« 前十勝へ山スキー | トップページ | 2月スキー合宿 芳ヶ平スキーツアー »

2020年2月 4日 (火)

北海道山スキー最終日 カミホロカメトック山に会いに

2020年1月23日(木)快晴 朝6時起床 朝温泉に入って荷造りをしてクロークに荷物を預け、朝食です。ニューヨークから来ている19歳のブロンド娘におはよう!今日も彼女は細密画を描いています。パン、目玉焼き、サラダにコーヒーでしっかり朝食をいただきました。8時半にオークン車で十勝温泉に登って駐車。5台ほど先行車がありました。凌雲閣の横から急斜面を谷に横滑りで降ります。谷底でシールを付けていると若者3人組が降りて来ました。202001230910急登でホカホカしてくるとモンスターのお出迎え。一枚脱いでさあ登ります。202001230930富良野岳が見えてきました。広大な雪原に10時到着。素晴らしい景色に歓喜の声。202001231005先行3人組は三峰山沢に向かってドロップするようです。私たちは化物岩の裾を巻いて東に向かいます。202001231006トレースがきれいについているので楽ちんです。202001231030上富良野岳に近い稜線の標高1700ⅿを過ぎると風が強くなり、凍った雪面が出てきます。なるべく吹き溜まりを拾うように高度を上げていくと5人の外国人が稜線から滑ってきました。1760ⅿでシールを外して滑降モードに。カリカリバーンでスピードが出ないように慎重に降りていきます。202001231145トラバース気味に滑り、一つ目のコブ下へ。シールを付けてコブを登ります。カリカリバーンの下で滑降モードに。202001231149ジェラもクマもオー君もシュプールを描いていきます。さあ気持ちのよい斜面に酔いしれます。202001231150気持ちよく最後の滑降をしていたと思ったら吹き溜まりに突っ込んでしまいました。フカフカ雪の中にスキーもストックも埋まってしまい、抜け出すのに悪戦苦闘、クマたちははるか下で待っているので焦りました。アックス付きのストックで掘ってみるのですが片方のストックがどこへ行っちゃったのかしら?あまり皆を待たせるのも悪いのであきらめて一本杖で滑ります。あー春になったら誰か見つけてくれるかなあ?私は慎重にトレース通りにボブスレーで帰りましょう。最後の急登はスキーを担いで、疲れた!20200123133013時半無事に駐車場に到着。20200123133314時に白銀荘に帰還して温泉にゆっくり浸かり、荷物を運び出し、一路新得のオー君の家に向かいます。18時にオー君の家で知子さんに温かく迎えられみんなで平和園で焼き肉宴会です。食べるぞ!なんと5人でジンギスカンの塩とたれを15人前平らげ、馬肉のユッケまで美味しくいただきました。オークン宅に2泊させていただき、オークンのギターとバンジョー歌声に酔いしれ、帯広でばんえい競馬場まで見学しました。ドサンコはサラブレッドの2倍も大きいのです。オークン夫妻には感謝しきれません。ありがとうございました。十勝連峰バンザイ!202001231600

|

« 前十勝へ山スキー | トップページ | 2月スキー合宿 芳ヶ平スキーツアー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前十勝へ山スキー | トップページ | 2月スキー合宿 芳ヶ平スキーツアー »