« 立山の春スキー | トップページ | 海谷山塊 鋸岳 残雪と新緑百花繚乱 »

2015年5月19日 (火)

石老山から鉢岡山 春のワンデルング

2015年5月16日 KWV春のワンデルングの日です。雨の鎌倉を6時前に出発し、片瀬山で釣り組のM先輩を迎え、茅ヶ崎から圏央道に乗り、八王子で中央道で相模湖東ICで降り、相模湖駅に7時に到着。M先輩とクマは秋山川に釣りに向かいます。集合時間は8時20分なので通路のツバメの巣を観察したり、観光地図を詳細に眺めたりしているうちに矢の音コース、石老山コースのメンバーが集い始めました。おはようございます!8時35分の三ケ木行きバスに乗り、石老山登山口で下車し、トイレ、ストレッチをして9時出発。S33年卒のAさんをはじめ、S59年卒のGOTOくんまで13名で出発です。リーダーNAGA、サブMASAはもう5回目だそうです。写真提供GOTOくん。900_2 小雨も止んで静かな村の道を行くと、柳原白蓮の若い夫となった宮崎龍介の親戚の家があり、花子とアンの記事が。石老山顕鏡寺に白蓮は納骨されたそうです。林を抜けた畑に雄雉が歩いているではありませんか!910 相模湖病院を過ぎ、駐車場の横から山道に入り、巨岩をところどころに見ながら、濡れた敷石に注意!シャガと新緑の美しい急坂を登り切ります。9時半に顕鏡寺に到着。930顕鏡寺の大イチョウは樹齢400年とか。翠が匂うような大木に囲まれました。急坂を上り、トラバース道で木苺を頬張ると展望台です。相模湖町が見渡せます。また急坂を登り融合平見晴台を過ぎ、10時40分に石老山に到着です。おにぎりを頬張り、リーダーの入れてくれたコーヒーにオスタさんの美味しいクッキーをいただきました。1050石老山標高702mです。富士山は見えませんでしたが、流れる雲の間に丹沢の山々が幻想的でした。105511時半、さあ、ここから急坂を下ります。雲の中で蒸しています。MASAさんに教えていただいたクロツグミやクークーが鳴いていました。1130汗だくになって下り切り、篠原の村落に出てロード。立派な神楽舞台?のある大石神社1230ロードを北上して59番電柱のところで山道に入ります。リーダーたちはよくこの踏み跡を見つけましたね。笹や枝につかまって急登。13時15分鉄塔の立つ鉢岡山です。1315急坂を下り、林道に出ると鉄骨だけの家に廃車が転げていました。どうやって持ってきたのかしら?時間も押しているので峯から八坂山は割愛して秋山川キャンプ場に向かいます。杉峠からロードで集落の間を通り、秋川橋を渡り、のりへいさんのお孫ちゃんも手にストックで可愛らしく、キャンプ場に2時半に到着。次々と集合して総勢152名の山の歌になりました。1600152

|

« 立山の春スキー | トップページ | 海谷山塊 鋸岳 残雪と新緑百花繚乱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石老山から鉢岡山 春のワンデルング:

« 立山の春スキー | トップページ | 海谷山塊 鋸岳 残雪と新緑百花繚乱 »