« 北海道山スキー合宿 白銀荘から三段山 前十勝 カミホロカメトック山に会いに | トップページ | 北海道山スキー最終日 カミホロカメトック山に会いに »

2020年2月 3日 (月)

前十勝へ山スキー

2020年1月22日(火)曇り 朝6時起床、昨日のお鍋にお餅とご飯を入れて卵でとじて朝食です。隣の席のオーストラリアンは巻き寿司を作っています。海苔に酢飯を引いてスクランブルエッグを載せのせツナを載せて巻き、ラップでくるんで行動食にしています!!私たちはチーズにパンを持って行くのに。オークンがコーヒーを淹れてくれました。8時に前十勝に向けて出発。まずは樹林帯のトラバースで富良野川のスノーブリッジ渡渉点に向かいます。途中の吹上温泉観測局で男女二人のスキーヤーに会いました。地元の人なのかどんどんラッセルしてくれます。P1220030

ここから急に降下して林の中を川まで下り、スノーブリッジを渡ります。河岸段丘を越えてカワバラ尾根にとりつきます。前の二人がラッセルしてくれているので楽ちんです。追いついたらラッセル交代を申し出ようっと。

ダウンロード - p1220ウンロード - p1220033.jpg

一本立てると下界が晴れてきました。望岳台が見えています。202001220930さあ登りましょう。手がかじかんできました。1450mで先行パーティはシールを外して滑降モードです。ラッセルのお礼を言うと、どこまで?この上は雪が飛ばされてカリカリなので滑るのは楽しめませんよとのこと。岩がむき出しになっているし風も強くなっているので私たちもシールを外します。尾根を外れないように新雪をいただきます。P1220042ジェラが舞っていきます。オークンも果敢に飛び込みました。あっという間にボトムです。P1220047ジェラが今度は真ん中尾根狙いで行こうと言うのでシールを付けます。シュナイダー尾根と言われている尾根をシールアップします。青空ものぞいて外国人がちらほら登ってきています。1400mの中尾根でシールを外して沢状の深雪を狙いましたが結構重かった。P1220051前十勝の手ごろな斜面で遊べて満足な4人でした。さあスノーブリッジまで戻りましょう。泥流センサーが目印です。202001221310ここを渡って川沿いにトラバースしてツリーランを楽しみながら白銀荘に帰りました。さあゆっくり温泉です。露天風呂でご一緒した旭川の方が北海道で一番の泉質だとお気に入りのご様子。湯治で2か月滞在していらっしゃる茨城の80歳の方はつやつやです。

|

« 北海道山スキー合宿 白銀荘から三段山 前十勝 カミホロカメトック山に会いに | トップページ | 北海道山スキー最終日 カミホロカメトック山に会いに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道山スキー合宿 白銀荘から三段山 前十勝 カミホロカメトック山に会いに | トップページ | 北海道山スキー最終日 カミホロカメトック山に会いに »