« 晩秋の石鎚山は霧氷の花が咲いていました | トップページ | 北海道山スキー合宿 冬路山スキー »

2018年11月26日 (月)

晩秋の徳島県 剣山 太郎笈と次郎笈

2018年11月21日(水)晴れ 四国二つ目の名山を関西から来るジェラと待ち合わせて登ります。待ち合わせの美馬インターを降りるとなんと讃岐在住のIna君が待っていてくれました。Photoジェラ車を美馬インター近くのパーキングに駐車し、ina君の先導で吉野川沿いを走ること20分、ジェラ車に今晩の着替えを入れてしまったことに気づき引き返す。そんなこんなで見ノ越に着いたのは10時半。Pb210052わざわざ来てくださったina君に感謝して4人で剣山リフト乗り場へ。リフトで宮尾登美子さんの「天涯の花」キレンゲショウマの話を聞きながら西島駅へ。昨日登った石鎚山が奥深くに東山魁夷ブルーで見えてきました。11時半鳥居をくぐって大劒道を行きます。Pb210055大劒神社に参拝、背後の大剣岩が天を指しています。Pb210056背後の御神水を口に含んで次郎笈への道を辿ります。ミヤマクマザサが見事。Pb210058風が強くなったので岩陰で爆弾おにぎり(鮭、昆布、シソ、たらこ全部が一個に入った大きなおにぎり)をお味噌汁といただきます。美味しい!さああの先まで登るぞ。熊笹の道を行くとあれ、まっくろくろすけ、手ぐらいの毛の長いマーモット?モグラ?可愛い動物が横切りました。12時40分次郎笈1929ⅿ私たちだけです。淡路島や四国の山々が一望。Pb210059さあ降りて太郎笈に行きましょう。Pb21006413時半剣山山頂1955ⅿです。三角点が縄代に囲まれていました。Pb210066山頂ヒュッテのトイレを借りて、下りましょ。刀掛けの松まで尾根コースです。Pb21006714時40分西島駅、帰りは歩いて見ノ越まで下ります。劒神社に参拝し、お守りをいただき、天涯の花、珠子ちゃんの暮らしたところや宿泊所がうかがえました。Pb21006815時過ぎに駐車場。日本の秘境と言われている祖谷峡に向かいます。東祖谷の名頃かかしの里で40分工事足止め。Pb210069西祖谷のかずら橋に着くころは暗くなり、急坂を上ってお山荘に到着。民宿ですが、祖谷の郷土料理を同宿のフランス人夫妻と味わうことができました。ピレネーを望むツールーズ方面にセカンドハウスを持っているとかで年によっては雪不足になると言われました。こんにゃくの刺身が美味しかったのですが、彼らは何かわからなくても完食。

22日(木)雨のかずら橋をクマは中ほどまで渡り、えっ!そちらから渡らないようにと放送されてしまいました。Pb220070渓谷を散歩してPb220073大歩危小歩危でコーヒーを飲み、美馬でジェラ車を拾い、脇町のウダツの町並みを見学Pb220074高松空港でネスケを迎えにina君、Ⅿ君、大阪からG君も集合。美味しい讃岐うどんをいただき、お宿のマウンテンドームへ。12時半まで大いに語り、歌い、飲みました。Pb22008223日(金)晴れ ina君の案内で讃岐巡り。88か所結願の大窪寺で紅葉を愛で、「楓林」でコーヒーを飲み、竹細工や作品を見せていただき、山里道を走ってヤギやウサギ、ポニーが庭を歩いている「ラ・フレスカ」で美味しいイタリアンをいただきました。讃岐万歳!
四国の旅は四国の優しい人々の笑顔との出会いでした。感謝!

|

« 晩秋の石鎚山は霧氷の花が咲いていました | トップページ | 北海道山スキー合宿 冬路山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の徳島県 剣山 太郎笈と次郎笈:

« 晩秋の石鎚山は霧氷の花が咲いていました | トップページ | 北海道山スキー合宿 冬路山スキー »