« 晩秋の海谷山塊 駒ケ岳 海谷渓谷 | トップページ | イタリア・ドロミテ・スキーツアー »

2014年11月25日 (火)

立山初滑り

2014年11月19日(水) 予定を天気予報により一日遅らせて出発。2時半起床、3時に鎌倉を出る。海老名から圏央道に乗り、八王子JCから中央道に入り、相模湖を4時通過。釈迦堂でキノコの炊き込みお握りの朝食をとる。陽が登ってきました。富士山が美しく聳えています。6時に安曇野、-4度で寒ーい。7時に長野市に入り信濃川の紅葉に北アルプスが朝日に輝いて美しい。飯綱山も雪がうっすら。北上し、妙高の麓を通り、日本海に向かう。糸魚川あたりで8時半になり、アルペンルートに問い合わせて今日の高原バスの運行状況を尋ねる。時刻表通りという事でジェラに報告。9時15分に立山駅の駐車場に到着。ジェラ車も到着。おはよう!室堂までの一人往復切符4310円にスキー荷物券300円。9時50分発のケーブルカーで美女平へ。10時発の美女平からの高原バスに乗り込むと弥陀ヶ原あたりから雪景色、室堂に11時、快晴です。重いザックを背負って久しぶりのスキーを付けて、みくりが池温泉へ。すぐにお部屋に案内していただき、パンとコーンスープでランチとし、初滑りは室堂山に向かいます。わーい、スイスの空色です。201411191414時10分素晴らしい景色です。シールで登っていると暑くて、一枚脱ぎ。。。2014111914futari14時40分室堂山2668m展望台です。槍、穂高までの稜線が雲の上に連なっています。201411191443こんなに恵まれて、なんて幸せ。日本の山は美しい!さあ滑りますか!201411191446パフパフパウダーの初滑りです。こんなに軽くていいのですか?201411191506良いのです。ドンドコ滑って行きます。201411191505室堂山から室堂山荘に向かって広い斜面をひと滑り、山荘裏から厚みのあるフカフカ雪を狙って称名川まで滑り降りる。狙い通り吹き溜まった深い新雪は心地よい浮遊感を味あわせてくれた。15時半、谷底からはみくりが池に直接上がる小尾根のラッセルトレースをシールを張って一登りします。201411191550初日、半日しかない行動時間の中で効率の良いツーリングを楽しむことができました。この日の星空は素晴らしいものでした。

11月20日(木)曇りながらも視界はあるので、前々日に降った雪の結束状態も良いのが確認できたので剱御前を目指します。雷鳥荘まで行かずにシュプールの少ない血の池への滑走を楽しんでから称名川に降りましたが、なんと重い雪に変わっていました。夏道の橋の上部100mぐらいで渡り、雷鳥沢右岸尾根から剱御前をめざします。右岸尾根に上がると冷たい強風が吹き荒れ、雪が固くなってきたので早めにクトウを着けます。立山川を望む細い尾根に出ると視界を失う。しばらくすると傾斜が見えてきたのでシールを伸ばし、登っていくと、雲の切れ目から20m下に剱御前小屋が見えました!雪が飛ばされたガレ場をスキーを担いで小屋まで降りました。凄い風の中若者3人が小屋横に避難、単独行の男性は反対側に雪洞を掘っていました。寒さでゆっくりくつろぐこともできない状態なので熱いココアを飲んで、着ぶくれしてシールをはいでスキーを背負って出発します。トイレ小屋の上からトラバースしてスキー滑降地点を見出そうとしていたら、ラッキー!ガスが晴れて、雷鳥沢の地形、斜面が確認できたのでスキーを付けて、上部が凍っているリスクがあるので右岸尾根に逃げて、雷鳥沢にドロップ!20141120132913時半、視界がどんどん良くなります。201411201330雷鳥沢は雪の深さは問題ないのですが高度を下げると雪がどんどん重くなります。モナカ雪の雷鳥沢を抜けて14時に称名川のトラバース地点で遅いランチ、剱沢を滑って剱を見ながら食べるはずの温かいラーメンをいただきました。20141120140テント村を見ながらシールで雷鳥荘までひと登り、雷鳥荘でKGWVの大きなザックを背負った女子6人と遭遇。スキーを履かないのでどうしたのかなと尋ねたら初めてのスキーを背負った一年生を交えているとのことでした。確かにあの重量のザックでは転んだらもう起き上がれないもの、がんばれ!201411201445風も止んで穏やかになってきました。201411201525夕暮れの景色が穏やかな大日岳を浮かび上がらせます。2014112015futari剱御前の寒風でまた凍傷がぶり返したクマの指先のため前半の写真はありません。さあ、ゆっくり温泉に浸かりましょ。
11月21日(金)快晴 温泉に浸かり、美味しい朝食をいただき、荷物を整理して、お宿を引き払います。この青空ですもの、今日は雄山を目指します。201411219futari途中の岩陰に不要な大ザックをデポ。さあ身軽になってシールで登って行きます。10時30分一乗越に到着、この直前に斜面が凍っていてスキーを外して担ぎ上げました。201411211035
暖かな陽だまりでアイゼンを装着。スキーはデポ。12時15分雄山神社に到着、久しぶりのアイゼンワークが馴染んできます。360℃の展望!西に延びる笠が岳への釣り尾根の向こうに御岳山がはっきりと噴煙を上げています。201411211215南アルプス、八ヶ岳の向こうに富士山もくっきりと。3003m雄山神社奥社まで登り、201411211220アイゼンを利かせて降りていきます。社務所横でアンパンと暑いココアを飲み、さあ降りましょ201411211244
急な岩混じりの凍った雪面がお昼を過ぎて少しゆるんでくれて楽になりました。20141121124511月半ば過ぎの3000mは冬山でした。一乗越でスキーに履き替え、さあドロップイン。気持ちの良い斜面を楽しんで、ターミナルへ。14時のバスに乗りました。20141121134015時過ぎに立山駅駐車場に戻り、スキー靴を脱いでほっとします。16時過ぎに富山駅近くのマンテンホテルにチェックイン。クマは初音に予約を取りに行ってくれました。展望風呂に入り、さあ、お楽しみの初音です。久しぶりのお母ちゃんにご挨拶、素敵な笑顔で迎えてくださいました。2014112120180000蟹のおでんに大根。バイ貝にアオリイカ、シラエビのお刺身が絶品!刺身盛り合わせに30分かけてくださり、他のお客さんからタラの一夜干しあぶりをお裾分けしていただいたり。地元民がとても親切。ジェラは青さんと話し込んでいました。明日は青さんのご長男の結婚式とか、幸せのお裾分けをいただきました。来春の閉店までにもう一度来れたらいいなあ。白子の煮つけにご飯で〆。おいしかった!
11月22日(土)朝食後、富山の街に出て青さんのお店で鱒寿司を購入。はす向かいの小嶋屋で海産物(ギンダラの西京漬、ゲンゲの一夜干し、昆布巻き蒲鉾)を購入。なんと鱒寿司屋さんは朝6時半開店、海産物屋さんも8時半開店、富山の人は働きものです。酒屋さんで満寿泉純米酒を購入して車に積み込み、ジェラは大阪へ。私たちは神通川を遡って、神岡経由で安房トンネルへ、紅葉が残った気持ちの良い川沿いの道です。安房近くで雪の焼岳が輝いています。稲核で新蕎麦をいただき、途中で大信州の蔵元に寄り、蔵出し純米酒を購入。一昨年売店部ができて綺麗になりました。松本インターから中央高速に乗り、順調に海老名経由で茅ヶ崎、鎌倉に18時に帰りつきました。翌朝テレビで白馬村22時に震度7の地震で糸魚川線が不通と出ており、11月初めの海谷といい、今回といい、長野、新潟、富山にはお世話になっているので大丈夫かしらと知り合いに電話で安否確認しておりました。

|

« 晩秋の海谷山塊 駒ケ岳 海谷渓谷 | トップページ | イタリア・ドロミテ・スキーツアー »

コメント

コロちゃん様
コメントをありがとうございました。鎌倉を自転車で走り回っておりましたら、なんと2か月も山に入っていなくて、うずうずしております。今週末はお天気がよさそうなので山スキーに出かけようと思っています。今年もよろしくお願いいたします!70歳で剣とは素敵です、希望の星です!

投稿: 熊倉康世 | 2015年1月27日 (火) 10時46分

アカズ様
KWV34年卒西川です。前からうらやましいご夫婦、うらやましい若さ、うらやましい実力によだれをたらして拝見していました。老境を迎え、行かれない私の代わりに元気なお二人の情報が楽しみです、
立山初すべり、の後、どうしたの。どこえも行かない、なんてことかないでしょう?楽しみにしているバアチャンが居ること忘れないで。70歳の時、今井、丸茂両氏に守られて剱に登りました。私の誇りです。
思い出を反芻して生きてます。ウヒヒ トホホ

投稿: 西川加耶子 | 2015年1月26日 (月) 13時24分

やり様
コメントとありがとうございます!シマル会の方々のご活躍をジェラから聞いております。鍋割山の冬景色もいいですね。昨日は稲村から雪の富士山がよく見えておりました。2015年もよい年となりますように祈っております!
アカズ

投稿: アカズ | 2014年12月29日 (月) 21時14分

アカズ様
相変わらずお二人お揃いでご活躍の様子何よりです。立山初滑り素晴らしいですね。時折「アカズの山歩き」拝見しています。当方は昨日、恒例の40会年末ハイキングで
41年の久米夫婦も入り6人で、鍋割山へ登り鍋焼きうどんを食べて来ました。良い新年を。
                        武鑓

投稿: 武鑓 宰 | 2014年12月29日 (月) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立山初滑り:

« 晩秋の海谷山塊 駒ケ岳 海谷渓谷 | トップページ | イタリア・ドロミテ・スキーツアー »