« 酸ヶ湯BC八甲田山スキー | トップページ | 初夏の西丹沢 »

2020年3月21日 (土)

八甲田山スキー最終日

2020年3月13日(金)吹雪で停滞。温泉三昧にも飽きたので八甲田ホテルでアペリティフ。暖炉の前でくつろぎました。 3月14日(土)晴れ ボンボンは8時40分のバスで帰京。私たちは8時半のバスでロープウェイ駅へ。なんと8時過ぎに八戸にいるH8年卒の後輩みっちゃんが駆けつけてくれました。陸奥八仙の純米生原酒を差し入れてくれました。感激!Img_1521名残惜しいのですが予約のバスなのでみっちゃんと来年の山スキーをぜひ一緒にと話してお別れしました。8時45分のロープウェイは満員で9時の便で頂上へ。ダイレクトコースを滑ってからツアーへ。ダイレクトコースはまだあまり踏まれていずに新雪が残っていました。樹氷の間のフカフカ雪を気持ちよく滑っていきますが長い距離で太ももが痛い。最後のバーンはギタギタでしたがロープウェイ乗り場に到着。再び乗り込んで10時半に頂上駅から宮様ルートで酸ヶ湯を目指します。シールを付けてトラバース。Img_1523前方の井戸岳に登り上げている人たちが見えます。Img_1524宮様ルートの看板があり、ここでシールを外して竹竿に沿って滑りますがすぐに平らに。仕方ないなあ。またシールを付けます。Img_1526夏は湿原でお花畑でしょうに雪野原では滑れません。滑りやすい方に行きたくなりますが我慢して竹竿沿いにトラバース。ようやく大岳環状ルートと合流してシールを外します。あっという間に酸ヶ湯の上斜面に飛び出しました。P3140001ジェラが喜んで舞っていきますが雪が重たくなっています。P314000713時に無事帰還。宮さまはスキーではなく歩いてらしたのかなあ?これはスキーには不向きなルートで大岳環状ルートの方が滑れます。Img_1530酸ヶ湯に入って、宅急便荷造りをし、山菜そばをいただいて15時半のバスで青森へ。小雨降る中ホテルにチェックイン。ホテルお勧めの居酒屋さんで夕食を取り、ホタテ焼き等を地酒でいただきました。 3月15日(日)晴れ 雪道を朝の散歩で青森港へ。懐かしい青函連絡船がつながれていました。Img_1532A-FACTORYでお土産をたくさん買って青森頑張れ!アスパムまで歩いて展望台で八甲田山を眺めます。Img_1536連山の左肩に高田大岳が覗いています。その左の鞍部の左には雛岳が。Img_1537ジェラは午後一の飛行機に変更になったのでお別れです。私たちはアウガ新鮮市場でお買い物。青森魚菜センターにも寄って、さあ帰ります。14時過ぎの東北新幹線は空いていました。18時には鎌倉へ帰宅。青森って近いかも。また行きたい八甲田山です。ボンボン、ジェラ、みっちゃんありがとう!

|

« 酸ヶ湯BC八甲田山スキー | トップページ | 初夏の西丹沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 酸ヶ湯BC八甲田山スキー | トップページ | 初夏の西丹沢 »