« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月26日 (月)

新雪に輝く立山で初滑り

2012年11月21日(水) 先週、急にアルペンルートが今月末までなので滑りに行こうと決め、大阪のジェラも誘って3人で雪の立山です。朝3時半に鎌倉を出発し、待ち合わせの梓川PSに7時半、同時に颯爽とジェラも隣に駐車、おはよう!安曇野ICから大町に向けて走り、途中の温泉駐車場にジェラの車を停め、スタッドレスのX-TRAILに乗り換えてもらい、除雪した雪道を扇沢へ。トンネルを抜けてすぐの無料駐車場は20台ぐらい止まっており、奥に一台分のスペースがありそうだったので乗り入れてみると、雪がうず高く積もっている。ジェラと私でスコップを取り出し雪かきです。凍っている山を削るのが大変。四駆にして頭から突っ込んでみると、あら大変、後輪の片方だけで空回り。悪戦苦闘していると工事の若者3人が来てくれて5人で押してようやく脱出。安全な有料駐車場へ乗り入れました。スキー支度をしてバスステーションへ。、キャンペーン中の割引券を使って室堂まで往復券7050円、スキー手荷物料600円×2。初体験のトンネル内トロリーバスに乗り込んだのが10時半。10時45分黒部ダム、15分のダムサイト歩行が結構あります。201211211049トンネル内の階段を上がりケーブルカーで黒部平へ。ロープウェイに乗り換えて大観峰に着きました。大観峰の展望台より雪の鹿島槍をバックに。201211211118トロリーバスに乗って室堂ステーションに12時。スキーを履いて今日の宿、みくりが池温泉へ。真っ白の銀世界、ここは南極かしら?みくりが池温泉の個室に案内され、3人でフランスパンにチーズ、ジェラのボージェレヌーボウを味わい、明太子お握りにコーンスープで昼食。13時半スキー支度をして雷鳥沢に向かいます。201211211335雷鳥平に向かい初滑りです。久しぶりのスキーですが、なんて軽い雪なのでしょう!気持ちいい浮遊感!雷鳥沢の丸木橋を渡り、シールを付けて剱御前に向かいます。雲海が下に広がり、銀世界が輝いて、遠く白山方面まで見渡せます。201211211457_2もう午後も遅いので15時までの登りとします。剱御前手前の凸でシールを外して滑降モードに。201211211520雷鳥沢にシュプールが描かれていきます。なんという雪!ニセコより軽い雪は初めてです。201211211525ジェラが舞い落ちていきます。ヤッホー、あっという間に雷鳥平です。シールを貼って登ります。急斜面を登ってしまうと雷鳥荘の前に出ました。雄山の上に月が出ています。201211211556雄大な景色の中にいる幸せをかみしめながらみくりが池に戻りました。201211211557雷鳥沢にはたくさんのシュプールが描かれ、真砂岳の大走りにも美しい跡が。みくりが池温泉のかけ流しにゆっくり浸かり長い一日を思いました。夕食も富山湾のホタルイカの沖漬が美味しく、冷酒立山と生ビールで乾杯。201211211820_2


2012年11月22日 晴れ、6時半から手作りの多い朝食に満腹して、スキー支度し、8時に今日は浄土山へ。20121122815昨晩強い風が吹いたので昨日のシュプールは残っていません。ガイドツアーは立山ホテル方面に消えました。私たちが一番乗りかしら?201211228408時40分稜線に乗りあげます。風もなく穏やかな日です。20121122845室堂山から剱岳をバックに笑顔がこぼれます。あまり気持ちが良いので国見岳の鞍部まで足を伸ばします。これが間違いの元。201211228489時にシールのまま鞍部まで降りたのですが、ここからの国見岳は急斜面過ぎるので断念し、登り返したところがクラストしていて、クトウを付けようと脱いだ私のスキーがあれよあれよとシールのまま滑りはじめ、国見岳と室堂山の沢に向かって流れていきました。このまま行けばバス道で、天狗平まで行っちゃうよ~!クマが滑り降り、探してくれます。私はズボ足でスキーらしい黒いもの目指しましたが、岩でした。ジェラがシールを外して滑り降りてきたので、とっさに上の大岩の穴ぼこを探して!と叫んでいました。ジェラが穴ぼこを見てくれると何とスキーが落ちていました。あ~よかった!とんでもない失敗をしたものです。これからはルーシュを付けようっと。9時45分無事そろったスキーを履いて室堂山に登り返します。20121122945展望台には熟年の4人組がいらっしゃいました。11月でも雪のない年もあるそうです。展望台から黒部源流の山々を望みます。2012112210雲もかかって風も出てきました。11時滑降開始。あっという間に室堂平です。2012112211外でのランチは寒いのでお宿に帰ってパンをいただきました。ピンスケの予報だと午後から晴れるというのですが雪も舞っているので温泉になってしまいました。ゆっくり浸かって戻るとクマとジェラが防寒服を着て散歩に行くといそいそ用意してます、外を見るとピンスケ予報の通り青空が。20121122153015時半ですが、まだ真砂岳に向かっている人もいます。カメラマンが夕焼けを狙って沢山展望台で構えています。景色を堪能し、お部屋でアペリティフをいただき、さあ夕食です。201211221830生ビールに幻の瀧をいただきながら雪山に乾杯!お宿の窓越しに富山の灯りが見えていました。

2012年11月23日 曇り 外は見晴らしがありません。一人温泉に浸かって目覚め、豊かな朝食を食べ過ぎて、帰り支度です。シールを貼って、お宿に別れを告げ、まず室堂ターミナルまで登りです。ここでアクシデント、ジェラがTLTの操作で新しいストックの先を折ってしまったのです。先シーズンも折っているので今回せっかく新調したのに。私とジェラのTLTは旧バージョンなのでストックで回す力の入れ方ではなかなかうまく回らないのです。気を取り直して室堂ステーションへ登り、8時半、まだ早いので、ザックを置いて空身で浄土の方に少し登って最後の滑走しようかと、シールのまま、浄土の斜面を登りますが、視界が効かなくなりホワイトアウト状態に。もう無理とシールを外して滑降モードになっていると、あら大変今度はクマのスキーが流れていきました。視界がないのでどこへ行ったのやら、ちょうど同宿の単独行の方が下りてきたので、室堂平の方でスキーが流れてないか見てください!と叫んでいました。ジェラは右方面を探し、クマはズボ足で降りていると、単独行の方が「ありましたよ、竹の目印のところに立てておきますよ」と。ありがとうございました!今回は3回もチョンボをしてしまいました。無事ステーションに戻り、揃ったスキーをなでながら、気を抜かないように心しようと。9時40分のトロリーバスで帰路につきました。

20121123940201211231040201211231124扇沢は雨も上がっており、大町に出て、ジェラの車を回収し、JA安曇野で美味しいリンゴを購入して地元の美味しいお蕎麦屋さんを紹介してもらい、しみずで新蕎麦をいただき、ジェラと別れて、雨で空いている中央高速を走り、鎌倉には16時半時に帰宅しました。ありがとうジェラ!大阪には18時に着いたとのことでした。







































































| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

岩殿山から稚児落とし

2012年10月27日(土) 曇り KWV三田会秋の日帰りプランで大月駅の北に桂川を挟んで聳える岩殿山に向かいました。朝7時の江ノ電で鎌倉に出て、横浜から特急はまかいじに乗り、大月駅に9時15分に到着。リーダーAさん、サブKさんが迎えてくださる。メンバー13名が集合し、駅前で準備体操をして岩殿山に9時40分出発。結構なのぼりで10時10分円山公園に到着。Iwadonosan資料館がありました。トイレ休憩をして、さあ登りの準備です。Rimg0485階段を登り、10時45分岩殿山の手前の展望台に到着。Iwadonosan2少し戻って稚児落し方面の山道に入ります。11時35分の鎖場鎧岩です。足場が掘って、鎖もついています。Iwadonosan35分で第二の鎖場兜岩です。結構な高度があり、三点確保で行かないとズリズリ落っこちます。Iwadonosan413人無事登って秋の雑木林歩きになりました。朝の雨が嘘のように晴れてきました。Rimg050912時半に稚児落しの手前の第2の鉄塔下で昼食です。Rimg0511拓ちゃんがおでんを炊いてくれました。美味しかった!でも時間がないのでそこそこに出発。Tigootosi113時10分稚児落しが見えてきました。かっこいい!Tigootosi2抜けて稜線です。さあこれからどんどん下っていきます。Kさんの2回転半のでんぐり返しがあったり、Rimg0525林道の横の掘っ立て小屋に貼ってあった昔のアサヒビールのポスターに見とれたり、Posuta1もう一枚、Posuta2

もう14時過ぎてしまい、大月駅まで40分歩くと15時の集合時間に間に合いません。あらどうしましょうと思っているところに大月駅行きのバスが通りかかったので手を挙げてヒッチハイク。止まってくれました。13人全員乗せてもらい、15分で大月駅に。電車で猿橋駅に。猿橋公園には125名のワンダラーがあちこちのコースから集合して歓談しました。Rimg052616時過ぎに解散したので私たちは猿橋を見に行きました。Rimg0532お屋根の付いた橋げたがなかなか面白い橋でした。イクミやチョボ、拓ちゃんと八王子で夕食して帰宅しました。
































| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »