« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

雪の塔ノ岳、新大日周回

2013.12.30 丹沢に雪が付いたようなので出かけてみようと、朝5時半起床、6時半鎌倉を出発、茅ヶ崎きあたりから朝焼けの富士山が美しく輝き、日の出です。気温は-2度。

7時半に二宮、北上して菩提から戸沢に向かいます。途中の林道の水たまりは凍っています。戸沢山荘前の河原の駐車場に8時半、車が4台停まっています。久しぶりの冬山靴にスパッツ、ザックにはアイゼンも入っています。
スキー手袋もはめ、上着も着たまま出発します。出ている顔、鼻が冷たいよ~!
天神尾根を登って行きますが急登が続きます。だんだん暑くなって、手袋を脱ぎ、上着を脱ぎ、9時半には分岐手前で一本。1時間で500m登ったのでした。
ここからは大倉からの登山者がちらほら、花立山荘でココアとクッキーをいただく。もう陽が燦々と照り、風もなく富士山が美しく屹立しています。標高1000mから雪道となりますが、凍ってもいないのでアイゼンは付けずに登って、10時45分塔ノ岳山頂です。
富士山の右横には南アルプスが並び、その横には八ヶ岳の雪が見えています。201312301115南には大島を浮かべた相模灘です。
201312301055もうおなかペコペコ、おにぎりを頬張り、柿を齧って、う~ん美味しい!頂上でISIKRAくんがいないかなあと探したのですが?ゆっくり景色を楽しんで11時45分新大日に向けて出発。雪の尾根道は歩きやすいかも、しっかりした山靴は雪にも楽チンです。201312301200
政次郎尾根は静かで、小鳥たちの声が響いています。杉木立の中に入ると日が陰って寒いくらい、ほてった頬に沢風が気持ちよい。13時半駐車場着。途中の竜神の泉でお水を汲み、汚れた靴を洗わせていただきました。
秦野JAショップでお野菜、果物を購入して、帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

神楽初滑り

2013年12月16日(月)

車もスタッドレスに替えたし、新しい山スキーグッズに慣れようと、神楽スキー場に向かいます。
朝5時起床、5時45分鎌倉を出発。第三京浜6時半に朝日が昇ってきます。20131217kagura1順調に環八を通り、関越道に乗り、赤城高原からチェーン規制、月夜野ICで降り、雪景色の17号線で三国峠を越えます。新潟に入った途端に雪が横殴り。そろそろと神楽スキー場に向かい、スキー場横の10時過ぎにエルブロンネに投宿。部屋で着替えて、2日リフト券を購入してロープウェー乗り場へ送っていただきます。山頂の気温は-7度、風が強いので高速リストは止まっているので、今日はゲレンデで足慣らし。山頂駅から第一ロマンスリフトのみの運行なので、風と雪に吹かれながら登って行きます。指の先がジンジンします。羽毛服まで着ているます。さあ初滑り、わあー!ふわふわパウダーです。まだ圧雪していないバーンが残っています。なんだかdynafitの板は扱いやすいです。軽いので持ち運びも楽です。でもリユーシュが付けにくいので割愛。何とかせねば。何本か滑って、和田小屋で遅いランチ、若い人が一杯です。濡れたものは乾燥ボックスで乾かせました、スマホ用の充電器も置いてあるし便利になりました。何本か滑るとスキー靴があたって土踏まずの上が圧迫されてもうやめたい。これは何とかせねば。山麓駅からの下山コースは閉鎖中。残念ながらロープウェーで戻りました。
12月17日(火)曇り、風はやんで雪も降っていません。これは神楽に登らねば。お野菜一杯の朝食後、登山届をいただいて書き込み、持参します。あちこちに警告のポスターが貼ってあったのです。ところが山頂駅にポストがあるはずがありません。係員に聞いても知らないそのこと。困っているとゴンドラの係員が登山届を預かってくださることになりました。今日は高速リフトが動いているので、リフト終点でシールを張り、歩行モードにして出発。今日はヤッケの下はフリースも付けないほど暖かです。11時15分出発。誰も登っていないのでクマがプチラッセルして登って行きます。途中の雪のヒツジさんと。
20131217kagura240分ほどで第5リフトの終点駅1845mに到着。ここにも誰もいません。熱いココアとシュトレンをいただき、さあ出発。樹林帯を抜けるとガスっていて広い尾根から先が見えません。帰りも方向がわからなくなると困るので、赤布を最後の木に結びます。こんなに誰もいない尾根も久しぶり、あのミっちゃんたちとタケの送別スキーできて以来かなあ、あの時はもっと吹雪いてきて結構つらら状態でしたね。無理は禁物と次のポコまでにして、スキーモードに切り替えます。dynafitの靴のベロを外していたので装着に手間取りました。さあトレース通りに滑降です。昨日より雪が重たい感じです。20131217kagura3カメラを忘れたので滑っているところの写真はありません。これはiphonのカメラから転送しました。第5リフトまで滑り降りたら若者2人が登ってきました。この先は行かないで田代に滑るそうです。私たちはこのままトレースを少し滑り、田代方面を除くと美味しそうなバーンが待っています。ではここを落ちていきましょう!久しぶりの浮遊感、気持ちよく神楽と田代の連絡通路に出ました。クマはまだまだ滑りたいようです。私はやはり靴があたって締め付けられるので、バックルを緩めます。脱げちゃうかなあ、でも痛いよりいいかなあ。帰ったら石井に持って行って直してもらおうっと。少し田代を滑って神楽に戻り、山頂駅で登山届の係りの人に戻りましたと伝えて、ゲレンデの圧雪されていないとこを探しながら滑り降りました。14時にみつまた駐車場に戻り、着替えて沼田の川場田園プラザに向かい、お野菜やお餅を仕入れて、レストランkawabaでいつもの豚カツ御膳をいただき、大満足。さあ、帰りましょ。関越道も夕方の渋滞は終わっていて、環八も19時過ぎてスイスイ、途中で雪の汚れを洗車して21時に鎌倉に着きました。神楽の雪は最高でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

丹沢 蛭ヶ岳調査行

2013年12月6日

同期での丹沢プランが流れたので、せっかくの良い日和なので調査行に行くことにしました。蛭ヶ岳にはまだ登っていなかったので、去年11月号の岳人に掲載されて気になっていた早戸川から静かなブナ林の市原新道の道です。Photo
朝5時15分に鎌倉を出発、伊勢原で食料を仕入れ、6時半に宮ヶ瀬湖を渡るころに朝日が昇ってきました。2013126640早戸川沿いの釣りセンターを過ぎ林道を進み、魚留橋の手前、林道脇に駐車して、7時15分歩き始めます。2013126715まず、林道をショートカットした急登を登り、林道を進むと伝道に到着。早戸大滝方面の指導標に沿って山道を行くと、営林小屋が朽ちかけています。木橋も半分朽ちていたり、結構ひやひやしながら、1時間ほどで最初の渡渉です。やはり丸田橋は流されていました。濡れるのも冷たそうだし、あちこち探して、大岩に腰かけて次の岩に足を置き、クマに引っ張ってもらい何とか越えます。また、すぐに2回目の渡渉です。下の写真の岩伝いに渡りました。渡渉にはストックが役に立ちます。8時45分。2013126835渡ると、赤布に導かれて雷平に。ここで大滝方面と別れて、雷滝方面に行き、3回目の渡渉で原小屋沢を渡ります。もう飛ぶしかないとジャンプ!次からは沢靴を持ってきてゆっくり渡りましょうね。2013126910すぐに雷滝に出ます。9時15分2013126915
滝の反対側を見ると向こうに大きな蜂の巣が光っていました。びっくり!
2013126914さあ、ここからは急登です。途中にこんなかわいい道標が。2013126930大汗をかきながら登ると、丹沢には珍しいブナ林の尾根に出ます。静かで、小鳥のさえずりしか聞こえません。10時15分20131261015太い尾根なので迷いそうになると赤布があり、助かりますが、植生保護の柵が新しく作られていていく手を遮ります。赤布が柵の中に入っちゃってるよ。私たちはどこ歩くのかなあ。柵に沿って登っていくと、オヤ、山荘の屋根が見えるではありませんか!11時15分頂上です。富士山が迎えてくれました。単独行の若者のいた山荘のベランダでランチです。温かいコーヒーが美味しいどす。若者は塔ノ岳から丹沢山、蛭から檜洞丸で玄倉に降りる馬蹄形をとっとこ歩いていきました。20131261115山荘の方に1月にまた、数人で泊めてくださいとご挨拶。この週末はたくさんの人なので1月のほうが静かですとのことでした。12時15分に丹沢山方面に向かい、鬼ヶ岩ノ頭に登ります。霜柱が溶けてグジャグジャ道を行き、頭の向こうから白馬尾根への踏み跡をブナ林の中、北斜面で溶けていない霜柱をサクサクと降ります。カヤトの原が気持ちいい。20131261255尾根が細くなったところで鹿柵から降りすぎて、登りかえして、鹿柵を潜り抜け、降りやすい仕事路をたどると雷平です。14時20分、また、渡渉です、ジャンプ!20131261420最後の渡渉は、難しかったのでクマが川に入っておんぶで渡してくれました。ありがと!次回は沢靴を交代ではいて、ゆっくり渡りましょうね。15時に伝道に着きました。20131261500次回は早戸大滝まで行って、滝の裏の道を上がり、不動の峰と丹沢山の中間鞍部に出る道も面白そうです。帰りは宮ヶ瀬のふれあい館に寄ってお野菜を購入して17時半に帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »