« 大深沢北ノ又沢テンバ~大深山荘~松川温泉 | トップページ | 北アルプス最深部に紅葉を見に »

2019年9月17日 (火)

巻機山米子沢 沢登り

2019年9月14日(土)3時起床4時に鎌倉を出て、136号線を藤沢に走ると中秋の名月が海に月光の道を輝かせていました。長年行きたかった米子沢遡行の日です。圏央道から関越道に入り、土樽に7時。沢支度をして湯沢駅に向かいます。7時半にマルと合流して3人で清水へ。桜坂駐車場からの天狗岩が青空に映えていました。Makihata-tenngu 地図の上は昨年の割引沢の軌跡。南側の米子沢が今回の軌跡です。

ダウンロード - makihata20komekosawa.jpg

桜坂の駐車場は満杯。上に登ってみると木陰に空きがありました。準備して8時半出発。駐車場の右手の林道を辿ると米小沢危険の看板が立っています。米小沢入り口の看板から下に辿るとススキ野原から堰堤に出ます。堰堤の真ん中を通ってゴーロ帯を登っていくと水流が。ゴーロ帯を1時間ほど辿ると滝が出てきて沢歩きらしくなってきます。

ダウンロード - p9140004.jpg

マルがどんどこ登っていくので遅れないようについていかなければ。P91400072段15mを越して右岸から入っているナメ沢を分け、P914001020ⅿのナメ滝に出て感激。左の小滝との間の木に赤布がついています。P9140011ここからは5ⅿトヨ滝2段12ⅿの滝等を下に見る巻道がしっかりとついています。途中からの大滝。P9140012巻き終わって滝上にすんなりと出ました。9時40分P91400135ⅿ2条の滝を過ぎ、10時、滝の高度が上がってきます。P9140014次々に出てくる滝を越えていきます。P914001610時14分左岸から栂ノ沢が入り、左手に岩小屋があります。P9140019また、次々と滝が出てきますが何とか越えていきます。P914002010時30分トヨ滝に出ましたが釜が深くて直登はできそうもありません。P9140021右か左か考えこんでいるとマルが右岸の木の中に入れそうだと空身で登ってみます。さあここからが大高巻きの大失敗。P9140024木につかまったり沢状のところを登ってしまい、2枚上の写真で見える崖の上で降りられません。木が邪魔をしてトラバースもままなりませんが、戻ることにして1時間のロス。大汗かいて木から滑り落ちるし、それでも何とか登り口まで戻りました。右手のガレ沢にも登ってみましたが、降り口がない。12時になってしまいこれからだとタイムリミットになるので引き返すことにしました。シャインマスカットを頬張り、パンとコーヒーを飲んでさあ慎重に滝を降ります。重心を低くして滑らないように。14時ゴーロ帯まで下りました。20199141425ススキや野菊が初秋の風情です。15時に桜坂駐車場。500円の駐車料金を払って、さあ上田屋さんへ。親父さんから2週間前に5人パーティの富山の高校の先生が滑落死されたと伺い、無理しなくてよかったね、無事帰れてよかったねと。お風呂をいただき、ビールときゅうりのお漬物で乾杯。夕食は山菜ときのこ三昧、地酒の高千代が美味しゅうございました。

|

« 大深沢北ノ又沢テンバ~大深山荘~松川温泉 | トップページ | 北アルプス最深部に紅葉を見に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大深沢北ノ又沢テンバ~大深山荘~松川温泉 | トップページ | 北アルプス最深部に紅葉を見に »