« 七倉から湯俣へ | トップページ | 北ノ又沢~八瀬森山荘~関東沢下降~大深沢 »

2019年8月11日 (日)

葛根田川~八瀬森~関東沢~大深沢~北ノ又沢~大深山荘~松川温泉

2019年8月6日~8日で念願の葛根田川~大深沢を巡りました。

8月5日17時44分発の東北新幹線で19時58分盛岡着。ドーミーイン盛岡にチェックインして、大通り繁華街の南部藩長屋酒場で岩ガキに岩手誉と八重桜で乾杯、若い南部美人の気持ちの良い接待でさんさ踊りまで見て冷麺で締めてホテルの温泉へ。おやすみなさい。Photo_20190811172801

8月6日4時起床してコンビニで牛乳、パンとおにぎりを購入して盛岡駅へ。始発の田沢湖線で雫石へ。小岩井を過ぎ15分で雫石へ5時35分。予約していたタクシーが待っていてくれました。盛岡も暑くてここ5日雨が降っていないとか。雫石唯一のタクシーだそうで最近は葛根田川に入渓する学生さんが少なくなったそうです。6900円タクシー代で葛根田川地熱発電所のゲートまで30分。6時過ぎに熱い舗装道を歩き始めました。201908066156時半に薮で覆われた林道が登っていくところで薮をかき分けて下り葛根田川に入渓。沢支度をします。アキアカネがたくさん飛んでいます。P8060002

河の渡渉を繰り返し、明通沢が右手から入り、さらに行くと7時45分大ベコ沢の独特の滝が現れました。左に滝打たれの穴が。P8060004さらに進むと9時ゴルジュに出合います。左岸の岩をへつります。どこまでも透明な川が続きます。P8060007ザックの重みがまだ慣れません。クマはテント一式にロープまで持ってくれています。P8060009枝沢もきれいな滝です。P8060011今年は初めての沢プランなので心配でしたがフェルト靴がよく効いてくれて岩もペタぺタ進みます。9時12分大石沢との出合です。水流1対1で分け右手に進みます。P8060002 暑いので深いところも気持ちよく水浴びしてしまいました。P806001510時20分美しい岩の造形。P8060019P8060021階段状で登りやすい。枝沢の滝も美しい。P8060022川は北に方向を変えで行きます。P806002411時30分大滝に出ました。まず手前の一段を登り、P8060025次の大滝は左の草付きから登って行きましたが、急斜面に草を掴んでようやく支える連続。上のバンド上のところのトラバースでロープを出して空身でクマが上の大木のところまで行き、私も空身でトラバースして、クマが2往復してザックを上げてくれました。大滝は下の段の滝の右手に巻道があるとのことです。決して大滝の左を登らないように。P8060026大滝の上は緩やかな流れで13時半滝ノ又沢との出合に。少し上にテンバ最適地が。焚火跡がある沢の上に草地が平らになり、クルマユリまで咲いて待っていてくれました。クマは焚火を起こし薪を集め、さあいよいよと釣りに出かけました。テントは平でふかふか。P8060027クマが6匹もイワナを釣ってきてくれました。一匹はお刺身に、2匹は塩焼きに焚火にかざします。3匹はオリーブ油と塩をまぶしてアルミホイル焼きに。夏野菜とベーコンのポトフもぐつぐつ言い始めました。P8060029バーボンの水割りで葛根田川に乾杯。イワナはたいそう美味しくすべていただきました。おやすみなさい。

|

« 七倉から湯俣へ | トップページ | 北ノ又沢~八瀬森山荘~関東沢下降~大深沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 七倉から湯俣へ | トップページ | 北ノ又沢~八瀬森山荘~関東沢下降~大深沢 »