« 北海道の山旅 後半 | トップページ | 平ノ小屋~針ノ木谷 »

2014年7月31日 (木)

黒部ダム~平ノ小屋

2014年7月25日 快晴 2時起床、2時半鎌倉を出発。圏央道の海老名を目指して、横浜新道から狩場で16号線に入り、3時に町田横浜ICから東名に、海老名で圏央道、八王子で中央高速に3時半に乗りました。相模湖まで下の道で来るより早かった。安曇野ICで長野道を降り、扇沢へ、手前の柏原新道入口にはたくさんの車が駐車している。ポチャさんたちはいないかなあ?見当たらないので扇沢駐車場へ。まだ6時なのでここは空いていたので一番登山道に近いところに駐車。鎌倉に比べとても涼しい。2泊のザックはかなり重たい。身支度して7時半の始発トロリーバスに乗り込む。一人1540円。混み合っており、入り口に立ったままですが15分ぐらいなので我慢。
長い通路を通り、展望台への階段を重い靴とザックでゆっくり上りました。ダムの放水

2014725750気持ちの良い朝です。さあ湖畔の道をロッジ黒四方面へ8時半出発。観光船乗り場を過ぎて深い谷にかかるかんぱ谷橋を渡ります。2014725830ロッジくろよんは大きな建物ですが、まだ朝早いので人気がありません。降っていくとタンボ沢に出ました。これが去年6月にスキーで滑ったタンポ平に続いています。2014725900tanbo河原には撫子が沢山咲いています。熊本から来たおじさんが河原で荷物をまとめていらして九州の撫子は赤いのだけどなあと。雲の平から赤牛岳を降りていらして、昨日の奥黒部からは大雨で大変だったそうです。30食分の荷を背負っての北アルプス縦走を果たし、九州おじさんは精悍に大きなザックでダムへと下って行きました。2014725905クマは流れ込みのところまで行き、早速、竿を出しました。ヤッター初の黒部岩魚です。小さいのが遊んでくれたようですが、型の良い一匹だけ蕗の葉にくるんで持ち帰ります。2014725920iwanaさあまだ先は長いので重いザックを背負っていきましょう。10時過ぎると暑くなり、湖からの風に誘われます。湖に不思議な円盤の流木が浮いています。2014725101512時過ぎると猛暑となり、、梯子がかかるアップダウンが応えます。こんな木の根のトンネルも越えていきます。20147251230えー!また長い梯子です。毎年この道のメンテナンスをされる方のご苦労がしのばれます。汗も出し切ってしまいました。2014725124513時過ぎに中ノ谷に到着。暑い河原ですが、日陰を見つけてザックをおろし、クマは竿を振ります。対岸に針ノ木岳がかっこいい!ここでフライの釣り人と遭遇、平ノ小屋に連泊していらっしゃる方でした。クマの竿にはかかりませんでした。20147251330nakanotani2時前に平ノ小屋に出ました。ホリさんがもう五色が原から降りていらして、外のベンチで憩っていらっしゃいました。岩魚をオイル焼きにしながらビールで乾杯。すると小屋の方がクラッカーにチーズとトマトのカナッペを持ってきてくださいました。親切。柴犬のモモがはしゃぎまわっていました。今日の泊りは先ほどの釣り師と私たち3人だけでした。小屋の佐伯さんと夕食後にのんびりお話しできてとても和みました。先代はまだダムができる前から小屋をやっていらして吊り橋があり、小屋の河原には温泉が湧いていたそうです。湖は2月には氷結して2Mの厚さの氷になりその上に雪が積もり、関電の人は歩いて渡ったそうです。その案内人として先代はどこが温泉が湧いていて氷が薄くなっているか熟知していらしたそう。塩の道として芦峅からザラ峠、船窪を通る道が牛車の通る明治時代の有料道路だったとか。面白いお話に時を忘れました。佐伯名人の毛鉤です。2014725194020時に私はダウン、おやすみなさい。

|

« 北海道の山旅 後半 | トップページ | 平ノ小屋~針ノ木谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒部ダム~平ノ小屋:

« 北海道の山旅 後半 | トップページ | 平ノ小屋~針ノ木谷 »