« 2019年3月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年4月28日 (日)

三岩岳 春スキー

15年ほど前に通った桧枝岐は残雪期の燧岳や会津駒ケ岳にウイチと合流した思い出の地。前から三岩岳2065ⅿの山スキーが気になっていました。

2019年4月23日(火)東武浅草駅でジェラとJ君に合流、東武会津線、野岩鉄道会津高原尾瀬口駅までは切符購入の必要があります。デパ地下でお弁当を購入して、久しぶりの鉄道旅。まだ早春の趣の尾瀬口駅でお散歩、14時半の会津バス桧枝岐行に乗り込みます。桧枝岐に入ると雪が見えてきました。1時間半でこまどり前に停車してくれます。会津駒ケ岳登山口を偵察、除雪はまだ入り口だけで、直ぐに雪です。温泉に入って美味しい山菜と桧枝岐の地酒をいただき20時過ぎに就寝。Photo_122019年4月24日(水)曇り4時半起床、5時半に朝食、こまどりさんは会津バスの運転手さんのお宿なのでいつも5時半から食べさせていただけます。6時半にお宿の車で小豆温泉国体コース登山口まで送っていただきました。さあ準備です。あら、みんな行っちゃった。スキーを担いで杉林の中左手の雪の中に階段が見えます。壊れかけた急階段に雪が付き滑るし、重いし最初から泣きが入りました。30分でアンテナ塔899ⅿ。急な階段から解放されて尾根道に出るとイワウチワの群落が慰めてくれます。720 雪が解けたばかりの尾根筋の可憐な花。P42400037時20分汗をぬぐっていくと雪山が見えてきました。P4240005雪がつながってきました。8時さあスキーを下ろしてシール登行です。8051200mで1308mのピョコを南から巻いてトラバース、黒檜沢からの夏道と合流、ズボ足跡がありました。9時半気持ちの良いブナの疎林尾根に出ました。945急斜面を登って11時に屋根だけ出た避難小屋に到着。1110左手に言われの三ツ岩が見えています。急斜面を右手方向に登って尾根に出るとすごい風です。12時に三岩頂上。1202風を避けてすぐに北側斜面に逃げ込んでシールを外します。P4240019丸山岳、会津朝日方面が見えています。その左奥に未丈岳、浅草、守門。さあ滑降です。1220山スキー用の大斜面をザラメ雪を確かめながら気持ちよく落ちていきます。1249太いブナの木を縫って、黒檜の尾根に出ると、もう林の中。スキーを担いで登ってきた夏道を探します。辛うじてつながっている雪の中からジェラが階段状の夏道発見。ヒヤヒヤ残雪をトラバースしてたどり着きました。どんどこ降りて14時に899ⅿアンテナ塔、こまどりさんに連絡して登山口へのお迎えを頼みます。Img_395014時半登山口です。お迎えの車が来ると雨が降り出しました。お庭でスキー靴と板を洗い、温泉に浸かって素晴らしいスロープの三岩岳スキーを振り返りました。1805開當男山の純米酒に山人料理、イノシシにシカのお肉を美味しくいただきました。翌日は雨の予報なので会津駒ケ岳は中止にして、桧枝岐を散策して帰宅の途に就きました。関西からはるばると来てくれたジェラ、シールが上達したJ君とザラメ雪の三岩岳スキーを楽しめました。ありがとう!

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

春の降雪後の巻機山スキー

2019年4月4日晴れ 上田屋さんの美味しいキノコ味噌汁をいただき、8時に巻機山に向かい準備をしていると、清水の人がスキーで取水口点検にスキーで登って行かれたと上田屋さんに伺い、ラッセルしなくても桜坂登山口まで行けそうだと柄沢山は断念して上田屋さんの前の道を辿るとスキーのふみあとがしっかりとつけられていました。201944825林道沿いに登ると樹々の雪が落ちてきます。駐車場までの林道は連休後まで除雪がされないのだろうな。30分で米子橋を渡りました。201944910ここからは尾根筋を辿って急登の井戸の壁を登りますが、トレースがきれいにジグを切ってくれているので助かります。201944850途中で単独行の若者が猛スピードで米小沢の方から登ってきて消えてしまいました。201944104010時半に急登を抜けて5合目の展望台へ。米子沢にシュプールが見えました。さあここからは広い尾根の散歩コースです。2019441041振り返ると上州のマッターホルン太源太山が形よく見えています。Img_3891 広い尾根に出ると、クマのシールがお団子になり苦戦しています。201944121812時20分、雲の中に入ると風が強くなり、ホワイトアウトの中を滑るのも嫌なので、ここまでとして滑降準備。J君も湿雪に戸惑っていましたが、どんどこ降りていきます。2019441235広い斜面をお絵描きします。P4040031-2樹林帯でも樹間の広いところを抜けようとするのですが雪が重たくれ曲がれません。P4040036急斜面でJ君の下から雪だるまが転げ落ち、大きくなってクマを直撃、尻餅で済みました。開けた斜面を割引沢の方に滑り込み、トラバースして登山口に出て、米子橋を渡って林道を漕ぎながら降りていきました。14時半上田屋さんに帰還。お風呂をいただき、囲炉裏の部屋でビールで乾杯。キノコと山菜の食べきれないほどの夕食を高千代でいただき20時就寝。翌朝は山菜だらけそばをいただき、清水を後にしました。J君ありがとう!

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

八海山前衛 阿寺山スキー

2019年4月3日(水)今回はJ君と3人で山スキーの半日コースで足慣らしにはよいと思われる阿寺山を目指します。快晴の鎌倉を4時前に出発、相原でJ君と合流。J君の運転で快適に圏央道高尾山ICから関越道に入りました。あれだけ晴れていたのに赤城高原からなんと雪が舞ってきました。路肩にも積もり、冬用タイヤチェックポイントです。六日町ICを出て八海山スキー場方面に向かいます。スキー場はもう閉鎖されていました。山口の広瀬川を渡ったら右折してすぐに広瀬橋前で除雪終点。ここに駐車します。Photo_11雪は止みませんが今日は偵察ということで取り付き点まで行ってみようと9時半広瀬川沿いの林道を辿っていきます。Attachment1湿雪の深雪をラッセルです。久しぶりの降雪の中のラッセルをはじめは面白がっていたのですが。10時半うまく尾根の末端にとりつきます。Img_3880樹林帯の急斜面になり大汗です。Img_1050雪が多くて重くて方向転換に山足が抜けなくて骨が折れます。Img_1051ラッセルを交代しながら12時過ぎまで頑張りましたが、雪は止まないし、パンをかじって温かなミルクティを飲んで滑降準備。P4030006この湿雪でうまく曲がれません。もうきにぶつからないように落ちていくだけ。途中の700ⅿ地点から開けたジャバミ沢を滑ります。P4030011沢まで降りてしまいました。沢沿いに行くとついに沢が行く手を阻みます。Img_1053ツボ足になってスキーを担いでも雪がフカフカで足が抜けない。もう一度シールを付けて登り返し、登り口までトラバース。シールが濡れてしまったのでノリが効かずに何回もはがれてしまい、下りになるとあら大変シールが雪の中に消えちゃった。雪の中を掘り返して見つけました。何とか登り口までたどり着きラッセル跡を辿って広瀬橋まで戻りました。15時半、清水に向けて出発。上田屋さんでゆっくりお風呂につかり、温まって、美味しいキノコと山菜料理に地酒高千代で乾杯。20時にはおやすみなさい。

 

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年8月 »