« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月23日 (火)

黒姫山スキー&焼額山

志賀高原スキー合宿にジョイントする山スキープランとして黒姫山か鍋倉山を考えていましたが、雪不足なので標高を稼げる黒姫山を目指しました。大阪のジェラは長野駅で合流です。

2016年2月19日(金) 晴れ 3時に起床し、3時半鎌倉を出発。茅ヶ崎から圏央道に乗り、鶴ヶ島で関越道に4時半、藤岡JCで上信越道に入ると朝日に浅間山が輝いていましたが、雪が少ない。7時半に長野駅前でジェラと合流。おはよう!また上信越道に乗り、小布施PAでスキーモードに着替え、信濃町ICで降り、9時に黒姫高原スノーパークへ到着。600円の1回券を3枚で第2リフトまで上がれるそうです。二人のスノーボーダーと同時にリフト最上部1170mへ。シールを付けて9時45分出発、ゲレンデ跡地の急斜面をジグを切っていきます。2016218 10時40分に昔のリフト小屋1532mまで登りました。暑くて冷たいドリンクです。ゲレンデ跡地はブッシュが出ていて雪が少ないのを実感。先に山スキーの跡が続いているのでラッセルもせずに快適登攀ですが、跡のないところでは雪が表面クラストの所でズルズル雪面自体が滑ってしまう部分がいやらしい。ついラッセル跡について行ってしまい、先行のパーティにぶつかる。彼らはここからシュートして北面の沢に入り高沢発電所に下るようです。ちょっと北に寄り過ぎました。進路を変えてクマがラッセルしながらジグを切って外輪山の稜線を目指します。隣には妙高三田原山の向こうに火打ちが見えています。20162191118途中で軽くおにぎりとパンのランチを取り、外輪山に乗っかりました。13時半2010mまで登り、野反湖の雪景色に見とれます。20162191330関西からのスノーボーダー二人も一緒に景色を堪能します。20162191340反対側の木々の間から真っ白な雨飾山が輝いていました。14時にシールを外してシュート、でも表面が滑り、突っ込むと深雪で木々が邪魔してなかなかうねる地形に足を取られます。東の1396m台地を目指しますが、クマが前転宙返りしたり、ジェラが二回転したり、ブッシュなんてボキボキ折ったり。スピードは出せません。20162191455スピード出しても曲がるのが一苦労。20162191530沢の地形ならよいかと少し雪質は変わるのですが続きません。1350mまで降りてきました。1353m_2ここからも難行苦行。ゲレンデは見えているのですが登り返しがいやなので沢の左岸をトラバース。大木を横滑りで抜け、ようやくスノーブリッジを渡り、ゲレンデ下部に着いたのが16時。合宿本部のS君に連絡します。16時半に駐車場でスキー一式を積み込み、一路志賀高原一ノ瀬の合宿所に向かいます。18時からに夕食にかろうじて滑り込み、皆様にご心配をおかけしたことをあやまりました。約50人が集う合宿に合流し、セルフの夕食をかき込み、お部屋に荷物を入れ、大浴場で汗を流し、19時半からのミーティング。21時には眠っていました。
2月20日 雨のち曇り 朝の雨は上がっていましたが風が結構吹いているので横手山から芳が平プランは中止して、焼額から竜王コースを覗いてみようとホリさん、ジェラ、クマと4人でシールを持ってリフトへ。焼額の第2高速リフトに乗って最上部でゴンドラは風のために動いていないと聞かされ9時半シールを付けて登ることに。10時半にだれもいない焼額山の頂上2,009mに到着。3年前にデシさんたちと来たときにはベンチの高さだった鳥居がこんなに高いのです。150㎝は少ない雪です。20162201030_2
稚児池を突き切り、龍王ツアーコースを辿ってみます。向こうに黒姫山がうっすらと。20162201030シールを付けたまましばらく降るともうブッシュがうるさくてスキーでは無理。ワカンの跡がありました。登りかえしてゴンドラ駅でシールを外して、誰もいないゲレンデを滑降。獅子林で中華ランチを食べてお腹いっぱい。さあ、帰りますか。先輩方のウェスタンバンドに歌に聞きほれて合宿の夜は更けていきました。今年の雪の少なさに泣かされた山スキーでしたが、天気に恵まれ、頸城の山々を望めたのがうれしいプランでした。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

安達太良山スキー

2016年2月3日 3時に起床して3時半に鎌倉を出発。圏央道から東北道を目指します。 

昨日、3日4日が天気予報では晴れとなっていたので急に思い立ち、東北第一弾として安達太良山に山スキーを決め、一度は泊まってみたかったくろがね小屋にも予約しました。
初めて鶴ヶ島から先の圏央道を走り、久喜白岡JCTから東北道に入りました。クマは2011年3月21日に復興支援のために走って以来の東北道です。5時半に宇都宮を過ぎ、夜明けとともに那須連峰が見えてきます。7時半に二本松ICを出て、8時に岳温泉観光協会でマップをいただき、凍ったスキー場への道を慎重に登り、あだたら高原スキー場に8時15到着。ゴンドラも第一リフトも動いていません。登山届を提出して動いているリフト2本に乗ります。201624トラバースして使われていないゲレンデをシール登攀開始10時、結構な斜面です。20162310回り込むとゴンドラ山頂駅に出ました。ゴンドラが動いていたら1時間助かるのになあ。。五葉松平には赤布が打ってあり、ズボ足のトレースが続いています。11時に安達太良山頂が輝いて見えてきました。2016231105日本離れした景色です。2016231106左側から山頂のピョコを目指します。風が強くなってきました。木の陰で熱いココアと極楽寺アンパンでランチ。2016231150ようやく樹氷モンスターたちに会えました。スフィンクスやムーミン、これは子を抱く聖母像。2016231200風で雪が凍っているようなのでクトウを着けます。12時50分山頂です。ここで朝、隣に駐車していた3人の若者と再会。勢至平からアイゼンとわっぱ登頂、日大の山岳部だそうです。日大節歌えるよって言ったら笑ってました。2016231250山頂の後ろのピョコへも登ります。岩を巻いてステップを切って、来てみたら雲の中。磐梯山や吾妻連峰が見えません、ざんねん!2016231300とっても寒いのでシールを剥がして、アラ突風に袋を飛ばされちゃった。さあ滑降です。固い雪の下がゆるかったり風紋が入ってなかなか手強いです。もう格好なんてかまってられません。振り子沢に入っても同じかもとトレースを外さないようにトラバースして14時くろがね小屋に逃げ込みました。管理人さんが温かく迎えてくださいました。今日の泊り客は私たちと相模原の方と3人です。暖房はダルマストーブ。久しぶりの山小屋です。冷えた手足を温めようと早速温泉へ。乳白色の硫黄温泉です。温まり、シールも干して花春とシラスせんべいでアペリティフ。17時半に特製カレーライスの夕食です。おかわりまでしちゃいました。素晴らしい星空を眺めて、もう一回温泉に浸かり19時半に就寝。風の音が結構しています。
2月4日 曇り 6時起床、何時間眠ったのかしら。クマは3時に起きてから寒くて眠れなかったそう。6時半に朝食、温泉卵に牛筋の煮込み、海苔に花豆と具だくさんの味噌汁にご飯を完食。朝日に輝く鉄山。20162465050から60人泊まれるくろかね小屋は週末は満員だそうです。201624655今日の予報は朝の内は曇り午後から崩れるそうです。曇っているなら頂上に戻っても仕方ないと勢至平から滑り降ります。相模原の方はスノウシューで頂上から薬師へ向かわれました。8時前に佐藤さんにお別れして滑りだします。佐藤さんのアドバイスで雪が少ないので馬車道沿いがスキーには無難だそうです。トラバースが多かったのですが、朝は雪が絞まってよく滑ります。馬車道に出て、あっという間に登山口8時半でした。スキー場に出て残っている回数券でリフトに乗り、スノウシューで山に入る方々と挨拶してスキー場下まで滑降。登山届を出した案内書に下山を報告して、駐車場へ。二本松から東北道に乗り、安達太良Pからの安達太良山です。201624950空いていて鎌倉に14時に帰宅しました。安達太良山は山スキーヤーより登山者が多くて、地元の人たちが赤布を付けてくださったり、愛されている山域なのだなあと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »