« 伯耆大山元谷から七号沢スキー | トップページ | 春の降雪後の巻機山スキー »

2019年4月 6日 (土)

八海山前衛 阿寺山スキー

2019年4月3日(水)今回はJ君と3人で山スキーの半日コースで足慣らしにはよいと思われる阿寺山を目指します。快晴の鎌倉を4時前に出発、相原でJ君と合流。J君の運転で快適に圏央道高尾山ICから関越道に入りました。あれだけ晴れていたのに赤城高原からなんと雪が舞ってきました。路肩にも積もり、冬用タイヤチェックポイントです。六日町ICを出て八海山スキー場方面に向かいます。スキー場はもう閉鎖されていました。山口の広瀬川を渡ったら右折してすぐに広瀬橋前で除雪終点。ここに駐車します。Photo_11雪は止みませんが今日は偵察ということで取り付き点まで行ってみようと9時半広瀬川沿いの林道を辿っていきます。Attachment1湿雪の深雪をラッセルです。久しぶりの降雪の中のラッセルをはじめは面白がっていたのですが。10時半うまく尾根の末端にとりつきます。Img_3880樹林帯の急斜面になり大汗です。Img_1050雪が多くて重くて方向転換に山足が抜けなくて骨が折れます。Img_1051ラッセルを交代しながら12時過ぎまで頑張りましたが、雪は止まないし、パンをかじって温かなミルクティを飲んで滑降準備。P4030006この湿雪でうまく曲がれません。もうきにぶつからないように落ちていくだけ。途中の700ⅿ地点から開けたジャバミ沢を滑ります。P4030011沢まで降りてしまいました。沢沿いに行くとついに沢が行く手を阻みます。Img_1053ツボ足になってスキーを担いでも雪がフカフカで足が抜けない。もう一度シールを付けて登り返し、登り口までトラバース。シールが濡れてしまったのでノリが効かずに何回もはがれてしまい、下りになるとあら大変シールが雪の中に消えちゃった。雪の中を掘り返して見つけました。何とか登り口までたどり着きラッセル跡を辿って広瀬橋まで戻りました。15時半、清水に向けて出発。上田屋さんでゆっくりお風呂につかり、温まって、美味しいキノコと山菜料理に地酒高千代で乾杯。20時にはおやすみなさい。

 

|

« 伯耆大山元谷から七号沢スキー | トップページ | 春の降雪後の巻機山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伯耆大山元谷から七号沢スキー | トップページ | 春の降雪後の巻機山スキー »