« 秋の八ヶ岳 編笠山 | トップページ | 東谷山 »

2012年1月30日 (月)

雪の表丹沢縦走 

明けましておめでとうございます!

暮れに新潟の神楽に2回行ったのですが、吹雪で山スキーはできませんでした。カメラもなしだったのすが、山に久しぶりに行けたので報告します。

2012年1月28日 急に雪の丹沢を歩いてみよう、トレーニングに塔ノ岳に行ってみようとクマが言い出し、夜がさごそとアイゼンピッケルの用意をし、冬の新しい山靴のお出ましだと、涸沢以来の冬靴を並べました。久しぶりの山スキーではない雪山なので、防寒具を入れすぎたようでザックが膨らんでます。

ヤビツ峠761m6時50分-岳ノ台899m風神祠7時半-菩提峠-ニノ塔登り口8時-ニノ塔9時-三ノ塔1204.8m9時15分-烏尾山荘1136m9時45分-行者ヶ岳1209m10時半-新大日-木の又大日1396m-塔ノ岳1491m12時、12時半-烏尾山14時-ヤビツ峠15時半

2012年1月29日 4時半に起床、温かなコーヒーと野菜スープを飲んで、5時半に鎌倉を出発。未明の134号線を海沿いに茅ケ崎過ぎ、お握りの朝食を食べながら平塚の虹が浜から北上し、夜景の秦野市街を見下ろしながら雪のヤビツ峠に着いたのが6時半。丹沢って近ーい!ようやく夜が明けて6台ぐらいが駐車しており、テントから人が出てきたり、アイゼンを付けた男性は大山に向かったのかな、我々も山靴を履いてさてどちらかしら?

6時50分、岳ノ台という標識があったので雪道の踏み跡を辿ります。塔ノ岳にしては踏み跡が少ないねえ、静かねえと岳ノ台の展望台から雪の丹沢を眺めます。雪原を降りると風神祠が祭ってあります。ご加護を祈って、地図を広げると、あらまあ塔ノ岳へはヤビツ峠から直で行く登山道があるヨ、昨晩暗くてよく見えなかった。まあトレーニングねと1時間のロス。お陰で静かな菩提峠へ、ここまで車で来ている常連の長ロングスパッツおじさんがいました。10分の林道歩きでニノ塔への登り口へ。ここからはヤビツ峠からの人々で結構な登山者です。8時私たちは高校生?と引率の先生6人組の後ろに付きました。みんなアイゼンを付けているのですが、凍ってもいない締まった雪なので、山靴のままトレースを辿ります。 24日に東京で雪が降ったときはどのくらい積もったのか、何日か前のスキーのトレースまでありました。

9時ニノ塔だわという小さなポコを過ぎ、9時15分三ノ塔に到着。真横に雄大な雪の富士山を眺めながらの尾根歩きです。

大山をバックに三ノ塔で。カメラを忘れるという失態で、がっかりでしたが、携帯でも写ったのです。急な鎖場でヒヤリとし、2012129

2012129_2

9時45分烏尾山荘1135mで休憩、ここは避難小屋でログハウスです。中まで雪が積もっています。扉を閉めていなかったのでしょうね。烏尾山からは真鶴半島がくっきりと見え、関東平野にはスカイツリーまで見えたのです。

10時半行者ヶ岳1209mあれ、携帯が鳴っている、エンチョーからでした。しっかりと励まされました。雪付の鎖場を降りるというヒヤヒヤものを通り、梯子のかかった痩せ尾根を過ぎ、新大日茶屋は休業中。また木の又小屋も休業中を過ぎ、最後の登りが辛いよう。ロンスパおじさんはもうご帰還です。12時ちょうどに塔ノ岳に到着!20120129kumatofujisa 富士山の左肩には聖から続く北岳南アルプスが見えています。

20120129立派な尊沸山荘、あちこちからの登山者であふれています。20人ぐらいの高校生の団体も記念撮影。丹沢の平均年齢は若い!

お昼のお握りを頬張って、テルモスのコーヒーを飲んで、展望を満喫します。富士山の雲もすっかり取れ、新年を祝福してくれています。良い年になりますように!

12時半、あの団体より先に帰らないと渋滞になっちゃうと、降ります。ところがヤビツ峠に帰る人はいなく、会ったのは烏尾山荘での単独行の青年だけでした。午後だというのに登ってくる中高年の方々は尊仏山荘に泊まるのかな?夕暮れのダイヤモンド富士が見られるのかな?足は攣るし、へとへとになってヤビツ峠まで帰り着いたのが15時半。もう寒くて零度以下。16時来るときは見えなかった展望台が富士山の夕景見学の車で埋まっていました。17時に平塚の東京とんこつラーメンで暖まり、鎌倉に帰ったのが18時。クレッソンとアボカドのサラダと北海道のコマイにビールが効きます。明日は足が痛いだろうなあ。雪の山を久しぶりに楽しんだ一日でした。

|

« 秋の八ヶ岳 編笠山 | トップページ | 東谷山 »

コメント

いやあ、いつも楽しそう!
お二人は人生を謳歌しているなあ、といつも感じています。
丹沢は秋山しか知りませんが、結構きつかった記憶があります。
案外、小さいが故に1000米クラスの山はアップダウンが頻繁で、息が上がり、足腰にくるのかも知れませんねえ。
さあ、ことしもどんどん行きまっしょう。

投稿: 稲田 仁 | 2012年1月30日 (月) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の表丹沢縦走 :

« 秋の八ヶ岳 編笠山 | トップページ | 東谷山 »