« 雪の塔ノ岳、新大日周回 | トップページ | グリンデルワルト アイガーを眺めてスキーツアー »

2014年1月18日 (土)

新年初滑り 前武尊山から十二沢

2014年1月16日 快晴 満月の朝6時に鎌倉出発。チョボを7時に経堂でピックアップ。

新年おめでとう、今年もよろしくお願いします!とH氏にご挨拶。
関越道に入り、沼田に9時半。新しい椎坂トンネルが開通していたので、峠を越えずに直進できる。10時過ぎに星亭到着、コーヒーで迎えてくださる。山スキー装備に着替えて前武尊に出発。チョボは新しいスキー一式なのでゲレンデ前でチェック。リフトを4本乗り継いで1828mのリフト頂上へ12時過ぎに到着。チョボのdynafitの前ビンディングの歩行モードで上にあげる部分がカチッと止まらない。最初の急登で板が外れてしまった。リフト横でビンディングの調整。無事歩き始めて、尾根に出ると風が強くなる。雲も出てきて下界が霞んでいる。板が軽くなったので歩行も楽かも。お腹が空いてきたので途中でクルミっこと熱いココアを飲む。チョボはたくさん着過ぎて暑かったらしい。フリースを脱ぎました。20141161250
13時45分に前武尊山頂に到着。ヤマトタケルノミコトは全身が出ていました。12月にたくさん降ってからはさほど降雪がないらしいのです。20141161345でも気温が低いので素晴らしいパウダーです。チョボは昨シーズン珍しくスキーをしなかったのですが、新しいスキー板にもかかわらず危なげなく新雪に舞っています。20141161404ダケカンバの林が素敵な十二沢を落ちていきます。20141161415クマが十二沢左岸をうまくコース取りしてくれて、ロスなく林道に出ました。林道を交代で漕いで、橋に到着、シールを付けてゲレンデまで20分、人気のないゲレンデでシールを外して、ゲレンデを滑って、スキー学校の子供たちでにぎわう林道をすっ飛んで、星亭に16時に帰還。お風呂で温まり、老犬のラブラドールを撫でたり、本田のゴールを見たりするうちに夕食です。いつもの天ぷらに、アユの塩焼きにこんにゃくのお刺身が美味しかった、でも追加で出てきたビーフシチューは美味しそうだったのですが、もうおなかがくちくて残念ながら。何しろ大ご馳走でした。21時にはバタンキュウ。
1月17日 快晴 前武尊も行ってしまったし、チョボの足慣らしもあるので、今日は川場スキー場から山スキーができるところを偵察することに。朝食のお味噌汁、尾瀬納豆に卵が美味しいの。またまた食べすぎです。9時に星亭にお別れして、10時に川場スキー場へ。田園プラザから北へ川場方面に入り、途中富士山の湯を見ながら登っていくと突然立体駐車場がそびえています。4階に誘導され、駐車し、スキー装備を整えて7階のリフト券売り場へ。ムラサキスポーツとかあり、ホテルの中みたい。リフトを2回乗りついで剣が峰に近い最高部へ。ここから登るとなるとかなりの斜面で、目立ちます。登山届も出していないので、ここは諦め途中から林の中へ、結構楽しめます。今度はツアーコースをきちんと下調べをして来ましょう。もう一回西峰までリフトに乗り、林の中を滑ると登山道の標識が。ここももっと面白いラインが取れるかもしれません。2014117130113時過ぎにスキー板を外し、帰宅の途に。チョボ楽しいスキーツアーをありがとう!

|

« 雪の塔ノ岳、新大日周回 | トップページ | グリンデルワルト アイガーを眺めてスキーツアー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年初滑り 前武尊山から十二沢:

« 雪の塔ノ岳、新大日周回 | トップページ | グリンデルワルト アイガーを眺めてスキーツアー »