« 志賀一の瀬スキー合宿&鍋倉山スキー | トップページ | 3月の柄沢山スキー »

2013年3月26日 (火)

雪の丹沢 調査行

2013年3月5日(火) 天気が良さそうなので昨日急に丹沢の沢プラン調査行だと決定。朝5時に起床、6時出発。茅ケ崎を過ぎると雪の富士山に朝日があたって神々しい姿を拝めました。なんと丹沢もうっすらと雪をかぶっているではありませんか、昨夜の雨が上の方は雪だったのですね。広沢寺温泉から林道ゲートで駐車7時半。山神隧道を通ってうっすらと凍った道を不動尻へ。唐沢峠の先より沢プランの候補として考えた唐沢川上流、大山北尾根西沢の頭に突き上げる大ノ沢出会いまで偵察。9時15分唐沢峠への道2013359153月にこんな雪景色が丹沢で待っていてくれるなんて嬉しい限りです。氷のかけらが落ちてきます。201335933結構な登りで、唐沢峠に10時。滑るように源流部に降りていきます。2013351020源流部は長閑な明るい河原です。2013351030
クマは今シーズン初のヤマメにご挨拶。Oonosawa
大ノ沢は5月日帰りプランの集合時間を考えると無理のようなので断念する。唐沢峠の稜線に登り返して、三峰を回って不動尻経由で下っていくと、不動尻の上の広場に富士山ナンバーのワゴン車や軽トラックにミツマタを満載している人たちに遭遇。大磯で和紙を作っているそうです。ゲートを開けられたのだから公認の作業なのでしょう。丹沢にはいろんな人が入るのだなあ。











|

« 志賀一の瀬スキー合宿&鍋倉山スキー | トップページ | 3月の柄沢山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の丹沢 調査行:

« 志賀一の瀬スキー合宿&鍋倉山スキー | トップページ | 3月の柄沢山スキー »