« 晩秋の徳島県 剣山 太郎笈と次郎笈 | トップページ | パウダーの三段山スキー »

2019年2月 6日 (水)

北海道山スキー合宿 冬路山スキー

2019年1月27日(日) 明けましておめでとうございます。初滑りに北海道旭川に旅立ちます。

羽田でジェラとホリさん、Yさんと合流。旭川へのフライトは晴天で雪を被った富士山、中央アルプス、南アルプス、北アルプスの山々が見送ってくれました。北に行くにつれ雲の上。CABIN旭川にチェックインして旭川ラーメンを食し、中辛を頼んだジェラはあまりの辛さに真っ赤。夜は旭川のO先輩と居酒屋天金へ。ここのお刺身盛り合わせはオホーツク海、日本海から運ばれてくる新鮮な魚介、ボタンエビのとろける甘さ、ウニ、北寄貝とてんこ盛りでした。男山で乾杯!O先輩ありがとうございました。
1月28日(月)CABINの朝食は6時半から、しっかり食べて8時に今日から3日間案内いただくSDさんにご挨拶。3人は初滑りなので足慣らしに北旭川の江丹別の牧場から冬路山に入ります。Photo江丹別の牧場の方はブルーチーズを作っているとか。興味津々です。シャベルで駐車場所を作ってビーコンチェック。2019228910シールを付けて9時出発です。P1280002白樺とミズナラの林に入っていきます。山容がブナ林の鍋倉山に似ています。P128000310時半に尾根に登り上げます。青空も見えてきました。木の上の雪塊りに注意!Img_092711時半625m冬路山頂上に到着。Mitifuyuyama_2東斜面のパウダーをいただきます。気持ちの良い初滑りでした。P1280009 また頂上までシールを付けてハイクアップ。誰一人いないと思っていた北斜面から女性ガイドがアメリカ人カップルと登ってきます。SDさんが北斜面を見に行ってくれましたが雪が少ないということでシールのまま南尾根を辿ります。560ⅿのポコの下から東斜面にドロップイン。林の中のフカフカ雪をどんどこ牧場まで滑り降りました。P1280018 旭川に帰る途中でSDさんが連絡してくれた青かびチーズの売っているグロッサリーへ寄り、ゲット。CABINの温泉で汗を流し、夜は居酒屋暮四季で大きなシイタケ焼きや焼き鳥と国士無双で乾杯。

|

« 晩秋の徳島県 剣山 太郎笈と次郎笈 | トップページ | パウダーの三段山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道山スキー合宿 冬路山スキー:

« 晩秋の徳島県 剣山 太郎笈と次郎笈 | トップページ | パウダーの三段山スキー »