« アルジェンティエール氷河に山スキー | トップページ | 五月晴れの日帰りプラン 丹沢主尾根 »

2014年3月25日 (火)

巻機山スキー

2014.3.20 鎌倉は晴れ お墓参りをして、今日は移動だけなので山道具を積み込みお昼に出発。連休なので新横も環八も渋滞。16時過ぎにようやく関越道。途中群馬に入ると霙になり、新潟に入ると雪が吹雪に。湯沢塩沢間で車6台の大事故があり、湯沢から先は進入禁止に。18時から20時まで関越道に閉じ込められてしまいました。2月の大雪の時もそうですが、高速道路を出てから国道に入る信号機で大渋滞になっているのです。ガラ空きの17号線の信号のために関越トンネルまで渋滞していたのです。高速道路会社は閉鎖する時は警察と連携して国道進入をスムーズにするために交通整理すべきです。

湯沢から清水に向かうとどんどん雪が積もっていき、前の軽トラがお尻を振っています。頑張れ軽トラ!テールランプが支えです。ようやく清水に21時に着いて美味しい山菜尽くしの夕食をいただきバタンキュウ。
2014.3.21 雪のち曇り、時々晴れ 7時に美味しい朝食をいただき、テルモスにココアを入れて8時半に出発。スキー板を担いで集落の除雪終点まで登る。壁になった雪を登り、シールを付けて桜坂まで登る。9時過ぎに桜坂の下の橋716m。ここからラッキーにもシールの跡があるのでラッセル終了。井戸尾根を登ります。10時頃下からボーダーの単独校が登ってきます。10時半に上から元気な若者の声が聞こえます。まさかの遭遇、KWV現役の7人でした。昨日の吹雪の夜は二重稜線のブナ林の中で過ごしたそうです。その前の雨で濡れてしまったので寒かったと、でも1年生の女子も元気そうでいい笑顔でした。上田屋さんの山菜だらけ蕎麦で温まって行ってね。
201432210301000mを越えると急斜面になるがゆっくりとジグが切ってあるので楽です。11時に青空が広がりました。登川の向こうに太源太山がピラミッドを見せている。20143221100上州のマッターホルンと言われるだけはあります。雪の太源太山。2014322taigennta12時1400mの天狗岩を望むところまで来ました。青空は消えて雪がちらついてきました。
20143221210二重稜線のブナ林にテンバあり。尾根沿いの登って13時にニセ巻機の下の広い雪原で先行者5人パーティに遭遇。ラッセルのお礼を言うと、もう一人先行者がいたそうです。彼らはここから滑るようです。私たちはニセ巻機山までと思い、登りますが、雲の中に入っていき、ついに1800mで終了。シールを剥がしてさあ滑降と準備をしている間にホワイトアウト。止まっているのかどのぐらいの斜度なのかわからなくなり、気持ち悪い。下に降りていくとようやくガスが晴れ、気持ちの良い新雪の滑降です。20143221300パウダーではないのですが、それほど重い雪でもありません、ヤッホー!20143221305あっという間に割引沢との出会いの雪原に出てしまいました。20143221306桜坂の橋でおはぎを食べていると、先に滑って行かれた5人パーティが到着です。沢沿いではなく橋をまっすぐに行かれるのでどこに行くのですか?すぐ上の東大ワンゲルの小屋に泊まっているOBさんたちでした。私たちは沢沿いから林道に滑り降り、14時過ぎに上田屋さんへ。お着かえさせてもらい、山ウドでお茶をいただき、おばあちゃんに別れを告げました。湯沢の駒子の湯で体を伸ばして、さあ帰りましょ。関越は連休で混雑していましたが、止まることはなくゆっくりと流れていました。思いがけずに3月末に新雪を楽しめた巻機山スキーでした。

|

« アルジェンティエール氷河に山スキー | トップページ | 五月晴れの日帰りプラン 丹沢主尾根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巻機山スキー:

« アルジェンティエール氷河に山スキー | トップページ | 五月晴れの日帰りプラン 丹沢主尾根 »