« 志賀高原芳ヶ平 山スキー | トップページ | 伯耆大山元谷から七号沢スキー »

2019年3月23日 (土)

伯耆大山一ノ沢スキー

2019年3月17日(日)晴れのち雨のち雪 小田原から新幹線で京都へ、急いで高槻に向かい12時半改札でジェラが迎えてくれました。駅前マーケットで買物して大山の愛山渓倶楽部に向かいました。途中で雨が降ったり、ころころ変わる天気。ここ数日の雪で蒜山高原もうっすらと雪化粧。4時ごろ愛山渓倶楽部に到着しⅯ先輩が笑顔で迎えてくださいました。クマは早速お庭でフキノトウ摘み。ジェラのピレネー土産のチーズとクマ特製フキノトウ味噌とビールで乾杯。日本海の鯛とぶりのお刺身と恒例のキムチ鍋と懐かしの呉春で乾杯。
3月18日(月)快晴 6時過ぎに起床しキムチ雑炊で朝食。4人で一ノ沢に向かいます。Photo_10
牧草地は昨年より緑になり、雪の量も少なめ。ここ数日の雪でスキー場や沢は白くなっています。
P3180001_1
桝水高原スキー場に駐車。
318745
7時40分スキー場を登り始めます。
2019318740
暑くなってきました。中海が見えています。
P3180005
スキー場最上部に出て、横手道に出ます。
2019318920

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪の横手道を水平にたどり、車道と合流してすぐに一ノ沢に出ました。一ノ沢沿いにシールアップ。10時に堰堤です。
さあこの堰堤をどちらから?
2019318959_1
左手の灌木の間を抜けようと。モンキーシールアップになりました。フッー!
灌木帯を抜け沢上部の急斜面を登って秀吉岩の下。石が落ちており、灌木もあり、雪もグズグズ。楽しい滑りはできそうもないとのことで林道沿いに滑り降りようとまた灌木帯をトラバース。11時45分林道上部に出て滑降準備。
20193181145_1
湿雪の林道を滑り降り、一ノ沢の入り口に戻りランチタイム。温かなココアとパンを食べて。もう春山です。
20193181222_1
帰りは車道沿いに滑り降りようと出てみると、なんと除雪車が入って車道の雪を溶かしてしまいました。脇の雪を何とか拾いながら駐車場手前まで滑り降ります。
3181305-2_1
13時に駐車場。スキー靴を脱いでほっとします。さあ汗を流しに豪円湯院へ。静かな温泉で雪の大山を見ながらの露天風呂は最高です。380円愛山渓倶楽部に帰って、春の日差しの中お庭でビールで乾杯。至福の時でした。夕食はⅯ先輩の畑で採れた紫キャベツや芽キャベツ、玉ねぎなどの大量の野菜をニンニクオリーブオイルの上に乗せ、豚肉も乗せ、藻塩や岩塩をかけて蒸し焼きに。途中で鳥取和牛も焼いてうまい!赤ワインが進みました。お昼寝したクマやジェラを残しておやすみなさい!

|

« 志賀高原芳ヶ平 山スキー | トップページ | 伯耆大山元谷から七号沢スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 志賀高原芳ヶ平 山スキー | トップページ | 伯耆大山元谷から七号沢スキー »