« パウダーの三段山スキー | トップページ | 糠平温泉山へ »

2019年2月 9日 (土)

カミホロカメットク山へのD尾根へ

2019年1月30日(水)快晴 中富良野のロッジの朝ご飯を食べながらサンタフェスキーヤーとウェアの暖と透湿性のお話をして、ロッジにお別れ。素敵なおもてなしでした。P1300069今日は午後4時に新得駅にオー君と待ち合わせなので14時ごろまでの行動ということで昨日の三段山南の安政火口を挟んだカミホロカメットク山方面に行くことになりました。Photo十勝岳温泉凌雲閣前の駐車場には車が数台です。まずは下の見えない急斜面を谷に降ります。横滑りで慎重に。向こうの深雪に逃げて滑り降りました。スノーブリッジを渡り、シールを付けて登り上げます。Start_2青空の下の雪散歩です。富良野岳が見えてきました。沢山のシュプールがついています。P1300070クレーターの中にいるような素晴らしい雪世界が広がっていました。三峰山を右手に。Img_0954D尾根を目指して登り上げると、安政火口にもスキーヤーが。Img_0956_2三段山から飛び込んでいくスキーヤーをD尾根の小ピークから撮影しています。私たちは右手の小ピークからフカフカ雪にシュプールを描きました。P1300073またシールを付けて登り、2回目の滑降準備。P1300076こんなに素晴らしい雪世界で遊べて幸せでした。P1300081さあ滑り降りましょう。最後はスキーを担いで急登を上がると凌雲閣の前にキタキツネが。Img_096813時半車にスキー一式を積み込んで新得駅に。16時前に新得に着き、Yさんとは駅でお別れ。SDさんに3日間のお礼を言って迎えに来てくれたオー君と握手。屈足温泉で汗を流し、トモちゃんの美味しい手料理をごちそうになり、薪ストーブの前でミュージックタイム。Img_0972夜も更けてオークン手作りの素敵な電飾を見せてもらいました。Img_0969おやすみなさい!

|

« パウダーの三段山スキー | トップページ | 糠平温泉山へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カミホロカメットク山へのD尾根へ:

« パウダーの三段山スキー | トップページ | 糠平温泉山へ »