« 初秋の那須 苦土川(湯川)井戸沢 沢登り | トップページ | 熊野古道本隊と合流 »

2017年11月16日 (木)

熊野三山 十津川から小辺路

2017年11月6日~10日

5年越しの同期会熊野プランの始まりです。まずは名古屋で6人の先行メンバー、イクミ、ボンボン、ギッコ、ガリメ、クマとアカズが9時15分に集合。なんと同期のナバが美味しいお酒を差し入れに来てくれました。うれしいなあ。近鉄特急の展望車に乗り込んで大和八木へ。赤目青山高原等初めての土地を眺めながらの旅です。八木では大阪から来たピンスケと合流、柿の葉寿司を買い込んで十津川まで4時間のバス旅です。ボンボンの買った柿の葉寿司の方が美味しかったぞ、いろんな味があるのですねえ。五條バスセンターで休憩、五条の古い街並みを抜けると柿畑が日本の秋の風景です。生活路線なので病院の中や盲腸のような路地も回っていきます。ウトウトして3時間後に谷瀬の釣り橋で休憩。ヤッター釣り橋まで走って渡りますが、ゆらゆらして怖いぞ。201711061530
ようやく十津川温泉に着きましたがここでも10分休憩、私たちは今夜の宿の松乃屋の最寄り駅次の蕨尾まで乗ります。運転手さんが気さくで松乃屋を案内してくださいます。民宿ですが、おかみさんがてきぱきと内湯温泉と屋上の露天風呂を案内してくれます。星を眺めながらの展望風呂が何よりでした。夕食も地元のキノコやアマゴやシカ肉等美味しい地方料理を堪能しました。
11月7日(火)晴れ 無理を言って6時半の朝食にしていただき、7時出発。201711070712 ガリメが柳本橋のたもとで見送ってくれます。201711070725 橋を渡って右の登り道路を行くと登山口です。見慣れない樽のようなミツバチの巣が岩の上に載っていました。小辺路を歩きます。Koheji野菊が咲いて熊野古道の趣を演出してくれています。201711070810_2さあどんどこ登ると、朝霧が流れて、神々しい風景が出現。201711070750_2
しばらく登ると鹿よけの枝折戸があり、天空の村、果無集落に到着。8時15分。201711070815_2おうちの庭先を通り、水槽を覗くと大きな鯉が。中庭に導かれると水場にはお花とドングリが飾られていました。201711070810_3果無集落に思いを残しながら先に進みます。急な登りを過ぎ、山口茶屋跡で休憩し、さらに階段をのぼると観音堂。ここにも水場があります。201711071005岩の陰には可憐な林道が。ガイドさんに尋ねると朝熊リンドウという固有種のようです。201711070830登山道の傍らには33の観音様が見守ってくれています。20171107103410時半、果無峠です。さあここから下りです。201711071150_2急な下り坂をとっとこ。途中何度か休憩し、息を整えます。三十丁石を過ぎ、七色分岐も過ぎ、ストックで足をかばいながら急な道を行きます。13時半、ようやく八木尾橋に出ました。20171107133014時に道の駅でおうどんを食べながらガリメに連絡15時に本宮で待ち合わせます。無事に本宮でガリメに再会して龍神バスで湯の峰温泉に。バスの運転手さんが観光案内をしてくださいます。16時にくらやに到着。温泉が地下なので暗そうなので公衆浴場へ。201711071600公衆浴場は村の温泉でシャワーもなく、桶で頭を洗いました。つぼ湯は先週の台風で休業中でした。夕食はアマゴや勝浦のマグロのお刺身が美味しかった。夜にお宿の温泉を試しましたが、一人で入るとゆったりと良い温泉でした。
11月8日(水)雨 朝食後、8時雨具を付けて大日越えで本宮に向かいます。つぼ湯の手前で二人のベルギー人の若者とクマが談笑しています。初めての日本旅行で熊野古道を歩きに来たとは、渋いね。昨日の小辺路の下りでも午後なのに十津川に向かうオーストラリア人女子と頑張ります!ってすれ違ったし。201711080812熊野は杉と檜の森で雨も気になりません。ガリメも快調に登っていきます。201711080830_2月見ヶ丘神社への緩やかな森で赤裸の木を見かけました。201711080908
檜皮葺のために皮を採取しているのだそうです。古の技が受け継がれているのですね。10時前に本宮に着き、11時の本隊との待ち合わせには時間があるのでお抹茶とお餅をいただき、世界遺産会館でビデオを見て学習しました。11時に本隊と合流し、ガリメとお別れして、ガイドさんとまた道の駅で昼食。説明を受けて発心門王子へ。お茶目な番留ガイドさんの説明はわかりやすく、ほら貝まで吹いて雰囲気を演出してくださいました。201711081350集落の無人売り場の小さなおみかんが美味しかった。梅干しも。Pb080028屋根のある茶店で休憩。ガイドさんデザインのTシャツを購入。201711081252三軒茶屋跡で手形の説明を受けます。少し登って展望台へ、残念ながら雲の中。16時過ぎに熊野本宮大社の裏鳥居から本宮へ入ります。201711081620やはり荘厳な雰囲気です。201711081610お参りして、チビたちにお守りを購入。雨も上がってきました。201711081631大水で流される前の本宮のあった大斎原へ。201711081640すぐ横を熊野川が流れています。今日のお宿、川湯温泉の立石へ。盛りだくさんの一日でした。20名の同期の大宴会、鮎の天ぷらに名人の差し入れの東光が美味しゅうございました。熊野牛のステーキも美味しかった。食べきれないほどの夕食、酔っ払いの露天風呂行を阻止しようと付いて行ったら、オーストラリア人がカントリーを歌いながら入れ替わりになりました。男子がいなくなったので一人で河原の湯をいただいちゃいました。

|

« 初秋の那須 苦土川(湯川)井戸沢 沢登り | トップページ | 熊野古道本隊と合流 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊野三山 十津川から小辺路:

« 初秋の那須 苦土川(湯川)井戸沢 沢登り | トップページ | 熊野古道本隊と合流 »