないように慎重に降りていきます。木に黄色のリボンが結んであります。20202151020_20200307121901

11時にダマシ平の標識を見つけました。本当に騙されちゃうぐらい平です。202021511この下は雪がザラメっぽくなっていて少しターンができました。沢を渡って広ーい芳ケ平に出ました。11時半20202151130芳ヶ平ヒュッテはどこかしら?上からは赤いヒュッテの屋根が見えたのですが。クマがガシガシトラバースしていくのでみんなで目を凝らすと、あ、屋根が見えました。犬の鳴き声もします。サボを履いた女性が小屋から出てきてくださりお邪魔しました。ザックに入れておいたパンも入っていなかったりで、ランチをお願いするとホタテのパスタと生ビールが出てきました。ヒュッテは丸木小屋にカナダの薪ストーブ、壁にはコロラドの友人が作ったというハンドメイドという美術工芸品のようなテレマークスキーが飾ってあります。ねむの木の大木まであって素敵。ご主人も話の輪に入ってくださり、30年前にスキーが好きで東京からここに移っていらしたとか。おしゃれなご夫妻とまたの再会を祈ってお別れしました。2020215124512時45分芳ヶ平ヒュッテを後にして、シールを付けてさあ登ります。沢を渡る前に先生に連れられた学生たちが降りて来ました。ヒュッテでお待ちになってましたよ。 どんどこ登って、14時過ぎに渋峠に到着。シールを外してリフトに乗って横手山ヒュッテに。ここでヘルメットを着けて、さあ滑りましょう。ジェラとクマがどんどん非圧接のコブに入っていきます。あらまあ、コブコブです。あっという間にバス停ですが15時半までバスがありません。人がどんどん増えて満員でした。中国人観光客もマスクを着けて乗り込んできました。ちょっと息を止めてしまいました。蓮池広場で下車し、ジャイアントに入り、板倉ホテルに滑り込みました。お天気に恵まれ樹々の香り、山歩きが味わえました。 リフト券をいただいたり、チョコレート、ココアパウダーをいただいたり、KWVの先輩たちに感謝です。

|

« 北海道山スキー最終日 カミホロカメトック山に会いに | トップページ | 酸ヶ湯BC八甲田山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道山スキー最終日 カミホロカメトック山に会いに | トップページ | 酸ヶ湯BC八甲田山スキー »