« 初秋の京都散策と愛宕山 | トップページ | 初冬の瑞牆山 »

2015年10月18日 (日)

錦秋の越後駒ケ岳

20151016920雪の駒ケ岳の肩まで山スキーできて以来の越後駒ケ岳登山です。

枝折峠7:40~明神峠8:15~道行山巻道9:15~小倉山9:50~百草池10:25~頂上11:35 12:30肩の小屋~12:55百草池~道行山14:20~枝折峠15:30
2015年10月16日(金) 2時に起床、3時に雨の鎌倉を出発。関越道を走ると晴れてきます。6時半小出ICで降り、352号線を登って枝折峠1065mに7時過ぎに到着。駐車場はもう10数台が停まっています。トイレも完備されたきれいな登山口です。7時40分出発。銀山湖は雲海の下です。青空に紅葉がまぶしい。20151016745しばらく尾根上を歩くと観音様が祀られていて無事を祈ります。木道の横にリンドウも咲いています。秋の山も素敵です。20151016800rinndouよく整備された道を明神峠へ、遥か向こうに駒ケ岳が。20151016805赤い鳥小鳥なぜなぜ赤い、赤い実を食べた20151016920rouge青い鳥小鳥なぜなぜ青い、青い実を食べた20151016915blue明神峠で駒の湯への銀の道を分け、アップダウンの繰り返しですが、急登の後に緩やかな木道があり、童謡を口ずさみながら快調に辿ります。9時16分道行山を巻いて最初の一本。みかんが美味しい。9時50分に小倉山で駒の湯の道を分けます。緩やかな尾根道をしばらく行き、急登を終えると10時25分百草の池の台地です。ここで2回目の一本。結構暑かったのに風が涼しくなり雲が湧いてきました。11時に最後の急登です。雲を被っているのが中ノ岳。駒ケ岳の沢に雪渓が残っています。201510161105岩のごつごつした急登を終えると肩の小屋に飛び出します。きれいなベンチもあり、新しい清潔な小屋です。先を急ぎ、最後の登りにはトラロープが付けてあります。11時35分駒ケ岳2003m頂上。クマは20歳の時に駒の湯から駒ケ岳、中ノ岳、丹後山、巻機山への縦走を残雪期にした時以来45年ぶりの駒ケ岳頂上です。201510161140ジャックと豆の木のクルミパンにカマンベールとシラスを挟んでトマトとランチ。雲が流れてうっすらと八海山が見えてきました。肩の小屋を覗いてみましたが管理人さんは不在でした。頂上でご一緒した群馬の方は小屋に泊まるか迷っていらしたけれど?12時半に下山開始。下に銀山平が見えます。201510161230急な岩場の下りです。気を引き締めていきます。201510161233ドンドコ降りて百草池です。湿原がここまで回復してきました。201510161255こんなに急だったかしらと思いながら足が届かないよと思うと次は階段になっていたり、手入れが行き届いた登山道です。13時35分小倉山。先の展望台にベンチがあったので一本。登り返しが結構あってあらまあ!14時20分道行山1298mに寄ってみます。ここから銀山平への道があります。気を付けて明神峠へ登り返し、尾根道をしばらく下って15時半に枝折峠に到着しました。あ~疲れた!重い山靴を脱いですっきり、銀山平の奥只見山荘に16時に到着。ゆっくり温泉に浸かり、足をもみほぐし、紅葉の露天風呂で冷まします。夕食は、まずビールで乾杯しご主人手製のスモーク桜鱒とサラダ、ぜんまいと山ウドの煮物。ここで緑川にいたしましょ。熱々の鮭のけんちん巻。口の中でとろけるビーフシチュウ。今度は鶴齢のひやおろしにいたしましょ。山菜の入ったわっぱ飯と漬物にナメコ汁。最後に地物の蜂蜜かけのアイスクリームと珈琲で〆。もうお腹いっぱい。おやすみなさい。
10月17日(土) 昨晩20時から爆睡し6時に目覚め、温泉に入って美味しい朝食をいただき、靴とストックを洗って、奥只見湖まで散歩。北ノ㑨川の向こうに駒ケ岳。20151017940シルバーラインで降りて、大湯でキノコと野菜を購入。小出から17号線で浦佐、塩沢から清水部落に向かい巻機山山麓の山菜茸だらけ蕎麦を賞味しました。上田屋のお母さんもお元気で88歳ですが先週永平寺で座禅を組んできたとか!あまりに紅葉が綺麗なので金城山麓へ。登りたい金城山ですが4年前の土砂崩れで登山道がかなり傷んでいるそうです。201510171355また調べてみましょ。塩沢ICから関越に乗り、17時半に136号線で江の島を通るとすごい人。なんと江の島花火の日でした。車を車庫に入れて、稲村ケ崎公園で花火観賞となりました。

|

« 初秋の京都散策と愛宕山 | トップページ | 初冬の瑞牆山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦秋の越後駒ケ岳:

« 初秋の京都散策と愛宕山 | トップページ | 初冬の瑞牆山 »