« 山荘祭現役OB合同稲包山三国峠プラン | トップページ | 晩秋の徳島県 剣山 太郎笈と次郎笈 »

2018年11月25日 (日)

晩秋の石鎚山は霧氷の花が咲いていました

2018年11月20日(火)晴れ 四国で同期会があるのに合わせて石鎚山と剣山を計画しました。朝7時半に松山自動車道に乗りいよ小松から西之川で室戸からの先達装束のⅯ君と合流。40年間毎年登っているそうです。PhotoⅯ君がにこやかに迎えてくださり、チョボ、クマと4人山旅です。9時のロープウェイに乗りました。標高差487ⅿの土小屋から行きたかったのですが、石鎚国民宿舎がすでに閉鎖で雪になるとスカイラインが通れないとのことで西之川からの標高差712ⅿを登ります。昨日の夜降った雪が頂上で光っています。成就の石鎚神社拝殿で石鎚山を拝みます。Photo_2時40分神門をくぐり、八丁鞍部まで下るとブナの天然林が気持ちの良い空気、鞍部からの登り返しの木段が凍っています。Pb200020木の階段が滑るので慎重に足を置きます。簡易アイゼンがほしいところ。前社森の試しの鎖は巻道の木段を降りますが、凍っています。剣山で一本。アンパンをいただきます。11時15分ビューポイント夜明峠に到着。素晴らしい霧氷の花が咲いています。Pb200030一の鎖に到着。ワ~太い鎖、大きな輪に足をかけて登るとのこと。33ⅿを越えました。Pb200032二の鎖小屋でトイレタイム。冬期小屋となっているので400円で簡易トイレを購入。Ⅿ君差し入れのバナナを食べて、さあ二の鎖です。なんと岩の間が凍ってます。氷と岩が困ったちゃん、Ⅿ君のナンマイダー!南無阿弥陀仏!の掛け声に助けられて腹筋使いました。Pb200042二の鎖65ⅿをⅯ君がダブルザックしたり、何とか乗り越え、三の鎖はもっと凍っているので巻道を行きます。12時半に弥山頂上1972ⅿです。Pb200050おにぎりとお味噌汁を飲んで、帰りは迂回路を下ります。13時半に夜明峠、木段の氷は溶けていて無事降りることができました。15時に成就社で無事のお礼参りをしてロープウェイで西之川に15時半。湯之谷温泉まで車で下り、Ⅿ君に温泉に浸かってもらい、17時にお別れしました。22時に室戸に帰宅された由、長いドライブをものともせずに付き添ってくれたⅯ君に感謝!湯之谷温泉でゆっくりと手足を伸ばし、地酒うちぬきと加儀屋純米吟醸で乾杯。露天風呂のついている離れでしたが、お湯を張るのは寒いのでさっさとベッドに入りました。7時の朝ご飯を食べ、次の剣山に向かいました。

|

« 山荘祭現役OB合同稲包山三国峠プラン | トップページ | 晩秋の徳島県 剣山 太郎笈と次郎笈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の石鎚山は霧氷の花が咲いていました:

« 山荘祭現役OB合同稲包山三国峠プラン | トップページ | 晩秋の徳島県 剣山 太郎笈と次郎笈 »