« 鍋倉山スキー& 裏岩菅山スキー途中撤退 | トップページ | 伯耆大山スキー 弥山から元谷、中ノ原スキー場下まで  »

2017年3月11日 (土)

伯耆大山スキー 奥大山スキー場から振子沢 

2017年3月3日 8時半に鎌倉を出て、小田原から新幹線で京都へ。12時半に高槻駅でジェラに迎えてもらいます。ヴオーンと中国道へ。今年は雪が多くて楽しみです。201703031600 15時半に愛山渓倶楽部でM先輩に迎えていただきました。昨日ヒデ先輩と雪掻きをしてくださったそうです。ありがとうございます。すぐに明日からの食事と5日の宴会の仕入れに米子に向かいます。その帰りの夕陽が宍道湖方面に沈んでいき見事でした。201703031745_218時半にタクシーを予約してくださり、直ぐ近くのビアーレストランガンバリウスへ。ヴァイツェン、ピルスナー、エール、スタウトをいただきましたが、ヴァイツェンがとても美味しかった!地元の豆腐サラダも、大山鶏焼きもカニ味噌のピッツアもパスタも美味しかった!

3月4日(土) 晴れ 3時にジェラは後輩のONOZを迎えに溝口へ。6人で朝食をしっかり食べてONOZの新調したスキーにクマのシールが合うか試して、さあ大山の東側へ出発。Photo山荘から溝口に出て高速に乗り、次のICで降りて、東側に回り込むとまた姿の違う大山が輝いています。右端が槍が峰。7時に奥大山スキー場の駐車場へ。20170304650ジェラが登山届の提出場所を探してくれますが、どこも開いていません。仕方がないので車に残します。さあ、シールを付けて出発です。3パーティが入っているようです。林道をどんどこ登っていきます。風もなく暑いくらいでジェラにポカリをもらうと、あっという間にポカリが滑って谷に消えてしまいました。ごめんなさい。2017030408409時40分急な登りにかかります。ONOZのシールがスキー板に合っていないので急斜面では苦戦です。頑張れ24歳!20170304940この急斜面を登り切ると1405ⅿのポコに飛び出しました。10時、ワッパの方と若いスキー―ヤーが滑り降りる斜面を探しています。槍が峰の稜線に豆粒のようにエクストリームスキーの人が登っています。三ノ沢を滑るらしい、スキーを担いであの尖ったとこまで行くなんて、どんな人なのじゃ?201703041005さあ私たちはシールを外して、駒鳥小屋方面に回り込みます。ジェラが舞っていきます。201703041030ONOZもスピードに乗ってます。20170304103511時に駒鳥小屋まで滑り降りて、広い谷へ。20170304115若者一人はキリン沢から向こうの急斜面を二股まで滑り振子沢へ向かったようです。振子沢を黙々と登り上げ、12時にタイムリミット。振子山の素晴らしい斜面が広がっています。201703041200さあ戻りましょ。気持ちの良い斜面をどんどこ滑っていきます。201703041225
ここまでくるとだんだん雪が重くなり、足もピクピクいってます。20170304123013時に駒鳥小屋の下まで滑り込み、さあ、ここからシールを付けてまた登り返しです。13時20分急斜面を登って、疲れたなあ。まだ峠を乗越て、あちら側に滑り込まなければ。20170304132014時過ぎに峠を乗越ました。さあシールを外して斜滑降で向こうの谷に回り込み、どんどこ奥大山スキー場まで滑り落ちていきます。ツリーランが楽しいのですが、もう足が大変。15時半に駐車場到着。16時に大山寺方面の豪円湯院380円に到着。雪が多くて駐車場が半分しかありません。ゆっくり温泉で疲れを癒します。17時に倶楽部に帰り、Ⅿ先輩に迎えられました。さあ、今日の献立はⅯ先輩が漁港で仕入れてくださった赤ツブ貝のお刺身に、手作り味噌たれでイサキをいただきます。純米大吟醸の獺祭がおいしゅうございました。お酒を変えてキムチ鍋です。ニンニク、ショウガ、豚バラとキムチを炒めて野菜と豆腐、納豆、肉、アサリ、最後に牡蠣を加えました。もう最後のうどんまでしっかりといただきました。20時過ぎにはおやすみなさい。

|

« 鍋倉山スキー& 裏岩菅山スキー途中撤退 | トップページ | 伯耆大山スキー 弥山から元谷、中ノ原スキー場下まで  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伯耆大山スキー 奥大山スキー場から振子沢 :

« 鍋倉山スキー& 裏岩菅山スキー途中撤退 | トップページ | 伯耆大山スキー 弥山から元谷、中ノ原スキー場下まで  »