« 北海道山スキー合宿 冬路山スキー | トップページ | カミホロカメットク山へのD尾根へ »

2019年2月 6日 (水)

パウダーの三段山スキー

2019年1月29日(火)小雪のち晴れ 夜の間に雪が降り、午後からは天気になるとの予報なので旭川を8時出発。目覚めたら7時半で大慌てでパッキングして、SD車に積み込み、途中で朝食と山食を購入。車中食を取りながら9時半に吹上温泉白銀荘前1017mに駐車。Photo_210時過ぎにシールを付けて小雪の中を歩きだします。お腹が痛くなって何度かお花を摘みに。P1290024それでも青空が見えてくると元気になってきました。P129002611時過ぎに十勝岳の噴煙が見え、硫黄臭も。P1290029素晴らしい雪世界です。富良野岳が見えてきました。P1290034三段山の一段目。P129003614時前に頂上の雲が晴れるまで安政火口の斜面に風除けを作って待ちます。

P1290038おにぎりを食べ、熱いミルクティを飲んでいる間に晴れました。P129004314時15分三段山頂上1748mです。P1290047さあシールを外して滑降です。P1290045カリカリバーンからフカフカ雪へ。トレーンをしながら滑ったり。P1290051ジェラが舞っていきます。P1290053樹林の中は雪が最高!P1290059白銀荘で温泉に浸かり、中富良野のノザーンスターロッジへ。P1290062江丹別の牧場のブルーチーズとワインで乾杯!P1290061ここの夕食は地元産のお野菜や豚肉を使って、自家製パテやお肉が美味しゅうございました。冬路山であったサンタフェの人たちと歓談。彼らは富良野岳を滑っていたそう。P1290064SDさんのグリーンランドのDVDを見て、眠りに着きました。

|

« 北海道山スキー合宿 冬路山スキー | トップページ | カミホロカメットク山へのD尾根へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パウダーの三段山スキー:

« 北海道山スキー合宿 冬路山スキー | トップページ | カミホロカメットク山へのD尾根へ »