« 雪の丹沢 調査行 | トップページ | 千畳敷カールから木曽駒ケ岳山スキー »

2013年3月26日 (火)

3月の柄沢山スキー

2013年3月24日(日) 鎌倉曇り、魚沼晴れの予報で念願の柄沢山(1900m)スキーに出かけました。Karasawayama_chizu


2万5千分の1地形図巻機山の一番南の山です。点線が登ったコース、実線が滑ったコースです。一昨年の4月にチョボと3人で稜線まで上がったのですが、雲の中で断念して降りてきています。今年は頂上を踏むぞとクマが燃えています。3時半起床で鎌倉を4時に出発。5時に練馬インターに着きました。3月9日にチビとオグナホタカスキー場に行ったときは関越道の大変な渋滞につかまったのですが、今回はスイスイ、関越トンネルを抜けると青空です。7時に塩沢インターを出ました。7時半に清水集落に着き、巻機山スキーの車20台が路上駐車しているのを尻目に新柄沢橋付近に5台ほど駐車してある隣に止める。支度をして8時に出発。雪の壁をヨイコラショと登り、柄沢川沿いに辿ります。もう暑いぐらいです。9時に堰堤に出て乗り越えて一本。昨日のものか沢山の踏み跡があります。2013324900快適にシールで登っていきますが、どういうわけか靴擦れができてしまい、参った。10時15分奥の二岐で若者二人が休んでいます。彼らと別れてデブリの出た沢筋を少し辿って右手の尾根に出ようと。20133241017尾根には木も生えているので安心かと思いましたが、風が強くてクラスト気味。11時15分左手で持っていたスキー板も重いし、平らな場所がないのでクラックの入った縁でアイゼンを装着してスキーを担ぎます。20133241110久しぶりのスキー担ぎで傾斜がある上、所々雪も固く、片手に持っていたウィペットのピックを突き刺しながら四つん這いでよじ登る場面もあり、私はかなり苦戦。12時15分まだ休みなく登っています。20133241115足が思うように上がりません。13時過ぎにようやく西尾根の稜線に出てスキーを下し、シールを利かせて登っていきます。13時半に頂上100m下で一本。私は足が攣りました。すぐに68番を飲み大量にポカリを飲みます。やはり休みながら飲み物やチョコレートでも入れておけばよかった。クマは周りの風景を説明してくれますが、私はそれどころではありません。

クマの顔の横が大源太山(上州マッターホルン)で遠くに仙ノ倉、平標、苗場山まで望めます。20133241330ゆっくりパンも頬張り、何とかシールで登ります、ついに14時15分頂上です。すぐ後ろに大烏帽子、朝日岳、その右手向こうに谷川本峰、一ノ倉から茂倉の吊り尾根が見えています。20133241415山頂はだだっ広い雪の原、山頂の標識はありません。後ろに米子頭、井戸尾根から続く巻機山牛ケ岳、クマの右手に越後駒、中ノ岳かな。無風快晴360度の展望です。20133241416そこへ単独行の女性が大きなザックで現れました。昨晩は巻機山直下でテント、避難小屋は埋もれていてわからなかったそうです。シールを外して彼女は檜倉山で今晩はもう一泊、大烏帽子から布引を越えて宝川へ降るそうです。スゴイ!内貼りのあるテントと三日分の食糧、予備食等かなりですもの。そこへ6人の若者が登ってきました。ボードとスキーの混成パーティです。平ケ岳、燧、至仏山、奥利根の山々も見えています。Ozenoyamayama
2時半滑降準備をして1809mとの鞍部を目指して北尾根にドロップイン。あらまあクラックが開いているじゃありませんか、慎重に降りましょ。20133241440広い尾根に出て、鞍部へ。鞍部から広大な斜面が続きます、快適な春の雪です。20133241445足が攣ったのも忘れて快適な滑りを楽しみます。15時15分あっという間に二股の下へ、正面の左斜面を滑降しました。20133241515下に降りるにつれ重くなった雪を何とかだましながら滑り降り、15時45分駐車場所へ。割引沢の天狗岩がきれいに見えています。20133241545
駐車している車の数からいえば今日の巻機山は50人以上の人が登っていたのでしょうか。それに比べれば静かな無木立バーンを持った柄沢山は山スキーヤーにとって素敵な山と認識いたしました。稜線の雪庇の崩落によって誘発される全層ブロック雪崩のデブリが不気味ですが。。。

夕方いつもの上田屋さんにお邪魔して、お風呂をいただき、山菜尽くしの夕食に日本酒も進み、満腹で、20時には眠りに就いてしまいました。翌日予定していた阿寺山は私の靴擦れがひどくて断念いたしました。


























|

« 雪の丹沢 調査行 | トップページ | 千畳敷カールから木曽駒ケ岳山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月の柄沢山スキー:

« 雪の丹沢 調査行 | トップページ | 千畳敷カールから木曽駒ケ岳山スキー »