« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年12月30日 (日)

新雪の上州武尊

2012年12月26日 雪がずんずん積もっているという情報によると新潟方面はしばらく吹雪のようなので、群馬側の上州武尊で新雪のスキー練習をしようと鎌倉を4時半に出発。沼田ICを降りると路肩に雪が見え始めました。オットちらほら降っています、慎重に峠を越えてオグナホタカスキー場の民宿ぬく湯荘に着いたのが8時過ぎ。ご挨拶してスキー装備に着替え、スキー場へ。平日の雪の日なので第一駐車場に入れます。空いている。お宿から優待券をいただいたので一人分の二日券5000円で済みました。

さあ新雪だぞ、リフトに乗り込むと何と寒いこと、-10度以下になっていますぞ。指先がジンジンします。吹雪ではないのですが深々と降り続いています。視界はあるのですが、平らなのか斜面なのか、くらくらします。第6リフトトップからの新雪は最高!!上級者コースはどこも圧雪していないので、私たちには美味しい斜面がいっぱいです。なんという浮遊感、チョボに言われたようにストックを前に前にしっかりと回します。雪質はもうニセコと変わらない、膝下からさーっと雪煙が上がります。でもリフトにフードがないので指がジンジン、2本滑って、ハウスで休憩して暖を取らないと凍傷になりそう。クマはオーバー手袋に変更、ゴーグルで斜面が見えるようになりました。午後からも14時半まで滑って、温泉で暖まろうと15時に帰還。民宿街への道が除雪されていたので急坂を下りたのが間違いのもと。急カーブでエンジンブレーキだけでは心もとなくブレーキを踏んだとたんに真直ぐ滑って雪に突っ込みました。あらまあ、雪の山があってよかった、なかったら斜面を墜ちてたぞ。シャベルで雪かきしても傾いているので左車輪が空回り。扇沢の時と同じ状態だぞ。クマに車は任せて坂道をトットコ走ってお宿に救出を頼みに降ります。途中のカーブに熊除けの鐘がぶら下がっています。エーッ誰も人が通らないと思ったら熊が出るんだ。でももう冬眠してるよね、とスタコラ走ります。お宿の方にお願いすると「おじいちゃんショベルカー出して」と。エーどうなるの。80歳のおじいちゃんがお炬燵からよいしょと立ち上がり、アノラック着て外の車庫へ。一人用のショベルカーでかっこよく急坂をがーと登っていくので、私も後をハアハア登っていきます。私が着いたときにはもうショベルカーに太縄を付けてx-trailは救出されていました。ブレーキを踏まないようにローでゆっくりお宿に帰りました。お宿の広いお風呂に入り、イワナを囲炉裏で焼いていただき、鶏もも肉の煮込み、マッシュルームパイ乗せシチュー。手作りこんにゃくと大根の田楽、お漬物が美味しかった。そこにおじいちゃんが登場し、わしは80歳だが、どこにキノコが生えているか山菜の場所も教えて伝えていかなければと思っていると。昨年膝を怪我されてから足がうまく運べなくなったがそれまでは山を飛んで歩いていたとか。ありがとうございました。

12月27日快晴 こうなったら前穂高まで行かなくては。201212271120


9時のリフトに乗るともう圧雪車が入ってしまっています。

まだ新雪の残っているリフト横を一度滑ってからにしようと、新雪練習。

晴れているのに手がジンジンするのでまた、クマはオーバー手袋に変更。一度凍傷にかかるとその後も敏感になってしまうようです。

10時過ぎに第6リフトトップ。ここでシールを貼って凄いラッセル、クマがんばれ!Rimg0949尾根に出ると積雪はそれほどでもなくなりました。途中の見晴らし台から富士山が輝いています。赤城山も雪がついてかっこいい。11時15分に前武尊頂上。2月のころに比べるとまだ雪はこんなものです。武尊像が足元まで見えています。201212271115
家の串が輝いています。201212271117
クマは次のツアーの下見に家の串からのラインを探っています。谷川方面も雪に輝いています。今日は平標山も晴れているようです。温かいココアを飲んで、シールを外してさあ滑降です。今日の前武尊は私たちだけのようです。2012122712
雪もいいし、十二沢を林道まで降りることにしました。ヤッホー!201212271250
12時50分、途中の白根山が美しく見える林でランチです。BIGOのレーズンナッツパンにチーズを挟んでココアともぐもぐ。しばらく林の中を滑るともう林道です。新雪はもう滑らなくて下りラッセル。二番手の私は楽チンです。平らになって橋に出ました。ここでシールを貼って林道をゲレンデまで登ります。平日のゲレンデは空いています。駐車場で髭のおじさんに前武尊貸切スキーの報告をし、次回のスキーツアーに思いをはせてオグナホタカを後にしました。お正月のお餅、野菜の買い出しに田園プラザ川場に向かいました。新鮮野菜に嬉しくなって大量に購入。お餅も美味しいのです。武尊レストランでエビフライ御前をいただき、大食漢になっていました。快適に飛ばして18時に練馬。ここからが混んでいて20時過ぎに鎌倉に帰宅しました。今年のスキー納でした。お疲れ様!









| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

初冬の塔が岳 丹沢忘年会

2012年12月8日 快晴 今日は同期の忘年会&丹沢調査行となりました。前夜から我が家に泊まってくれたS君と3人で6時に焼き立てパンの香りとともに起床、チキンカツサンドを頬張って、7時出発。134号線を平塚まで走り、金目川沿いを北上し、渋沢駅に8時半。イクミにおはよう!4人で大倉の滝沢園に9時到着。キャプテンとI君がもう来ていました。6人で支度してガタゴト戸川林道を登り、途中の竜神の泉で水をくんで、戸沢の水無川駐車場へ。10時に出発1tozawa10猪鍋を食べに来たつもりが行くことになってしまったイクミは、お握り1個食べただけで出発です。書策新道を辿ることになりました。経験者でも滑落注意!と書いてあります。あらまあ結構スリリング!2kaisakusinndouでも、相模湾が見渡せて、真鶴半島から初島の眺めがすばらしい。沢沿いの道を辿ったり、尾根を越えたり、11時に白竜の滝に出ました。4hakuryuunotakiここから結構な急登です。書策小屋跡の二岐に着くと山ガールボーイたちが楽しそうに憩うています。私たちだけの静かな山旅を終えてここからは賑やかです。新大日に着くと霜柱が溶けてチョコレート色の道。12時なのでここでお昼ご飯。温かなチャイでほっこり。さあ塔が岳に向かいます。溶けていない霜柱がサクサク、懐かしい音。13時に山頂です。富士山が大きい。新宿のビル群も見えますが、スカイツリーは残念ながらガスってる。6tougatake尊仏山荘のきれいなトイレに100円を入れて使用。風も強くなってきたのでさあ降りましょう。I君やイクミの嫌いな天神尾根。ところがどっこい整備されていてなかなか良い道になっていました。201212081515良かったねえ、3年前の酷い様子を聞きながら下りていきます。15時15分無事に登山口に到着です。8tennjinnonefinゴンジイが15時に来ているはずです。急いで向かわなければ。滝沢園の入り口でゴンジイにばったり。K君がもうお部屋で憩うていました。16時半ネスケも大阪から到着し、9人でビールで乾杯。201212081630夕食は猪鍋も出て、なかなか豪勢な宴会でした。

翌日は付近を調査しようと、朝食後に寄まで走り、シタンゴ山登山口を調査。ゴンジイがここで面白い石を昨日発掘していました。ここも面白いコースがとれそうです。じばさんずに立ち寄り沢山の秦野野菜を仕入れて解散。何コースかみんなで検討を加えなければなりません。それも楽しんでやっちゃいましょう、K君宜しくお願いします。





















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

新雪の木曽駒ケ岳を歩く

2012年12月3日快晴  前日の笹子トンネル天井崩壊で中央高速が通れないので、朝4時に134号線を海沿いに大磯まで走り、二宮秦野ICから東名で御殿場へ行き、うっすらと雪景色の富士の裾野を走り、富士五湖道路で御坂道に出て、一宮御坂ICで中央高速に乗りました。渋滞もなく順調に岡谷JCTを伊那谷に南下して、駒ヶ根ICに着いたのが7時半。菅の台駐車場(この先で一般車進入禁止になります)に止め、支度して、ロープウェイ行8時の始発バス。ここで40分のバス代金、ロープウェイ代金、ホテル代金一人12000円を支払います。20121203800バスは大田切川沿いの山岳道路でチェーンの音を響かせながら登っていきます。親切な運転手さんで崖の上にいるカモシカを教えてくれるために停車。長閑です。しらび平1661m9時10分発のロープウェイで一気に8分で2611mの千畳敷へ。ロープウェイからは南アルプスの山々が連なって見えました。登山届を提出して、アイゼンを装着して雪世界へ。20121203930久しぶりのアイゼン歩行です。米粒のような二人が稜線近くに取り付いているのが見えます。20121203955前方には千畳敷カールの上に宝剣岳2931mがそそり立ち、後方には南アルプスが美しい。20121203956ふかふかの雪とクラストしているところが混ざっています。あの岩と岩の間を目指します。201212031020最後の直登はかなりヒヤヒヤ。クラストしているところはアイゼンが効きますようにと祈っちゃいます。11時10分に稜線に出ました。201212031115素晴らしい景色です。中岳の先の駒ケ岳を目指します。201212031116風もなく、青空が広がって、両手に北アルプスと南アルプスを望み、宝剣岳から続く空木岳がかっこいい。201212031130春になったら格好の山スキーエリアとなる黒川方面を覗きながら、中岳を登り、鞍部の頂上小屋まで下ります。12時に駒ケ岳頂上。御嶽山をすぐ左にみて、乗鞍岳から北アルプスの峰々をバックに。201212031200今日の駒ケ岳は私たちと長野の方、新潟の方々の5人だけでした。御嶽山も滑れそうです。201212031203初めての中央アルプスですが、北も南も眺められて気持ちの良い稜線です。クマの手の下には南アルプスの間から聳えている富士山が映っています。201212031206少し風が出てきたので神社の陰で昼食、温かいミルクティで和みます。12時20分下山です。201212031220大きな尾根なので安心して軽快に宝剣と前山のコルまで帰ります。13時15分201212031315さあ、ここからが急斜面の下りです。やはりへっぴり腰になってしまう私。トラバースの時に谷足を下に向けるのがなかなか恐ろしいのです。15分ぐらいで難関クリア、ふかふか雪に出ました。201212031320前の方がシリコルートを付けてくださったので、私もお得意のシリコで下ります。わーいレールができた。20121203135013時50分まだまだ晴天は続いています。前方に南アルプスと富士山を眺めながらの雲上散歩です。201212031355千畳敷の看板をベンチにして、しばしの休憩。20121203141514時半、ホテルにチェックインして、お部屋からの駒ケ根の街灯りが見えるころ、甲斐駒が夕映えとなっていました。お風呂も広々と沸いており、このホテルにお客様は私たちと単独行の淡路島の方だけ。おーい節電しなくていいのと思ってしまう私が居ました。
201212031612
2012年12月4日 吹雪。ロープウェイが止まってしまうのではないかと心配しましたが、私たち二人を乗せて9時の始発はしらび平へ。雪も止み、山岳バスに乗り換えて菅の台へ。メインイベントのベイビーに会いに岐阜へ向かいました。


























































| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »