« 錦秋の越後駒ケ岳 | トップページ | 初滑りはニセコ連峰 快晴のチセヌプリ山スキー »

2015年12月 8日 (火)

初冬の瑞牆山

2015年12月6日(日) ボンボンの企画でスーサンの日程に合わせて日曜日に瑞牆山に登り、みはらしで宴会をしようという事になりました。メンバーはボンボン、スーさん、ギッコ、クマ、アカズの5人です。

朝6時45分に鎌倉を出て、三浦半島からの日の出が静かな海に輝く朝の134号線を走ります。5合目まで冠雪した富士山が朝日に輝いて松竹映画の画面にそっくり。今日は湘南国際マラソンなので8時からは通行止めなので結構、車が走っています。すんなり茅ヶ崎から高速に乗り、圏央道から中央道へ、双葉パーキングに8時45分集合だったのに7時半に到着。スーさんおはよう、ボンボンおはよう、みんな早いね、朝食に温かいおうどんをいただいて、車で寝ていたギッコにおはよう。8時45分双葉を出て、須玉ICで降り、一路奥秩父増富鉱泉からクリスタルラインへ。9時半に瑞牆山荘前の無料駐車場到着。201512061000瑞牆山荘のネット配信では11月末に初冠雪があり、アイゼン必携の冬山になりましたとのこと、岩が凍っていたらもうそこまでにしましょうね。お日様が温かくなってきた10時出発。落ち葉の林の中を勝手に歩いて登山道までトラバース。階段を登って、大きな岩の所でもう降りてきた方がいらっしゃる、おはようございます。ちょっと急な登りになり、10時40分1722mの展望台に到着。カラマツの葉が落ちて瑞牆らしい岩稜が見通せます。201512061040ゆっくり登って行くと、林道の奥に可愛い車が、小屋の車でした。富士見平小屋のベンチからは富士山が樹林の間に綺麗に見え、ここから金峰山、瑞牆へ行く人のテントが可愛く並んでいます。201512061100この山小屋ではビールを作っているようです。帰りにでも?20151206110511時10分出発。天鳥川までトラバース気味に下って行きます。あらもったいない。凍った水たまりを渡り、桃割れ岩(地図には桃太郎岩)と名付けた岩を眺め、急な登りに取り付きます。凍った川の横の梯子を上り、大岩の向こうをくぐり、鎖につかまって越えていきますと、12時50分に大ヤスリ岩の下に。201512061250続々と下ってくる方たちにこんにちは。鎖につかまり、凍っている岩の間にそっと足を置き、気配りしながら登って行くと13時15分瑞牆山まで10分の標識。あっけなく山頂です。13時半、ボンボンも揃って昼食です。風がなく高曇りでしたが素晴らしい展望。八ヶ岳をバックに、その左には中央アルプスが。201512061330北には雪に輝く北アルプス鹿島槍から白馬方面が見え、北東には浅間山にも雪が少し、その奥には妙高が。零下5度かしら、手がジンジンしてきました。201512061355でもこの展望を見てください。富士山を手の下に入れて。201512061356先ほど下で見上げた大ヤスリ岩。誰か登ってるのでしょうね。Ooyasuri瑞牆岩峰を堪能して、さあ下りましょう。14時。201512061357岩の間に足を挟まれたり、岩の迷路に入り込んだり、さあ気を付けていきましょう。15時15分天鳥川まで降りてきました。ここでほっとして桃太郎岩を見上げます。川を渡って登って富士見平小屋へ。201512061515富士見平小屋のビールはみはらしまでお預けにしてとっとこ下ります。16時1722mの展望台で記念撮影。日暮れが追いかけてくるのですぐ出発。20151206160016時半に駐車場到着。お疲れさまでした!お宿みはらしに17時半頃になると電話して、夕暮れから暗くなって野原の道で急ブレーキ。野狐でした。
17時40分にみはらし到着、展望風呂に入っても外は暗闇ですが、温まります。鴨にキノコのお吸い物にシイタケの焼き物に、天ぷらに牛鍋と盛りだくさん、ビールと熱燗で乾杯!下見にも来てくれたボンボンに感謝、穏やかな雰囲気づくりのスーサンに感謝、ギッコの笑顔に感謝。そして47会の生垣君に献杯してご冥福を祈りました。

|

« 錦秋の越後駒ケ岳 | トップページ | 初滑りはニセコ連峰 快晴のチセヌプリ山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の瑞牆山:

« 錦秋の越後駒ケ岳 | トップページ | 初滑りはニセコ連峰 快晴のチセヌプリ山スキー »