« 雲の中の立山スキー | トップページ | 6月の北海道山旅、川旅 »

2014年6月18日 (水)

葛葉川本谷遡行

2014年5月17日 快晴 日帰りプランの一環として葛葉川本谷プランのリーダーをクマが担当。サブ、トップはI君、メンバーは6名。上は78歳から50代までバラエティーに富んでいます。

葛葉の泉に9時集合。新緑の中を入渓。Kuzuhanyuukei903
この日のために沢靴をあつらえた方も、初入渓。まずはフェルト底のフリクションをしっかりつかんでもらうため小滝の直登。Kotaki9125月の水はさほど冷たくありません。9時半、幅広滝。Habahirotaki933快調に滝を直登。Takichokuto938林道に出会う前の二段曲がり滝。Rinndoumaetakichokuto101510時20分林道を越えて、まだまだ滝は続きます。11時過ぎると水量も減って11時15分詰め近くになる。Tsumechikaku1116詰めあがり地点、完全装備のメット隊。Tsumeagari1141mettotai同じく詰めあがり地点、余裕たっぷりの最年長IさんとSL。Tsumeagari1141iwatasanslガレ沢から踏み跡をたどって主尾根に取り付き、三の塔へ。沢中ではみんな元気だったのが、水が無くなるとガス欠になる人も。三の塔には13時前に全員で到着。記念写真です。Sannnotou1310アカズ隊が登った道を下って葛葉の泉に2時半到着。滝沢園のBC地に2台の車で向かい、ビールで乾杯しました。コンパクトな沢ながら直登を楽しめる滝も多い葛葉川、無事終了してホッとしました。クマ。

|

« 雲の中の立山スキー | トップページ | 6月の北海道山旅、川旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葛葉川本谷遡行:

« 雲の中の立山スキー | トップページ | 6月の北海道山旅、川旅 »