« 安達太良山スキー | トップページ | 伯耆大山スキー »

2016年2月23日 (火)

黒姫山スキー&焼額山

志賀高原スキー合宿にジョイントする山スキープランとして黒姫山か鍋倉山を考えていましたが、雪不足なので標高を稼げる黒姫山を目指しました。大阪のジェラは長野駅で合流です。

2016年2月19日(金) 晴れ 3時に起床し、3時半鎌倉を出発。茅ヶ崎から圏央道に乗り、鶴ヶ島で関越道に4時半、藤岡JCで上信越道に入ると朝日に浅間山が輝いていましたが、雪が少ない。7時半に長野駅前でジェラと合流。おはよう!また上信越道に乗り、小布施PAでスキーモードに着替え、信濃町ICで降り、9時に黒姫高原スノーパークへ到着。600円の1回券を3枚で第2リフトまで上がれるそうです。二人のスノーボーダーと同時にリフト最上部1170mへ。シールを付けて9時45分出発、ゲレンデ跡地の急斜面をジグを切っていきます。2016218 10時40分に昔のリフト小屋1532mまで登りました。暑くて冷たいドリンクです。ゲレンデ跡地はブッシュが出ていて雪が少ないのを実感。先に山スキーの跡が続いているのでラッセルもせずに快適登攀ですが、跡のないところでは雪が表面クラストの所でズルズル雪面自体が滑ってしまう部分がいやらしい。ついラッセル跡について行ってしまい、先行のパーティにぶつかる。彼らはここからシュートして北面の沢に入り高沢発電所に下るようです。ちょっと北に寄り過ぎました。進路を変えてクマがラッセルしながらジグを切って外輪山の稜線を目指します。隣には妙高三田原山の向こうに火打ちが見えています。20162191118途中で軽くおにぎりとパンのランチを取り、外輪山に乗っかりました。13時半2010mまで登り、野反湖の雪景色に見とれます。20162191330関西からのスノーボーダー二人も一緒に景色を堪能します。20162191340反対側の木々の間から真っ白な雨飾山が輝いていました。14時にシールを外してシュート、でも表面が滑り、突っ込むと深雪で木々が邪魔してなかなかうねる地形に足を取られます。東の1396m台地を目指しますが、クマが前転宙返りしたり、ジェラが二回転したり、ブッシュなんてボキボキ折ったり。スピードは出せません。20162191455スピード出しても曲がるのが一苦労。20162191530沢の地形ならよいかと少し雪質は変わるのですが続きません。1350mまで降りてきました。1353m_2ここからも難行苦行。ゲレンデは見えているのですが登り返しがいやなので沢の左岸をトラバース。大木を横滑りで抜け、ようやくスノーブリッジを渡り、ゲレンデ下部に着いたのが16時。合宿本部のS君に連絡します。16時半に駐車場でスキー一式を積み込み、一路志賀高原一ノ瀬の合宿所に向かいます。18時からに夕食にかろうじて滑り込み、皆様にご心配をおかけしたことをあやまりました。約50人が集う合宿に合流し、セルフの夕食をかき込み、お部屋に荷物を入れ、大浴場で汗を流し、19時半からのミーティング。21時には眠っていました。
2月20日 雨のち曇り 朝の雨は上がっていましたが風が結構吹いているので横手山から芳が平プランは中止して、焼額から竜王コースを覗いてみようとホリさん、ジェラ、クマと4人でシールを持ってリフトへ。焼額の第2高速リフトに乗って最上部でゴンドラは風のために動いていないと聞かされ9時半シールを付けて登ることに。10時半にだれもいない焼額山の頂上2,009mに到着。3年前にデシさんたちと来たときにはベンチの高さだった鳥居がこんなに高いのです。150㎝は少ない雪です。20162201030_2
稚児池を突き切り、龍王ツアーコースを辿ってみます。向こうに黒姫山がうっすらと。20162201030シールを付けたまましばらく降るともうブッシュがうるさくてスキーでは無理。ワカンの跡がありました。登りかえしてゴンドラ駅でシールを外して、誰もいないゲレンデを滑降。獅子林で中華ランチを食べてお腹いっぱい。さあ、帰りますか。先輩方のウェスタンバンドに歌に聞きほれて合宿の夜は更けていきました。今年の雪の少なさに泣かされた山スキーでしたが、天気に恵まれ、頸城の山々を望めたのがうれしいプランでした。
   

|

« 安達太良山スキー | トップページ | 伯耆大山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒姫山スキー&焼額山:

« 安達太良山スキー | トップページ | 伯耆大山スキー »