« 天空の村チビタバニョーレッジョと古都オリヴィエート | トップページ | 立山の春スキー »

2015年4月 2日 (木)

雨ケ立山 春の山スキー

谷川連峰の朝日岳の北に巻機山へ続く稜線の大烏帽子山の布引尾根の先にある雨ケ立山を宝川林道から目指します。

2015年3月29日(日) 16時半、宝川温泉の先の広場に駐車。雨の予報だったので迷っていたのですが、明るいのでテントを担いでシールで歩き始めます。結構雪があって傾斜がきついところは慎重に通過。数人のスキーとスノウシューの跡が残っています。広い崩壊地が擁壁工事を施されています。日暮れまでにテント適地を探さないと。2015329171317時45分、4年前にチョボと来た時も怖かったトンネルに到着、ヘッドランプを出し、スキーを担いで通過。18時10分瀬ノ沢で水が取れそうなので少し先でテントを張る。クマが足元の危ない水汲みに行ってくれた。2015329182919時、カシューナッツでアペリティフ、モツ煮と山菜おこわを温め、コーヒーを飲んでおやすみなさい。でも寝返りを打つたびに雪が温まって掘れていきます。羽毛上下を着てても何だか寒いのでスキーパンツを下に引きますが。何だか眠れません。4時ごろクマが起床。
3月30日(月)晴れ 4時半起床。ごそごそ片づけて、棒ラーメンに新玉ねぎを入れて朝食。2015330545テントを畳んで、シュラフやエアマット等をデポ。何やかや出発は6時半過ぎていました。林道を歩いて15分で初沢の林業試験地観測所です。観測計器のある尾根に上がって、杉林を快適に登って行きます。この週末のものと思えるトレースが残っています。2015330745一汗かいて7時45分、単独行の方がシールで登ってきました。おはようございます!8時15分カラマツ林を抜け、初沢と板幽沢の間の尾根を行きます。20153308128時40分快適に高度を上げていきます。ブナの林になりました。2015330840北を目指して登っていくと、素晴らしい青空が広がってきました。20153309029時、視界が開けて左手に谷川連峰が輝く空中散歩となります。2015330903一登りで、ビャクシンとシャクナゲが印象的な尾根に出て、右手にならまた湖、尾瀬方面が望めます。さあ最後の詰めです。10時20分雨ケ立山1626m山頂です。20153301020布引山の南稜線の向こうに朝日岳、笠が岳が輝いています。単独行の人は布引山へ向かっていました。ナルミズ沢に飛び込むのかしら?山スキーヤーの天国です。20153301024どの地形を滑ったら面白いのかなあ。柄沢山から巻機山へのスカイラインです。20153301026makihata上州武尊もいつもと違った姿を見せています。展望を楽しんで、さあドロップイン!やはり暖かいので重い雪となっていますが、でも浮遊感は味わえました。20153301057こんな雪なので来た尾根を辿ります。ビャクシンの木まで降りてしまいました。20153301106 ブナの林を気持ちよく降りていきます。20153301116だんだん重い雪になってきます。12時過ぎにテントデポ地に到着。20153301213荷物をパッキングして、あらまあ重いこと。ナメが美しい宝川の雪帽子岩。20153301213takaragawaさあ頑張ってスキー歩きです。トンネルに到着。20153301258トンネルの中の氷柱はこんなに小さくなっていました。出たところで失くしたシール袋が雪に乗っていました。ラッキー!あの単独行の方が置いておいてくださったのかしら。20153301300さあ又、スキーをこいで林道行です。暑いよ~!火曜日に降った雪が美しく残っていて本当に恵まれた春スキーになりました。2015330132814時宝川温泉の広場に到着。スキーを洗って、ザックを片付け、谷川温泉の湯テルメで汗を流しましょ。平日なので一人しか入っていません。お腹も空いたので上毛高原駅前の天丸で月夜野御膳そばをいただきました。手打ちそばが美味しかった。関越道を順調に走り、圏央道に抜け、狭山で休憩し、寒川北ICで降り、20時前に鎌倉に帰宅。

|

« 天空の村チビタバニョーレッジョと古都オリヴィエート | トップページ | 立山の春スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨ケ立山 春の山スキー:

« 天空の村チビタバニョーレッジョと古都オリヴィエート | トップページ | 立山の春スキー »