« 秋の鎌倉 いたち川~瀬上池~大丸山~建長寺~源氏山 | トップページ | 立山初滑り »

2014年11月11日 (火)

晩秋の海谷山塊 駒ケ岳 海谷渓谷

2014年11月3日(月) 5月末に雨飾温泉に山菜採りをしたキャプテンたちとまた来たいねと言っていたプランが実現しましたが、キャプテンは残念ながら不参加、メンバーはボンボン、ジェラ、チョボ、ギッコ、いくみ、クマと私の7名です。5時に鎌倉を出発。茅ヶ崎から高速に乗り、海老名で圏央道、八王子で中央道に乗り、相模湖で夜明けの幻想的な朝霧の景色に出会え、向こうに富士山が見えました。釈迦堂で休憩を取り、おにぎりを頬張ります。連休最終日ですが、空いていて、安曇野に9時。ここから県道に出て、白馬を目指します。途中の木崎湖に映える紅葉が美しい。

10時にボンボン山荘に到着するとジェラが大阪からちょうど到着したところでした。美味しいコーヒーをいただき、八方バスターミナルにいくみたちを迎えに行きます。11時過ぎにバスは予定より早く到着、もう冬のような寒さです。まずお昼を食べようと、八方の蕎麦処へ、野沢菜と新そばをいただきました。さあ明日の夜のテント生活の買い出しです。信州新町のジンギスカン肉と野菜を仕入れました。
雨飾温泉に向けて出発。姫川沿いの懐かしい道を北上します。調査行をしてくれたボンボンに先導してもらい、根知から山道に入ります。13時半明日登る駒ケ岳が格好いい!20141131321雨飾温泉に到着。泊り客は我々だけのようです。まだ14時なのでジェラが登りたいというので雨飾山登山口を尾根まで登ってみます。私は10年前の夏合宿でゴルバさんたちと登っているのですが、こんなに急だったかしら?薬師尾根まで登りましたがチョボたちが来ないので雨上がりの濡れた岩を注意しながら下ります。なんと、チョボたちはキノコを見つけていたのです。ナメコの大収穫です。賄いさんにお渡しして食べられるものか伺うと、立派な天然ナメコでした。15時半早速、男子たちは外の都忘れの湯へ。私たちは内湯でツルツルに。20141131530夕食はボンボンが用意してくれた根知男山をいただきながら、ナメコが大根おろしの酢の物になって登場、歓声が上がります。支配人さんたちにも同席してもらい、6月の山菜尽くしのお膳のことなど伺いました。心のこもった美味しい夕食でした。梶原新湯と言われていた建物がそのまま残っているお座敷でコーヒーをいただき、寒いお部屋に気を引き締めて帰りましたが、夜具の重いお布団が結構暖かでした。さあ、明日は駒ケ岳登山と寝入りましたが、夜半から雨音が。。。
2014年11月4日 6時に起きると雨が。ゆっくり朝食をいただいて温泉にも入り、9時出発と言っていたら雨がやみました。ヤッター!。2014114820さあ、梶山口まで戻り、御前山から海谷山峡パークへ、立派なキャンプ場ですが、誰もいません。駐車して山行準備、体操をして駒ケ岳登山口からしばらく林道を行くと可愛らしい駒ケ岳ロッジが白樺の木の横にありました。ここから登山道を行くと単独行の男性が梯子から引き返していらっしゃいました。10時10分梯子に取り付き、ギッコがこの上の岩はどうするの?と叫びますがジェラはドンドコ先に行ってます。岩登りの好きなチョボは楽しそう。20141141010まだ岩が濡れているので慎重に越えます。ロープや立木を掴んだり、急登が続きます。狭い急登道を上から6人降りてきました。皆お尻が真っ黒です。かなり捲れたのかな。20141141045下から見えた駒ケ岳は急に立ち上がって上が平らな特異な山容です。梯子がかかっているところも3か所あり、毎年メンテナンスをしてくださっている地元の方に頭が下がります。12時にようやく上の台地に抜けました。ブナ林が美しく、ブナの泉で水を飲んでみます。ここからは緩やかな散歩道で、尾根に出ると雪がうっすらと積もっていて、向こうに真っ白な焼山が輝いています。2014114125シーズン初めての雪を頬張りながら山頂に13時に到着です。コースタイム通り3時間半でした。レーズンナッツパンにチーズを挟んでお昼です。ボンボンお手製の鮭お握りもいただきました。焼山が雲の間に入っています。20141141320雨飾山も雲をいただいていました。2014114amakazari13時半、さあ戻りましょ。ブナ林を抜け、さあ急下降です。慎重に、でもさっさと降りましょ。いくみとギッコはお尻滑りで難所を抜けます。立ち木につかまったり、懸垂下降したり、結構腕力で下ります。16時にキャンプ場に着きました。さあテントを張って、温かな服を着て、ボンボンの用意してくれた七輪に炭を起こします。まるで南極越冬隊みたい!20141141800まずギッコの徳ちゃんオイルサーデンとトマトのガーリック炒めの前菜が美味しい!男山が美味しい。長葱もジンギスカンも美味しい。さあ、焚火の出番です。マシュマロ焼いて。20141141930焚火の周りで夜も更けて。。。おやすみなさい。201411420102014年11月5日 快晴 6時半起床。7人の泊まったテントが可愛い。結構冷えたのでチョボにくっついて眠りました。チョボは厳冬期用ダウンでホッカホカ。201411570さあ9時に火が朝食の準備です。棒とんこつラーメンに長葱とチャーシューと味付け卵。コーヒーで温まり、テント撤収。2014115720下の展望台から栂海新道からの白馬連峰が白く美しい。2014115730hakuba9時に撤収完了して、体操をしていると、続々車が入ってきました。さあ海谷渓谷に出発です。ブナの泉が登山口横にもあるので飲んでみます。まろやかな冷たい水です。9時半、海谷渓谷遊歩道に入ると朝日に紅葉が映えています。2014115930駒の沢を渡る橋はありました。2014115940結構狭いところもあります。落ち葉の絨毯が気持ちよい。2014115945海谷独特の山塊に紅葉が照り映えます。2014115950梯子で河原に降りますが、水流が多くて、飛び石伝いに対岸に行けるはずが、無理!海谷高地は素晴らしい景色なのですが、今回はここで断念。コーヒーを沸かしギッコのケーキをいただいていると82歳の女性が腰を折りながら梯子を降りていらっしゃいました。ヘルメットを着けて息子さん夫妻かな?サポートして高地を目指したのでしょうが、やはり断念。2014115100どこかで渡れないか探したのですが、無理でした。さあ帰りましょ。20141151015また、次はキャプテンやピンスケたちも一緒に来れたらいいなあ。2014115110海谷は焼山や昼闇山にスキーで来ましたが、秋も、6月の山菜のころもよいようです。帰りは糸魚川のすし活で打ち上げをし、能生でお魚をゲット。小谷で温泉に入り、白馬に女性3人を送り、鎌倉に11時に帰宅しました。お天気に恵まれ、秋の山を満喫しました。

|

« 秋の鎌倉 いたち川~瀬上池~大丸山~建長寺~源氏山 | トップページ | 立山初滑り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の海谷山塊 駒ケ岳 海谷渓谷:

« 秋の鎌倉 いたち川~瀬上池~大丸山~建長寺~源氏山 | トップページ | 立山初滑り »