« 奥多摩 棒ノ折山~岩茸石山~井川キャンプ場 | トップページ | 北海道 白樺山・羊蹄山・ニトヌプリ山スキー »

2016年11月19日 (土)

初冬の平標山と浅貝

2016年11月17日晴のち雪 先週亡くなった浅貝の団長さんのご霊前にお焼香をと思い、記念日に浅貝に向かいました。朝3時起床し、コーヒーとバナナを食べて圏央道に向かいます。関越道にすんなり入れて途中の赤城高原でおにぎりの朝食、スーパームーンが輝いています。沼田付近の朝焼けとお月さま。20161116620  6時半に月夜野を出て、赤谷湖の錦秋が美しい。17号線が凍っているかもと慎重に運転。三国トンネルを抜けると雪が舞っています。早すぎるので今日は平標山で体力つくりに。本橋の登山口に7時半。誰もいません。雪支度をして7時40分出発。登山口にクマに注意と、やばい、熊鈴忘れた。もうヤッホーと声掛けしながら5センチほどの新雪の道を登ります。こんなに急登だったかしら?9時半に松手山1614mに。20161116930 尾根に出ると厳しい風になります。雪がちらちらしているし、もうエビのしっぽがしっかりできています。久しぶりの冬の山です。尾根伝いの雪道にウサギの足跡が可愛く先導しています。11時に平標山頂上1983mです。2016111611もう何も見えないし、とっとと降ります。この木道の下りが曲者なのです。木が凍っているところに雪が付き、階段がかしいでいたりするとツッルッと行きます。201611161105もう腹筋使って丁寧に気を付けて降ります。11時45分平標山の家です。201611161150風を避けてここでおにぎりとお澄ましをいただきます。温かい汁が何よりです。冬期避難小屋となっています。吹雪の中でここにたどり着いたらほっとするでしょうね。さあどんどこ下りましょ。林道までの斜面は緩やかなので楽ちんです。落葉松の紅葉が上から見るときれいです。13時に林道に出て、途中の沢で魚影を確認したりして、駐車場に14時に到着。私たちだけの静かな平標山でした。今日は、新潟キャンペーンで当たった宿泊券で貝掛温泉でゆっくりします。貝掛坂が凍っていたら怖いなあと思いつつ。橋を渡って15時到着。ゆっくり目に効くという37度の源泉につかって、おお寒い。夕食は玄米雑穀粥とすりごまの前菜がおいしかった。もちろん鶴齢の熱燗でゆっくりいただきました。19時に就寝して目覚ましで23時に起き、錦織対マレー戦を見ます。第一セットの熱い戦いが忘れられません。

11月17日 晴れのち雨 朝7時に起きて温泉に入ると露天風呂から青空です。気持ちよくぬる湯で体をほぐし、しっかり目もゆすぎます。8時に朝食をいただき、お部屋に帰って新聞をなんとメガネなしで読んでいます。山に登ったせいなのか、温泉が効いたのか??20161117930気持ちよく貝掛温泉に別れを告げ、浅貝に向かいます。福島屋さんに行って、声をかけるとお母ちゃんがいつものように迎えてくださいました。団長さんの遺影を前にお焼香させていただき、お母ちゃんと沢山お話をさせていただきました。毛戸乗越でも団長は長靴でひょいひょい登って、雨の中で焚火してくれました。ご冥福を祈ります。そのあと豊島に寄って、茂ちゃんと紀子さんと又おしゃべりさせていただき、こずえちゃんの笑顔を見て、帰途に着きます。もちろん川場の田園プラザでお野菜を購入と思ったら、駐車場所がないほどのすごい人出。平日なのでどうしたことでしょう?TV紹介されちゃったのかなあ。おリンゴと野菜をしっかり仕入れ、鎌倉には17時に帰りました。

|

« 奥多摩 棒ノ折山~岩茸石山~井川キャンプ場 | トップページ | 北海道 白樺山・羊蹄山・ニトヌプリ山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の平標山と浅貝:

« 奥多摩 棒ノ折山~岩茸石山~井川キャンプ場 | トップページ | 北海道 白樺山・羊蹄山・ニトヌプリ山スキー »