« 妙高連峰 焼山スキー | トップページ | 早戸大滝、原小屋沢遡行 »

2012年6月16日 (土)

上越の渓 岩魚と山菜の旅

2012年6月10日 雨の鎌倉を新潟に向けて出発。週末料金なので2450円で湯沢ICを降りる。豊島の叔母様と来た中華料理屋さん珍来で夕食。久しぶりの中華料理美味しかった。観光客のいない商店街を歩いていたら、小出のお酒緑川の特約店があり、落ち着いたお店なのでふらふらと入り、緑川純米酒と、おすすめ熱燗酒を購入。待っている間に新茶を入れてくれました。緑川の隷書体の文字が好きです。

6月11日(月)快晴 朝6時いつもの渓に向かいます。ところが、工事中の看板が林道の入り口に。おかしいな?林道を進んでいくと河原がごろごろ岩だらけになっていてクレッソンの河原が全くなくなっています。昨年のゲリラ台風の爪痕はここにも。先の林道が崩れ落ちています。Rimg0052林道横の湧水に生えていたクレッソンが最後の生き残りかな、少しいただき、コムタンクッパに入れて朝食とします。流れが急すぎてクマの竿にはかかってくれません。沢靴に履き替えて河原を歩き堰堤前をよじ登ります。いつもの峠道に出ますが、あまり歩かれていないようで夏草がかぶっています。ウツギが満開です。本流を渡渉しなければならないのですが、昨年あった橋はきれいに流されてしまい、かなりの急流です。比較的浅いところまで下りてクマが先行し、ザックを置いて確保してもらいながら、私も急流を踏ん張ります。アー怖かった。腿までビショビショです。両手ストックがかなり助けてくれました。支流に入り8時40分クマに今年最初のヒット。美しい岩魚です。Rimg0055釣り上るにつれ次々ヒット。さあ私は山菜を探さなくては、対岸の崖をのぞいてみるとまだ雪が残り、山ウドがありそう、よじ登ってみましょう。まだまだこんなに姿の良い山ウドが、ウルイが。Rimg0059よし、僕ももっと上まで登ってみるぞ。


Rimg0060
今日5匹目のイワナ。

Rimg005610時半、ここまで来ると川が明るく開けているので、ピンキーさんに頂いた長い竿で私もトライ。長い渓流竿に短いハリスを付けて、水の入れ込みにちょんちょんとおいてみます。10時半、遂に初ヒット、その前にもつつかれていたので、ようやく感覚が分かったみたい。美しい30センチのイワナでした。うれしいなあ。今まで木々の枝しか引っかからなかったので念願のマイ岩魚です。


Rimg0063さあもう少し釣り上ってみましょう。Rimg0064


11時半に大源太山を間近にみて最後のイワナを釣り納とし、塩をし、雪で冷蔵してザックに。鹿児島棒ラーメンにウドとウルイを入れて昼食です。帰り支度をして沢を下りますが、またウドが目に入り、雪笹も。帰りの本流も何とか無事に渡渉できました。林道を歩き、根曲りタケノコを探しますが、まだ早いみたい。少し横にそれて歩いてみると蕨がにょきにょき。素晴らしい太さです。またせっせとザックに入れて駐車場所へ。工事関係車両が轟音を立てて登っていきました。林道工事に急傾斜工事のようですが、こんなに毎年崩れているとイタチごっごのよう。

湯沢で一番湯質の良いと言われている山の湯でゆったりと地元のおばあさんと温泉に浸かりました。ギッコに言われたように深夜割引を利用して練馬ICを出ると2100円でした。
昨年の大震災といい、ゲリラ豪雨といい、自然は毎年姿を変えてしまうのですね。でもこんなに美しい日本の山々を愛でながら歩いていきたいとしみじみと感じた山歩きでした。





|

« 妙高連峰 焼山スキー | トップページ | 早戸大滝、原小屋沢遡行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上越の渓 岩魚と山菜の旅:

« 妙高連峰 焼山スキー | トップページ | 早戸大滝、原小屋沢遡行 »