« 6月下旬の羅臼岳 | トップページ | 真夏の秋山郷和山岩魚釣りと鳥甲山 »

2017年7月27日 (木)

中央アルプス 中田切川大荒井沢から空木岳へ

2017年7月21日(金) KWVの夏合宿駒ケ根BCのプランとして空木平避難小屋に突き上げる大荒井沢を企画しました。2017721nakatakirikawa 晴れ。4時に鎌倉を出て茅ヶ崎から圏央道に乗り、駒ヶ根ICを8時に出る。中田切川へのアプローチがよくわからなくてグーグルマップを見たのがよくなかった。南割の運動公園から行くように出てしまったので迷って、運動公園のゲートボールをやっている方に伺うと養命酒工場の裏手から入るとのこと。林道を行くと養命酒の取水場に行きつき、これは変だと戻る。途中で北に上がる林道にぶつかったのでどんどん進むと中田切川林道と出ていました。よかった。ゲートの手前に駐車します。一台軽が止まっていました。沢支度をして林道を40分歩いていきますが、3日分の食料が重たい、クマはそのうえターフやザイルまで背負って久しぶりの重量です。荒井沢出会いまで林道は伸びていて、急斜面を沢に降り立ちます。10時20分P7210004中田切本谷は明るい花崗岩の河原歩きです。P721000711時15分煙の滝に到着。この奥もゴルジュが続いているので右岸を巻きます。P7210008この巻も結構ひやひやする地形です。今日は釣りをしながらゆっくりと行き、途中でテンパるつもりですが、魚影が見えません。1330ⅿまで滝の連続でようやく大荒井沢が左岸から入ってきました。やや暗い感じの大荒井沢に入ります、14時。P7210012河原歩き40分でビバーク適地を探し当てた。クマが鋸で木を伐り、シダの葉でふかふかにしてタープを張ります。P7210017

早速釣りに出かけますが、まったくあたりがないとのこと。きれい過ぎて藻や水草が無く魚がいなくなっちゃったのかなあ。こんな時に重宝なのが竹中缶詰所の牡蠣の燻製。紫玉ねぎとトマトと一緒にいただきました。
P7210013タープでも焚火で虫が来ないし、シュラフも温かだったのでぐっすり眠れました。
7月22日(土)曇り 5時起床。明け方に少し雨が降ったのかしら?タープが湿っています。棒ラーメンにウズラの卵、ミズがたくさん生えているのでミズラーメンも乙なものです。片づけをして7時行動開始。Photo_27時15分に2段15mの横綱の滝。右岸から巻きます。P7220022次々に滝が現れます。寒いし右岸から巻き。P7220024釜の色がきれいです。魚影は全くありません。仙人の岩屋でしょうか?P7220027もうお腹いっぱいなのに滝が続きます。9時半に小荒井沢と分けて大荒井沢を行きます。P7220028暫く行くと左からの水量の多い沢が合流しますが、右手の大荒井沢を辿ります。10時過ぎまでチョックストン滝などが多く、高度を上げていきます。魚影はなく、ようやくサンショウウオに出会いました。P7220029水流は少なくなりましたがまだまだ高度を上げて。P722003011時に曇りの滝に降り立ちます、迫力あるスラブの3段からなる100m大滝です。P7220031ここが最難関の高巻きです。荷物は重いし、急斜面なので草付きの根をつかんだり、灌木をモンキー登り。せっかく登ってきたのに垂壁がそそり立ってます。やばい、トラバースして向こうに行かねば、ついにザイルを出してもらって確保してもらい上からの木を腕力で登るまでに泣きそうになります。ようやく尾根に出るまでに小雨まで降って。こんなに足が攣りそうになるまで踏ん張ったのは何年ぶりでしょう。尾根から木を伝って沢床に降りるが、まだスラブなので尾根に戻って少し先の尾根筋を辿ります。2時間近くも頑張ったかも。15時まで次々と岩盤の滝が現れます。もう濡れても何でも来い!P7220034小滝の連続です。16時過ぎても滝は続き、なるべく直登していき、ザックが重くて届かないときは空身で登って引き上げます。P7220037大岩の連続がこれでもかと続きます。振り返ると駒ケ根の町が見えます。でもどこまでも大荒井沢は続くのです。避難小屋があるので本流の水は飲めないかもと途中の湧水を2リットル汲んで背負います。急に重たくなって足が上がらないよ~!もう体力の限界というときにクマが小屋の屋根を示しました。あ~ついに避難小屋に到着。18時です。先客は3人。キンポウゲやワタスゲが咲いてここは天国か!P7220038空木平避難小屋からは南アルプス鋸から甲斐駒が見えました。南は晴れてる。19時にナント自転車で来た若者二人が入ってきました。駒ヶ根からマウンテンバイクを担いで登ってきたとか、すごい体力!翌朝早く空木岳を越えて反対側の上松に下っていきました。Img_1711_2 避難小屋で着替えて、温かな飲物を取るとホッとしました。さあ夕食を作るぞ。トマトときゅうりとナッツのサラダにペンネアラビアータ。コーヒーで締めておやすみなさい。
7月23日(日) 曇り 5時起床 避難小屋はきれいで、明け方の大雨も防いでくれました。今日は空木岳に登り駒ケ根に降りる標高差1700ⅿの行程です。計画では池山尾根の途中マセナギから荒井沢を下降する予定でした。Photo_37時に小屋の掃除を済ませて、宿泊費2000円を入れて、ザックはデポしてサブザックを持って出発。空木平は高山植物の宝庫。ガスの中でも可憐に咲いていてくれます。P72300428時前に空木岳頂上2863ⅿに到着。写真を撮っているとガスの向こうからナントKWVの先輩たちが現れました。木曽殿山荘からの9班の面々です。山頂での邂逅はなんとうれしいのでしょう。池山尾根の長丁場の健闘と駒ヶ根BCでの再会を願ってお別れしました。クリックしてください。全画面が出ます。Img_0350_2さあ、これから池山尾根をマセナギまで下ります。避難小屋でデポしたザックを背負い、ヨナ沢の頭までガスの中ですが白シャクナゲやナナカマドの白い花、キンポウゲやノカンゾウの黄色い花畑が素敵です。P7230046駒ケ根の町が見えています。ツアー登山の集団が2,3登ってきたので時々待ちます。さあ小地獄、大地獄も抜けてとっとこマセナギです。ここで小雨も降ってきたので荒井沢に降りるのは断念して楽ちんな遊歩道を下ります。林道終点に14時半。タクシーに駐車場まで来てもらい、林道を歩いていると雨が本降りに。ラッキー、タクシーに乗り込み、中田切川林道ゲートのマイカーまで連れて行ってもらいました。3600円。ギッコから電話でもう帰るというので昼食はあきらめて駒ヶ根のBC地へ。間に合って笑顔でハイタッチ。びしょびしょなので温泉が気持ちいい。ここに120名の三田会部員が集合しました。笑顔の先輩、後輩に囲まれて美味しいお酒をいただきましたが、疲れ果てて2次会には行けませんでした。おやすみなさい。

|

« 6月下旬の羅臼岳 | トップページ | 真夏の秋山郷和山岩魚釣りと鳥甲山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中央アルプス 中田切川大荒井沢から空木岳へ:

« 6月下旬の羅臼岳 | トップページ | 真夏の秋山郷和山岩魚釣りと鳥甲山 »