« 新雪に輝く立山で初滑り | トップページ | 初冬の塔が岳 丹沢忘年会 »

2012年12月14日 (金)

新雪の木曽駒ケ岳を歩く

2012年12月3日快晴  前日の笹子トンネル天井崩壊で中央高速が通れないので、朝4時に134号線を海沿いに大磯まで走り、二宮秦野ICから東名で御殿場へ行き、うっすらと雪景色の富士の裾野を走り、富士五湖道路で御坂道に出て、一宮御坂ICで中央高速に乗りました。渋滞もなく順調に岡谷JCTを伊那谷に南下して、駒ヶ根ICに着いたのが7時半。菅の台駐車場(この先で一般車進入禁止になります)に止め、支度して、ロープウェイ行8時の始発バス。ここで40分のバス代金、ロープウェイ代金、ホテル代金一人12000円を支払います。20121203800バスは大田切川沿いの山岳道路でチェーンの音を響かせながら登っていきます。親切な運転手さんで崖の上にいるカモシカを教えてくれるために停車。長閑です。しらび平1661m9時10分発のロープウェイで一気に8分で2611mの千畳敷へ。ロープウェイからは南アルプスの山々が連なって見えました。登山届を提出して、アイゼンを装着して雪世界へ。20121203930久しぶりのアイゼン歩行です。米粒のような二人が稜線近くに取り付いているのが見えます。20121203955前方には千畳敷カールの上に宝剣岳2931mがそそり立ち、後方には南アルプスが美しい。20121203956ふかふかの雪とクラストしているところが混ざっています。あの岩と岩の間を目指します。201212031020最後の直登はかなりヒヤヒヤ。クラストしているところはアイゼンが効きますようにと祈っちゃいます。11時10分に稜線に出ました。201212031115素晴らしい景色です。中岳の先の駒ケ岳を目指します。201212031116風もなく、青空が広がって、両手に北アルプスと南アルプスを望み、宝剣岳から続く空木岳がかっこいい。201212031130春になったら格好の山スキーエリアとなる黒川方面を覗きながら、中岳を登り、鞍部の頂上小屋まで下ります。12時に駒ケ岳頂上。御嶽山をすぐ左にみて、乗鞍岳から北アルプスの峰々をバックに。201212031200今日の駒ケ岳は私たちと長野の方、新潟の方々の5人だけでした。御嶽山も滑れそうです。201212031203初めての中央アルプスですが、北も南も眺められて気持ちの良い稜線です。クマの手の下には南アルプスの間から聳えている富士山が映っています。201212031206少し風が出てきたので神社の陰で昼食、温かいミルクティで和みます。12時20分下山です。201212031220大きな尾根なので安心して軽快に宝剣と前山のコルまで帰ります。13時15分201212031315さあ、ここからが急斜面の下りです。やはりへっぴり腰になってしまう私。トラバースの時に谷足を下に向けるのがなかなか恐ろしいのです。15分ぐらいで難関クリア、ふかふか雪に出ました。201212031320前の方がシリコルートを付けてくださったので、私もお得意のシリコで下ります。わーいレールができた。20121203135013時50分まだまだ晴天は続いています。前方に南アルプスと富士山を眺めながらの雲上散歩です。201212031355千畳敷の看板をベンチにして、しばしの休憩。20121203141514時半、ホテルにチェックインして、お部屋からの駒ケ根の街灯りが見えるころ、甲斐駒が夕映えとなっていました。お風呂も広々と沸いており、このホテルにお客様は私たちと単独行の淡路島の方だけ。おーい節電しなくていいのと思ってしまう私が居ました。
201212031612
2012年12月4日 吹雪。ロープウェイが止まってしまうのではないかと心配しましたが、私たち二人を乗せて9時の始発はしらび平へ。雪も止み、山岳バスに乗り換えて菅の台へ。メインイベントのベイビーに会いに岐阜へ向かいました。


























































|

« 新雪に輝く立山で初滑り | トップページ | 初冬の塔が岳 丹沢忘年会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新雪の木曽駒ケ岳を歩く:

« 新雪に輝く立山で初滑り | トップページ | 初冬の塔が岳 丹沢忘年会 »