« 奥秩父 滝川  | トップページ | 西丹沢 山伏峠~沖ビリ沢下降~水ノ木沢 »

2014年8月18日 (月)

奥秩父 鶏冠谷左俣遡行~鶏冠山~出合

2014年8月15日 M君、マリー、kai君と5人で盛夏の沢登りプランですが、目論んでいた恋ノ㑨川は前線が居座っているので中止にし、奥秩父の沢、鶏冠谷に方向転換。朝2時半起床、3時に鎌倉を出発し、茅ヶ崎から北上し海老名ICから圏央道、八王子JCから勝沼へ。朝食のバゲットサンドを頬張りながら集合地のみとみ道の駅に5時。圏央道が通じたおかげで2時間で来てしまいました。マリーが車から出てきてくれておはよう!荷分けして、6時に西沢渓谷駐車場へ。2泊分の食糧テントの重い荷物を持って西沢渓谷を歩きます。釣り橋を渡ったところで鶏冠山への道標のあるふみあとに分け入ります。10分ほどで河原に出て30分で出合に着いてしまいました。今日は足慣らしという事で、鶏冠谷に入ります。

出合手前にテントを張り、荷物をデポして、日帰り装備に沢用具を付けて出発です。7時40分、鶏冠谷出合1157mから入渓。2014815740少し暗い感じですが、次々に釜を持った小滝が出てきます。2014815750昨夜、雨が降ったのか結構な水量です。12mの魚留の滝を右から巻き、大岩の滝を越え飯盛沢と分けます。20148158008時40分。豪快なナメ滝です。2014815840奥の飯盛り沢です。一本立てていると太陽が出てきました。奥秩父にしてよかった!2014815840okunomesimorisawaナメが続き、ひたひたと登ったり、へつったり。20148159009時、20mの逆くの字の滝。上段右壁のつるつるのところを横並びに残置されたシュリンゲをつかみながら落ち口にトラバースする難しい場所。kai君が果敢に攻めます。私たちは左から巻きます。2014815905gyakukunoji9時半トイ状ナメ滝を越え、2014815930ナメは続きます。2014815935倒木を渡ったり、なかなか変化に富んでいます。20148159409時40分二股です。右俣は戸渡尾根に抜けるようです。2014815950migimata左俣を辿り、10時10分大岩の滝はぬめっているので右の岩を這ったり、つかんだり、kai君、M君にロープを出してもらいました。2014815101010mの滝二つは小さく巻きますがちょっとヒヤヒヤ。11時10分一ノ沢を分け、20148151110二ノ沢との出合。11時半にパンにチーズをかじります。M君はしっかり地図読み。20148151130三の沢を分けると水量が減りますが、小滝を越え、2014815114011時50分、ナメをひたひたとkai君201481511504段20m滝を巻き、トイ状の滝を越えると水量が落ち、美味しい水を汲んで、さあ詰めです。沢状の地形を拾って、傾斜を挙げ、最後は花の落ちたシャクナゲの藪をこぐとヤッター尾根2144mです。13時10分。20148151315木賊山経由にする意見もありましたが、300mも登りかえさなければいけないので岩峰を越える鶏冠山に挑戦。沢靴を脱ぎ、軽いシューズで、鶏冠尾根に踏み出します。しゃくなげの踏み跡をたどり、14時10分鶏冠山2115m頂上です。この手書き看板がなければ分からなかった。しゃくなげの藪から出ていらした単独行の方に遭遇。大変ですが、気を付けてとのお言葉をいただきました。20148151420ここからが木を掴んでモンキー下りしたり、岩稜地帯に入るのですが、頂上ではほっとしたのでした。第三岩稜は巻き、へつってきた第二岩稜を望めます。20148151535_2 kai君がルートファインディング。この下でも単独の方に遭遇。一人だと何があるかわからない岩峰に単独で来るとは?2014815153616時に1986mのピョコを越え、1965mの第一岩峰です。しっかりした鎖がかかっているのですが、降りなので足場が見えないくらいの垂直な第一岩稜でした。20148151610ここからも急な下りが待っており、木を掴んだり、岩を抱きしめたりして下って行きます。こんな穏やかなところは足にやさしい落ち葉帯です。この後もトラロープのある地崩れ帯を通過したり、ルートファインディングを強いられます。2014815163017時半に一本点てて、穏やかな尾根を下り、出合に18時半に戻りました。ヤッター!
薄昏の中でテントを立て、kai君はターフを張り、焚火を着け、さあビールを飲みましょ。宮津のオイルサーデンタマネギ和え、フランクフルトソーセージを焼きます。夏野菜のオリーブ炒めに各種カレー。20時過ぎには眠くなり、おやすみなさい。ところが夜半に雨が降ってきてなんだかなあ、シュラフが濡れてるなあ。外で寝ていたクマとkai君はどうしたかしら?
8月16日 晴れ あらまあ、エアマットに水が溜まり、池の中で寝ていました。それでも7時まで寝ていられたんだから。さあ、干しましょ。昨日は鶏冠谷と鶏冠尾根でお腹いっぱい。今日から東沢釜ノ沢を甲武信まで行くつもりだったのですが、今日はまったりいたしましょ。8時半に朝食です。マリーとM君のにゅうめん角煮入りです。2014816840東沢に入渓する人が次々と出合に渡ってきます。ガイド登山の人も見受けられ、40人は入渓したのではないかしら。さすが人気の釜ノ沢です。天気も不安定だし、また、次の機会に行きましょ。
ランチにはクマの釣った山女魚、アマゴをオイル焼きにし、マリーと摘んできたミズを味噌和えにいたしましょ。kai君の食糧大袋からアンチョビが出てきたのでオリーブオイルで炒め、にゅうめんに絡めます。なんとおつなお味!お酒が欲しくなります。カマンベールとナッツ入りパンで〆。さあ、帰りますか。乾いたシュラフやテントを撤収。西沢渓谷駐車場までまったりと歩き、みとみで果物野菜を購入。デラウェアが200円、とても美味しゅうございました。笛吹の湯で温泉に浸かっていると突然の驟雨。お盆休みで渋滞中の中央高速をどうしようと思案。ゆっくりとしてからと、少し戻ったイノブタ料理の店に17時前に突入。お鍋とBBQをお願いしました。〆の手打ちうどんが美味しかった。イノブタは普通の豚肉と変わらないかも。M君のサジェッションで中央道は避けて、車の通らない暗い大菩薩峠を越えて丹波山から奥多摩に出て、日の出ICから圏央道に入り、海老名から茅ヶ崎に出て渋滞もなく10時半に帰宅しました。メンバーに恵まれ、天気にも恵まれ、素晴らしい鶏冠谷山でした。

|

« 奥秩父 滝川  | トップページ | 西丹沢 山伏峠~沖ビリ沢下降~水ノ木沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥秩父 鶏冠谷左俣遡行~鶏冠山~出合:

« 奥秩父 滝川  | トップページ | 西丹沢 山伏峠~沖ビリ沢下降~水ノ木沢 »