« 新年初滑り 前武尊山から十二沢 | トップページ | モンブランを眺めてスキーツアー »

2014年3月18日 (火)

グリンデルワルト アイガーを眺めてスキーツアー

2014.3.4 快晴 鎌倉を6時に出発、成田USA駐車場に7時半到着。8時に空港集合場所へ。KWVOB・OG13名が揃い、11時15分スイス航空でチューリッヒへ。16時にチューリッヒから車でグリンデルワルトへ。19時半グリンデルワルトに到着。

ベルナー・オーバーラント山群の山岳・スキーリゾートの中心地グリンテルワルトは標高1034m、メインストリートのホテルから少し歩いてアイガーホテルのレストランで夕食に。まずはビールとスイスワインで乾杯、コルドンブルーとして間にドライトマトなどが入ったシュニッチェルをいただく。ちょっとしょっぱいかな?スイスワインは美味しい。
旅支度を解いてお休みなさい。
2014.3.5 曇り 6時起床 ホテルグリンデルワルトの部屋から正面にアイガー北壁がそそり立っているのを見て感激!昨夜に粉雪が降ったようです。写真はシュッレクホルン。201435700grindelwald8時朝食、黒パンもライ麦パンも、ハム、チーズも美味しい!ミルクがもっと美味しいといいのに。これは長期保存用ではないかなあ?
9時に日本語観光協会で3日券を購入。201435830station 9時45分登山電車でクライネシャイデックへ。ここからリフトでアイガーグレッチャーに登る。最初は足慣らしでゲレンデを滑り、次はアイガー北壁真下へ滑り込む非圧雪地帯へ。雪が軽くて楽しい。写真の後ろを滑りました。
201435kleine_scheideggお昼は12時に クライネシャイデックのレストランでランチ。サラダとカレー。隣の大きなバナナパッフェを食べていた女性二人は最初はドイツ語途中からフランス語に変わったので話しかけると、ストラスブルクからのフランス人で私がパトリシア・カースの歌が好きだと話すと、彼女は隣町の出身だそう。久しぶりのフランス語が通じてうれしいな。
13時 ウェンゲンまで滑り降ります。可愛らしい村、ゆっくり歩いてみたいところです。ロープウェイでメンリヒェンに登り、遥か彼方に見えるグリンデルワルトまで滑ります。2014351400川を渡って、バス乗り場へ。バスで15時半にホテルに帰還。
17時からポトフーを作り、シャンピニオンのバター炒め、マッシュのサラダ。その上、明太子の軍艦巻き、しめ鯖、コハダの握りまでホリさんシェフに乾杯。
2014.3.6 快晴 7時起床 美味しい黒パンにハム、チーズ、卵にミルク、コーヒーの朝食。8時20分ホテル出発、8時39分の列車でクライネシャイデックからユングフラウ展望台へ。20143693010時05分 途中のアイガーをくりぬいたトンネルの窓から氷河が美しい。201436100510時半にユングフラウ展望台3454mに到着、メンヒ、ユングフラウをバックに47会の4人です。2014361045氷の回廊などを見学して、11時半にアイガーグレッチャー駅下車。レストランでランチ、ローストチキンにブロッコリ、米とパン。13時半スキーで下山。14時半Brendeggでコーヒータイム。アップルフリッターがなかなか出てこないよー!201436143015時40分スキーで滑り降りてバスでホテルへ。
COOPで買い物、キムチ鍋のミートボールを作る、チャプチェ、生ハムとレタスとアスパラガス。キムチうどん。
2014.3.7 快晴 ストレッチをしていると、もうトンベさん、おチエさん、モーコさんがツエルマットへ出発。8時美味しい朝食。
9時 Firstへ出発。テレキャビンに列が。なんと長いテレキャビンで羊飼いのシャーレを見ながら曲がったりして2168mのFirstに到着。リフトに乗り、前の人がリフト降場で転倒、なんとはじめてスキーをするインド人でした。Oberjoch2500mから回転ポールの先の深雪地帯へ。ジェラとクマと3人のシュプールが揃いました。また、リフトでOberjochに、ここからスキーを担いで稜線まで上がります。素晴らしい景色が広がります。向こう側には湖が見え、インターラーケンの街かなあ?2014371050私たちの前にシールで登って行った人が先の鑓の穂に登っています。見えますか?2014371055若いスイス人も登ってきて先にゴー。さあクマが、ジェラが飛び出します。2014371110シュプールが描けたかしら。気持ちの良い斜面でした。11時30分にFirstのテラスでランチ。ビール、ハンバーガー、フリット&ソーセージ。12時半に滑り降り、Bort1570mからテレキャビンでグリンデルワルトへ。
夕食はマッシュのお浸し、インゲン胡麻和え、アスパラのピーナッツ和え、高野豆腐の卵とじ、炊き込みご飯、鑓さんと藍ちゃんのイチゴとマンゴー。
2014.3.8 快晴 美味しい朝食を食べて9時にタクシーでシルトホルンに出発。谷あいの村々が可愛いらしく教会も独特です、途中の踏切には見張りの塔が。40分ほどで谷あいのシュッテヘルベルク932mに到着。ここからミューレン1634mを経由してシルトホルン2971mまでのロープウェイは7千メートルにも渡るそうです。10時に最初のロープウェイに乗り11時予約にぎりぎりシルトホルン山頂の回転レストラン「ピッツ・グロリア」に到着。早速ソーセージ、ジャガイモ、サラダ、ビールをいただきます。50分で一回りして、アイガーメンヒ、ユングフラウ三山をはじめベルナー・オーバーラント山群が360度展望できました。
201438114513時にスキー支度してstart inferno地獄の出発から滑り出します。目の前にアイガー、メンヒ、ユングフラウ。。。。。どうしましょう、このスケール。201438130510番から11番へと長いトラバースをびゅんびゅん滑って、アラ誰もいない。何処で見過ごしてしまったのかしら?困ったなあとしばらく待っていると髪の毛の黒い人たちが10人来ました。あーよかった。合流して滑っていくと、重い雪もなんのその金髪母子が林の中を滑っていきます。いいなあ。14時30分ミューレンに到着。駅前Cafeでコーヒータイム。おチエさんたちとも合流してロープウェイで下山。シュッテヘルブルクからバス、ラウターブルンネンから登山電車で、ヤギや極彩色の鶏のいる農家の庭を見ながら帰りました。
18時からアペリティフに(陛下のイースター卵)サラダ・アボカド・シャンピニオンのアチャ。小腹を満たしてからご近所のJardin Jasmminで中華料理。なんと紹興酒が70スイスフランもするのです。もちろんビールだけにしました。
2014,3,9 快晴 グリンデルワルトとお別れの日です。朝食前に教会まで散歩しました。お墓の自然石が純朴で雰囲気がありました。2014397009時半、スキー板用の連結ワゴン付きの大型車で出発。Thunersee湖畔を通って、12時にローザンヌ着。予約してあったイタリアンLa Nonnaで昼食、季節のアスパラガスと生ハムの前菜、ピザ、ラザーニア、ペンネと大量で食べきれません。お持ち帰りにしていただきました。また車に乗り、ベルンも過ぎ、ようやく夕方にシャモニーに入りましたが裏道が狭くてワゴンを外したり、はめたりして17時にシャレーViperに到着。ローズエと彼が笑顔で迎えてくれました。夕食はシャンピニオンのスープとパスタボロネーズ。あらまあ、またパスタ!

|

« 新年初滑り 前武尊山から十二沢 | トップページ | モンブランを眺めてスキーツアー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリンデルワルト アイガーを眺めてスキーツアー:

« 新年初滑り 前武尊山から十二沢 | トップページ | モンブランを眺めてスキーツアー »