« 羊蹄山に初挑戦 | トップページ | 黒姫山スキー&焼額山 »

2016年2月 5日 (金)

安達太良山スキー

2016年2月3日 3時に起床して3時半に鎌倉を出発。圏央道から東北道を目指します。 

昨日、3日4日が天気予報では晴れとなっていたので急に思い立ち、東北第一弾として安達太良山に山スキーを決め、一度は泊まってみたかったくろがね小屋にも予約しました。
初めて鶴ヶ島から先の圏央道を走り、久喜白岡JCTから東北道に入りました。クマは2011年3月21日に復興支援のために走って以来の東北道です。5時半に宇都宮を過ぎ、夜明けとともに那須連峰が見えてきます。7時半に二本松ICを出て、8時に岳温泉観光協会でマップをいただき、凍ったスキー場への道を慎重に登り、あだたら高原スキー場に8時15到着。ゴンドラも第一リフトも動いていません。登山届を提出して動いているリフト2本に乗ります。201624トラバースして使われていないゲレンデをシール登攀開始10時、結構な斜面です。20162310回り込むとゴンドラ山頂駅に出ました。ゴンドラが動いていたら1時間助かるのになあ。。五葉松平には赤布が打ってあり、ズボ足のトレースが続いています。11時に安達太良山頂が輝いて見えてきました。2016231105日本離れした景色です。2016231106左側から山頂のピョコを目指します。風が強くなってきました。木の陰で熱いココアと極楽寺アンパンでランチ。2016231150ようやく樹氷モンスターたちに会えました。スフィンクスやムーミン、これは子を抱く聖母像。2016231200風で雪が凍っているようなのでクトウを着けます。12時50分山頂です。ここで朝、隣に駐車していた3人の若者と再会。勢至平からアイゼンとわっぱ登頂、日大の山岳部だそうです。日大節歌えるよって言ったら笑ってました。2016231250山頂の後ろのピョコへも登ります。岩を巻いてステップを切って、来てみたら雲の中。磐梯山や吾妻連峰が見えません、ざんねん!2016231300とっても寒いのでシールを剥がして、アラ突風に袋を飛ばされちゃった。さあ滑降です。固い雪の下がゆるかったり風紋が入ってなかなか手強いです。もう格好なんてかまってられません。振り子沢に入っても同じかもとトレースを外さないようにトラバースして14時くろがね小屋に逃げ込みました。管理人さんが温かく迎えてくださいました。今日の泊り客は私たちと相模原の方と3人です。暖房はダルマストーブ。久しぶりの山小屋です。冷えた手足を温めようと早速温泉へ。乳白色の硫黄温泉です。温まり、シールも干して花春とシラスせんべいでアペリティフ。17時半に特製カレーライスの夕食です。おかわりまでしちゃいました。素晴らしい星空を眺めて、もう一回温泉に浸かり19時半に就寝。風の音が結構しています。
2月4日 曇り 6時起床、何時間眠ったのかしら。クマは3時に起きてから寒くて眠れなかったそう。6時半に朝食、温泉卵に牛筋の煮込み、海苔に花豆と具だくさんの味噌汁にご飯を完食。朝日に輝く鉄山。20162465050から60人泊まれるくろかね小屋は週末は満員だそうです。201624655今日の予報は朝の内は曇り午後から崩れるそうです。曇っているなら頂上に戻っても仕方ないと勢至平から滑り降ります。相模原の方はスノウシューで頂上から薬師へ向かわれました。8時前に佐藤さんにお別れして滑りだします。佐藤さんのアドバイスで雪が少ないので馬車道沿いがスキーには無難だそうです。トラバースが多かったのですが、朝は雪が絞まってよく滑ります。馬車道に出て、あっという間に登山口8時半でした。スキー場に出て残っている回数券でリフトに乗り、スノウシューで山に入る方々と挨拶してスキー場下まで滑降。登山届を出した案内書に下山を報告して、駐車場へ。二本松から東北道に乗り、安達太良Pからの安達太良山です。201624950空いていて鎌倉に14時に帰宅しました。安達太良山は山スキーヤーより登山者が多くて、地元の人たちが赤布を付けてくださったり、愛されている山域なのだなあと感じました。

|

« 羊蹄山に初挑戦 | トップページ | 黒姫山スキー&焼額山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安達太良山スキー:

« 羊蹄山に初挑戦 | トップページ | 黒姫山スキー&焼額山 »