« 葛葉川本谷遡行 | トップページ | 北海道の山旅 後半 »

2014年7月 1日 (火)

6月の北海道山旅、川旅

2014年6月24日~28日 初夏の北海道に遊びました。

6月24日曇りの鎌倉を8時過ぎに出て、羽田へ。10時前に羽田に着き、S君、拓夫、ジェラにおはよう!5人で初めてのLCCskymarkに乗り込みました。予定を15分遅れて飛び立ち、快晴の新千歳に13時に到着。6月の北海道は初めてです。隣の道産子のご婦人が6月の美味しいものは蝦蛄と夕張メロンと教えてくださいました。空港内のラーメン道場で蝦そばを食べたかったのですが長蛇の列。旭川ラーメンをいただきました。
重いザックを背負って空港外のレンタカー送迎バスへ。14時にレンタカーを28日まで借りて22100円。ピンスケ手配に感謝。千歳東から高速に乗り、東に向かいます。途中で降りたサービスエリアは小さかったので買い物はできません。まっすぐな道もつまらないのでトマムで降りて、国道に出ます。トマムスキーリゾートは原生林の中に高層ホテル群が4棟立っていてちょっと異次元の世界。丘を越え長い上りを登りきると狩勝峠でした。ここの展望台から十勝平野が見渡せます。16時半に新得の街に出てスーパーで買い物。17時にオー君の家に到着、オークンとトモちゃんが笑顔で迎えてくれました。2014626okunhouse緑あふれる家にシャクナゲ、白バラ、黄バラ、オダマキが色とりどりに咲いています。20146241800オークン手作りの垂れ幕がうれしい!せっかくシュラフを背負ってきたのですが、トモちゃんが寝具をしつらえてくれていました。ありがとうございます!20146241745
お庭に手作りの五右衛門風呂があり、S君は早速入ってご満悦。でも煙かったそう。20146241930goemon
夕食は歩いて名物ジンギスカン屈足平和園へ。ここのジンギスカンが美味しいのです。夕暮れのトムラウシ方面を眺めながら帰宅し、薪ストーブのある居間でギターと山の歌。オークンの高田渡の「自転車に乗って」は聴きごたえがありました。
6月25日(水)快晴 みんな早起きで、6時には朝食を食べています。トモちゃんの美味しいサラダと卵とパンに美味しいコーヒー。私もしっかりいただきました。今日は日高を見晴らせる伏見岳登山。7時にオークン車で出発し、8時過ぎに登山口(719m)に。8時半に登山開始。2014625830駐車場にはミニバスに運転手さんが残っていて10人の登山者が1時間前に登って行ったそうです。7時間もここで待つそう。ストレッチをしてまずは沢沿いに歩いて次は1時間の急登です。ようやくなだらかなトドマツの尾根に出るとゴゼンタチバナの群落です。S君写真2014625gozentatibana
10時過ぎにまた急な登り。ネマガリダケやダケカンバの林の中に何とシラネアオイが!巻機山の麓で6月に見て以来のシラネアオイの花です。白や紫がかったもの少しづつ色が違うシラネアオイが次々に現れて楽しませてくれます。2014625siraneaoiキバナウツギも群落で咲いています。立派な木々の名前をオークンが教えてくれます。2014625miyamautugi急な登りの次は尾根歩きになり、歩きやすい山道です。1600m過ぎるとハイマツの向こうにナナカマドの白い花が満開です。2014625nanakamado下を見るミヤマエンレイソウが咲いていました。2014625miyamaenreisou11時40分に伏見岳山頂1792mに。先行の10名の方々の中にオー君の知り合いが。201426251140
カールを抱く幌別岳が雲の合間に見えています。右手がヒパイロ岳。日高の山々はかっこいい。
201462512horobetuパンにオー君の美味しいチーズを挟んでランチ。ミニトマトを齧って、12時半さあ下山です。花々を眺めながら快調に飛ばし、10人の方々に譲っていただくともうトマの滝見です。15時に登山口におりました。高低差1100mを5名快調に上り下りし、林道途中のニタナイ川でクマとオークンが釣りに降りましたが、釣果なし。さあ、芽室の温泉に浸かって汗を流しましょ。芽室のスーパーで清水産のアスパラや大蒜の芽、BBQの食材を仕入れてオークンの家へ。苫小牧に行っていた卓も北寄貝を抱えて帰ってお庭でBBQ。20146251900bbq夜は更けて又居間に入り、ギターと歌の楽しいひと時でした。
6月26日(木)快晴、朝靄の中を十勝川カヌーの日です。早起きのみんなと6時過ぎに朝食をいただき、8時にカヌーをオークン車に積みいざ出発。2014626800十勝川は大きく、蛇行してオークンが知っている車を着けられるところまで20分ほど走らせて、さあ、まずは私と拓が乗り込みます。8時半スタート。2014626830start朝靄が晴れないのでまだ肌寒い。ゆったりと水の流れに乗ります。2014626835が、流れの速いところで波に突っ込み頭から水の洗礼。あらまあお尻まで濡れちゃった。2014626916
9時に橋が見えてきました。アーやっと着替えができるかなと思ったら高速道路の橋でもっと先だそうです。オールをこがないと寒いのです。9時20分次の橋に仲間を発見。さあ上がりましょ。2014626918ところが端まで藪漕ぎが結構大変。大きな蕗につかまって橋の上まで行くと誰もいません。えー!みんなどこ?橋から50m先の河原にみんながいます。拓ちゃんが一人でそこまで漕いで行ったようです。先に降りてしまってごめんなさい。もう二人とも全身ぶるぶる震えているので、川はここまでにして家に帰り、着替えます。さあ仕切り直して屈足湖へ。誰もいない湖にクマとジェラが漕ぎ出します。20146261045kuttari次はS君とオークンが漕ぎ出します。20146261100クマは釣りをしますが、何もかかりません。11時半に切り上げて車に積み込みます。お昼は名物新得蕎麦の館へ。20146261115お蕎麦も美味しかったし、豚丼もなかなかおいしい。北海道のお米は美味しいのです。おうちに帰り、クマはハンモックでお昼寝。みんなも家の中で静かにお昼寝。夕方、S君は帰京し、オークンとクマは佐幌川に釣りに行き、新得の駅にI君を迎えに行きます。19時にI君を迎え、アメマスを釣ってきた二人は満足そう。さあ夕焼けの中を平和園にお散歩です。今晩はエゾシカのジンギスカンに地鶏の塩焼きも食べてみます。うーんここのジンギスカンは全て美味しい!オークンの家でまたまたギターと歌の夕べです。I君のバーボンも美味しく夜は更けていきました。つづく

|

« 葛葉川本谷遡行 | トップページ | 北海道の山旅 後半 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月の北海道山旅、川旅:

« 葛葉川本谷遡行 | トップページ | 北海道の山旅 後半 »