« 巻機山米子沢 沢登り | トップページ

2019年10月22日 (火)

北アルプス最深部に紅葉を見に

2019年10月8日(火)雨 3時半に鎌倉を出て圏央道、中央道、上高地、安房トンネルを通って新穂高でジェラと合流しました。新穂高からわさび平、鏡平山荘か双六小屋、三俣蓮華岳、鷲羽岳、黒部源流の紅葉を見るプランです。小屋終いが15日なのでぎりぎりセーフで小屋泊となりました。20191098時過ぎに新穂高ビジターセンターで登山届を提出。雨具を付けて出発です。ジェラは余裕の大きな傘をさしてます。林道を昔の石積みに感心しながら歩いていると若者グループがびしょぬれで鏡平の上の稜線は風が酷いので下山ですと降りて来ました。10時にわさび平小屋に到着、軒下でおにぎりとミカンを頬張ります。トイレは水洗できれいです。100円の使用料です。水場の蔦が紅葉していました。20191081010

しばらくのんびりと小池新道が石を平に置いたり手入れに感心して歩いていくと傾斜が急になって、山道が沢になってきました。巻機山の米子沢で沢登りをしたばかりだったので沢歩きは大丈夫ですが重い登山靴を履いてきたので濡れないように岩を飛んでました。途中の増水した秩父沢は橋に岩がぶつからないように若者が鉄棒で岩を動かし働いてくれていました。13時半にびしょぬれで鏡平山荘に到着。もうここで泊まりましょうということになり、直ぐに受付して乾燥室に。きれいな大きな山荘です。談話室で台湾土産のカラスミを肴にアペリティフ。17時過ぎに夕食となり、早々におやすみなさい。 10月9日(水)快晴 槍ヶ岳の朝焼けが美しい。5時半の朝食を終え、6時半に出発。鏡平の木道は凍っています。2019109625途中の池も凍っています。2019109630雲海の上の西穂高ロープウェイの向こうに焼岳、乗鞍が見えています。空中漫歩です。20191096508時笠ヶ岳も見えてきました。と、ジェラのビブラムがはがれてしまいます。久しぶりの縦走用登山靴だったので昨日の濡れと乾燥で接着剤が持たなかったのでしょう。テーピングでぐるぐる巻きにして双六小屋に8時半に到着。ジェラは小屋で靴を補強してもらうため、ここにとどまることにします。9時半双六出発。鷲羽岳を目指し、三俣山荘への巻道を取ります。2019109940上がったり下りたり、槍穂高を眺めながらの空中散歩です。硫黄尾根、北鎌尾根が鮮烈です。20191091016途中の谷の紅葉が素晴らしかったのでジェラに三俣山荘までくるようにラインしますが圏外です。三俣峠から三俣蓮華岳をピストンします。11時15分静かな360度の展望です。20191091110雲ノ平の向こうに薬師岳が見えました。20191091117kurobegoro12時過ぎに三俣山荘。従業員がベランダで日向ぼっこ。水晶から雲ノ平へは時間がないので鷲羽岳からワリモ、岩苔乗越から黒部源流を周回します。三俣山荘にザックをデポしてサブザックで13時出発。13時40分鷲羽岳山頂。三俣山荘の人が補強工事に入っていました。ご苦労様ありがとう!素晴らしい展望で、八ヶ岳から富士山まで見えます。20191091340wasiba巻道がわからなくてワリモ岳の岩の上に立ち、ワリモ分岐まで降りていきます。20191091430岩苔乗越からの水晶岳の姿が山裾に黄葉をまとって美しい。20191091445さあどんどこ沢の道を降りていきましょう。15時40分黒部川水源の地まで降りて来ました。20191091545トラバースして最後の登りがきついです。16時15分三俣山荘に到着。なんとジェラが待っていてくれました。17時過ぎから夕食が始まりました。20191091715ジビエのシチューに、ピクルスにサラダたっぷり。サプライズにヒレカツが食べ放題です。週末の三連休に台風直撃なので大盤振る舞いになったとか。ビールで乾杯し、沢山いただきました。明日は下山にすることとし、サロンでゆっくりします。槍ヶ岳と鷲羽岳の残照を目に焼き付けておやすみなさい。20191091725 2019年10月10日(木)快晴 5時半朝食をゆっくりいただき、6時半に出立です。伊藤新道から登って来られた人たちと玄関で談笑。また、伊藤新道を降りるそうですが、この寒さに胸まで水に浸かって渡渉を繰り返すのは??20191010617私たちはまた、槍穂高を眺めながらの空中散歩で下山します。7時15分三俣峠、9時過ぎに双六小屋。鷲羽岳と双六小屋にさようなら。20191010950槍ヶ岳北鎌尾根がはっきりと映っています。20191010104511時半鏡平の紅葉の道20191010111612時に鏡池で昼食。カップラーメンにお湯を注ぎます。ここで電波がつながるので今日のお宿を探します。中尾温泉の焼乃湯旅館が空いていました。201910101205さあ下山です。わさび平に15時過ぎ、ここで紅葉の北アルプスに乾杯して、16時過ぎ新穂高に到着。下山届を出して、駐車場へ。温泉に入って仮眠して高槻に帰るジェラとお別れです。ありがとうジェラ!私たちは前から気になっていた中尾温泉に向かいます。焼乃湯のお部屋からの展望に感激。錫杖岳と笠ヶ岳が目の前です。お庭からは焼岳が聳えています。古いお宿ですが、温泉は内湯に露天風呂が3つあります。夕食はアユの塩焼きに飛騨の地酒が美味しゅうございました。

|

« 巻機山米子沢 沢登り | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 巻機山米子沢 沢登り | トップページ