« 6月の北海道山旅、川旅 | トップページ | 黒部ダム~平ノ小屋 »

2014年7月 2日 (水)

北海道の山旅 後半

2014.6.27 快晴 I君もオー君もジェラもみんな早起き。トモちゃんの美味しい朝ごはんをいただきます。今日でこの素晴らしい景色ともお別れです。庭の真ん中にあるのが銀色若葉のプンゲンストウヒBlue Spruce 二階の窓からの銀色の葉が綺麗です20146276507時にオー君はお仕事に出発なので私たちも次の裏大雪に向けて出発です。楽しかった3日間ありがとうございましたオークン、トモちゃん!2014627700朝靄の鹿追町を抜け、然別湖畔で休憩し、急なヘヤピンカーブをしっかり降りてきて糠平湖の北を通り、裏大雪の秘境に着くまでにランチのパンやガソリンを入れようと思ったのですが、真っ直ぐな道に原生林が広がるばかり。9時に北海道出身のKさんに薦められた高原温泉入口に着いてしまいました。ガソリンも持ちそうです。さあ林道に向かいましょ。10時前に大雪高原温泉に到着。改装したばかりでとてもきれいなお部屋です。可愛らしい係りの方におにぎりを作っていただけることになり、ヒグマ情報センターに登山届を提出し、ヒグマの情報を仕入れて10時半に白雲岳方面に向かいます。センターの若者が近いという沼めぐり右回りコースです。ヒグマが怖いので鈴を鳴らしながら大声でしゃべったりしていますと、水芭蕉の群落に出会います。20146271030ところが沢状の場所はどこもかしこもお化けのような群落です。温泉が煙を上げている地帯、結構な沢の増水している路を飛び石伝いに登ったり、急な下降をしたり、楽しい道です。こんなクロユリに似ているお花を発見。でも蔓性です、ミヤマハンショウヅル?20146271100雪溶け水の急流となった沢のほとりにリュキンカの大群落が咲き誇っています。2014627113011時半過ぎて稜線が見えてきました。もう雪の上を歩きます。わーまだ蕗の薹がある。さすが大雪です。雪だらけになってきました。がさごそ白雲避難小屋からの女性単独行と鉢合わせ。こんなにヒグマが生息しているところを一人でとは!ケロッとして「稜線にはチョウノスケソウも咲いていますよ」ですって。すごーい!2014627115012時に空沼に到着。雪渓歩きが続きます。20146271204氷山を浮かべた空沼は南極みたい。幻想的な水の色です。20146271205soranuma13時に三笠新道分岐の上でランチ。お宿のお握りが美味しい。温泉卵も美味しい。15時までに戻るようにとセンターに書いてあったので稜線に行くのは断念。20146271300沼の右回りに戻ります。赤布が立っているところに紅顔の青年が望遠鏡で雪渓を観察しています。お宿の人によると北大のヒグマ同好会の学生さんだそうです。さすが北大だなあ。学生沼の入り口のヒグマのような髭面の男性に、この大学はどこ?ときたら法政大学ですって?エゾ沼とか美しい緑沼とか土俵沼とか次々現れて、木道が浮いていたり、靴を濡らして15時に高原山荘に到着。早速木彫りのクマの顔からあふれている温泉に飛び込みました。まだ誰もいなくて一人でゆっくり泳ぎました。お宿には靴の乾燥室もあってとても親切です。20146271500上ってみると男子は外のベンチで生ビールに行者にんにくに味噌付けて食べてる。ポン菜も茹でてもらっておひたしにして食べてる。わーいいんだ!

夕食は冷酒大雪に数々のお菜が出てきます。ねまがりタケノコも天ぷらになってきました。熱々のアメマスの塩焼き。数えきれないほど出てきたのにすっかりいただきました。従業員さんも皆さん親切でとても気持ちの良いお宿でした。今日はギターがないので早めにおやすみなさい。
6月28日(土) ジェラが富良野を見たいというのでラベンダー目指して出発。層雲峡にもガソリンスタンドはない。上川の入り口でスタンド発見。直売所もあったので覗いてみると朝どれのアスパラガスがおいしそう。今晩帰るのだし、お話しすると保冷剤でくるんでくださいました。親切!ここの自家製プリンでおやつにします。旭川を抜け、富良野を目指します。大雪山をぐるっと回ってますねえ。牧場のやっている富良野バーガーでお昼とします。自家製ソーセージに新じゃがのフリット付きのハンバーガーはどうやって食べるの?たっぷりの野菜とジューシーなハンバーグでした。さあ満腹になったし、運転も交代して、新千歳を目指しますか。でもやはり夕張メロンでしょ。夕張メロードに到着。I君がメロンをご馳走してくれました。ありがと!美味しかった。拓ちゃんはイクミに箱入りを購入。寧々を預かってくれているのですもの。17時にレンタカーを返し、空港へ。空港で賄丼を食べて、お土産買って一路羽田へ。楽しかった5日間でした。中身が濃すぎてあっという間に過ぎてしまいました。みんなありがとう!

|

« 6月の北海道山旅、川旅 | トップページ | 黒部ダム~平ノ小屋 »

コメント

うらやましーーーーージェラもよく時間がつくれますねーーこちらは相変わらず年中無休事務処理におわれています、ダブルビジネスはもう限界、いくら処理してもなくなりません。65になって人生一番忙しいように感じますそのわりには相変わらずもうかりませんなー

投稿: 舛田外志雄 | 2014年7月19日 (土) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の山旅 後半:

« 6月の北海道山旅、川旅 | トップページ | 黒部ダム~平ノ小屋 »