« 初冬の瑞牆山 | トップページ | 羊蹄山に初挑戦 »

2016年1月19日 (火)

初滑りはニセコ連峰 快晴のチセヌプリ山スキー

2016年1月15日 ホリさん、ホリさんの北海道の友人Yさん、ジェラ、くまと私の5人で快晴のチセヌプリです。昨日ニセコに着いて久しぶりにヒラフスキー場で初滑りをしました。20161159時にチセヌプリ駐車場に集合。ニセコヒラフからクマがレンタカーを借りてきてくれて30分でした。 Yさんの奥様にもご挨拶。支度をして9時30分出発。スキー場は2013年に閉鎖されたので駐車場からシール登行です。2016115940もう暑いくらいの陽射しで無風です。ヤッケも脱いでしまいました。スキー場トップまで1時間、その先にチセヌプリが待っています。20161151030シャクナゲ岳の向こうには目国内岳が真っ白な稜線を見せています。Yさんのお薦めはシャクナゲの北斜面だそうです。20161151038syakunageさあチセヌプリの山頂を目指しましょう。私たちの前に5人ほどの先行者がラッセルしてくれています。ありがとう!20161151110下界がはるか下に見えてきます。20161151117

登るほどに久しぶりの霧氷が綺麗です。青空も北海道は深い色です。2016115113011時40分山頂1134mに到着。20161151147日本海も見えています。寒いのでさあシールを剥がして滑降モード。20161151145Yさんはウエーデルンでぴゅーと行ってしまいました。軽い雪ですが私は?20161151210ジェラも舞って降って行きます。20161151213スキー場トップまであっという間でした。12:20シャクナゲ岳をバックにピクニックのつもりが寒いのでさっさとパンを頬張ってココアを飲んで。20161151220ゲレンデではなく西斜面の新雪をYさんが選んでくださり、ぴゅーと。沢状をトコトコ降ると駐車場に着きました。13時20分終了。20161151315初滑りにもかかわらず雪と天気と親切な北海道の友人に恵まれ、大満足なチセヌプリでした。雪秩父の温泉に入って疲れを取り、夜は山さんと5人で外人だらけのヒラフに出て、草庵でジンギスカンの食べ放題を若者のように平らげてしまいました。

|

« 初冬の瑞牆山 | トップページ | 羊蹄山に初挑戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初滑りはニセコ連峰 快晴のチセヌプリ山スキー:

« 初冬の瑞牆山 | トップページ | 羊蹄山に初挑戦 »