« 恵林寺と奥秩父金峰山 | トップページ | 三国峠 御坂三社神社再建祭り »

2011年8月 2日 (火)

奥志賀雑魚川 外川沢から切明へ

 2010年9月の山荘祭前の外川沢(外ノ沢)は雨で途中撤退。外ノ沢を遡行して2010年2月に山スキーで行った岩菅山に続く烏帽子岳の西稜線に突き上げ、笠法師山との鞍部から曲沢を下るというプランを連休に計画していました。今回は滋賀県にいるkai君と3人です。
2011年7月15日 今日は移動だけなのでゆっくり鎌倉を出て、相模湖から長野へ17時に長野駅でkaiと合流。奥志賀に向かいます。中野のお蕎麦屋さんで夕食、コンビニで釣り券を購入。真っ暗な奥志賀林道に入っていくと、空っぽのバスが?猫バスかしら?明日の雑魚川への道を確認して、切明方面に走らせ途中の鳥兜山の稜線が望める沢の合流地点で20時半テントを張ります。雪渓が残っていてシュラフカバーだけでは寒~い。外は満月で山の端がくっきり見えます。

2011年7月16日 朝4時起床。こんな下に雪渓が残っているなんて!コーヒーとパン、オレンジで朝食を済ませ、ザック分けして5時半に降下地点に向かう。Rimg0003 夏草に覆われた轍跡を辿り、駐車し、沢靴で6時出発。踏み跡を辿り、尾根らしきところを過ぎ、急降下して6時25分雑魚川に降り立つ。朝日に水流が美しい。Rimg0004 先の岩を乗越たところで渡渉し、外川沢に入ります。外川沢はナメがやさしくゆったり流れています。Rimg0005 東電道のつり橋のところが7時15分、ここで巡回路に上がり、堰堤まで行きます。Rimg0008 巡回路途中のトンネルには大きな蝙蝠が!桂の大木を過ぎ、堰堤を越えて7時45分外川沢に再会。Rimg0015 今日は曲沢との出会いまでなのでゆっくりでよいとクマは早速竿を出し、イワナと遊ぶ。Rimg0018 まだ8時です。しばらく気持ちの良い沢をたどり、8時50分沢の屈曲点の10m大滝に到着。Rimg0023 手前に巻き道があるのでよじ登り、トラロープがかかる降り口が見つかりました。Rimg0026 曲沢との合流点を過ぎ、曲沢と鬼沢の合流付近1340mにテンバを見つけ、昼食後竿を片手にkaiも釣り初挑戦。Rimg0027 14時kaiの初釣りは大きな30センチのイワナ、これはお刺身にしましょう。kaiは釣り吉天才?Rimg0030 15時には焚火も良い火となり釣果を焼きます。自生しているミズのお浸し、クレッソンときゅうりのサラダ。山菜おこわで〆。19時過ぎにはおやすみなさい。

7月17日 4時起床。晴れ。朝食はクレッソン入り棒ラーメン地鶏添え。テントに食糧やシュラフ等をデポして5時半出発。軽装で外川沢本流に戻り6時半釜を持つ7mの滝を左から越える。Rimg0033 Rimg0036 朝7時の日差しが気持ちよい、途中で半夏生(半化粧)をみかける。鎌倉の山では白い部分だけですが、ほんのりと紅がさして美しい。Rimg0041 Rimg0045 7時半 5m二段の滝を越えると、ウワアー気持ちの良いナメ滝。熊の沢を分け、5mの滝を越えるとまたナメが続きます。Rimg0048Rimg0057 徐々に傾斜がきつくなってきます。Rimg0058 二又を左の沢に入り、高度を上げていくと、途中で涸れ沢となりますが、再び流れが出て、Rimg0064 10時20分5mの滝を越え、10時半かなり登ってきました。Rimg0066 ここでお昼とします。1800mぐらいかなあ?しばらく行くとまた6mの滝があり、直登は無理、右手に倒木があるが崖となってしまっている、kaiが左手方向を試してみるが岩がボロボロ剥がれていやらしい。ようやくクマが突破口を見つけて巻く。11時過ぎについに水がなくなり、11時半根曲り竹の藪に突入。kaiは猛然とヤブ漕ぎ。私ははぐれて、藪にふさがれて半べそ。。帽子は飛ぶし、すすだらけ。1時間漕いでも出口がない、大木の根元でフルーツゼリーの一本。さあまたヤブ漕ぎです。14時ようやく尾根の登山道2200mに出ました。Rimg0067 もう体力すべて使い果たしました。向こうに見えるのが烏帽子岳。曲沢を下降するプランは断念して、切明で温泉に入ろうということになり、登山道を切明まで5時間。煤だらけの上に、ブヨ、蚊、の大群がまといつきます。烏帽子を越えた、笠法師山との鞍部に水場への道標がありました。多分これが曲沢への下降点か。雷も鳴り雨も降りだし、虫刺されでかゆいし、沢靴で滑るし、すってんころりんと切明へ。途中で携帯で予約しようにもつながらないし、雄川閣にたどり着いたのが19時。とりあえず、外でビールで乾杯。お部屋は取れたが、もう夕食は終わってしまったとか。あらまあ、とりあえず温泉で浴衣に着替えましょ。温泉に入ったらビールが効いたのかくらくらします。しばらくベンチで休んでいたら、kaiが「アカズさんクマさんが倒れた」と、男風呂に駆けつけるとクマが倒れてて、やはりすきっ腹に温泉あたりしちゃったみたい。助けに来てくれた人が、事情を聴いていたらしい愛媛のバスの運転手さんでお客さんのご馳走が食べきれなくて頂いてあるので食べてくださいと。クマをkaiが連れてきてくれ、ポカリをたくさん飲んで、運転手さんの運んでくれたイワナ塩焼き2匹と鳥の照り焼き、天婦羅をkaiに食べてもらい、おやすみなさい。

7月18日 6時起床。朝一番にあの運転手さんがお礼を言う前にナデシコが勝ったと教えてくれました。7時から朝食なので食堂でたくさんいただく。昼食用にお弁当も作ってもらう。運転手さんにお礼が言いたかったのですが、もう苗場山登山にお客さんを運んで行ってしまったとか。この場を借りてありがとうございました!雄川閣の人が駐車した下降点まで送ってくれ、四国の運転手さんにお礼を伝えてくれるとのことでした。9時に再び雑魚川に下降し、曲沢合流点までテントを取りに行きます。10時半にテンバでお弁当と沢に浸けっぱなしの冷やし汁粉やビールまでいただき、撤収して、曲沢と別れ、外ノ沢を下って、雑魚川を渡って、さあ急登です。14時に車にたどり着きました。志賀高原で温泉に浸かり、さっぱりして長野でkai君と別れ、関越道を目指します。kai君お世話になりました!

渋滞となり19時に横川saでトマトラーメンをいただきます。冷たくってトマトが美味しかった。藤岡JCからはのろのろでも動いており、22時半環八に入り、鎌倉には23時半に着きました。虫刺されがひどく、目が開けられないほどで翌日皮膚科を受診。7月の岩菅山稜線は大変なことになります!!

|

« 恵林寺と奥秩父金峰山 | トップページ | 三国峠 御坂三社神社再建祭り »

コメント

中嶋さん

ご無沙汰しています。
またご挨拶有難うございます。とても懐かしいです。中嶋さんと同期の方々は皆さんお変わりも無くお過ごしでしょうか?
久保さん・高桑さん・杉本さん・稲見さん・江原さん・牧野さん・田中さん・中村さん・中さん・柴さん・柴田さん達にお会いできれば、どれほど嬉しいかと思います。
先輩方は今年が卒40年でおめでとうございます。

私は丸亀で小さな本屋をしていますが、なんせ遠国のため同期の者と会うことさえめったにありません。
先日Kwvのホームページに、この度の震災でのボランティア活動の写真が掲載されており、小野さんや島さん、金子さんらの姿を拝見した際は懐かしくて堪りませんでした。

「梅若日記」は、今走り読みですが隅々まで目を通させて頂きました。
林住期を迎えられた秀信さんが、いかような心境で帰依されたのか、差し障りが無ければお教え頂ければ、と思います。
今、私どもも林住期に居るわけですが、早々に遊行期に移り棲めたらと願います。遊行期は、孔子の「心の欲する所に従って、 矩を踰えず」の心境でしょうか。
「梅若日記」は謡曲「隅田川」にちなんだものでしょうか?
もしそういうことでしたら、中嶋さんは梅若の塚に由縁のある地にお住まいなのでしょうか?

秀信さんの「梅若日記」は丁寧に読み直します。
玄侑宗久さんの著作も読んでみますネ。
同期の皆に中嶋さんのブログを紹介します。皆もきっと喜びますよ。

稲田 仁

追)円珍さんは丸亀出身です。

投稿: 稲田 仁 | 2011年8月30日 (火) 20時48分

稲田さん

卒業以来お会いしてませんね。お元気そうでなりよりです。懐かしくておもわず。これもあかずのblogのお陰です。有難うございます。
私の近況はこちらで。http://trickortreatjpapolo.blog.so-net.ne.jp/

中嶋ピンキー

投稿: pinky | 2011年8月26日 (金) 20時27分

GPSのログってどう読み取るのやろねえ。
難しくはないと思うけど、私もやったことありません。
と言っても私のは車載パソコンのナビ用GPSのことだけど。山にGPS持って行く時代になったんですネエ。
Google Map をそのまま貼り付ければ十分ですよ。概念図がわかればよいのですから。
山荘祭があるんですね。私はもちろんペケですが、悔しくてなんか引きこもりになりそ~。
それにしても、こんな険しいとこよく行ったなあ。谷川の赤谷川やったっけ、学ちゃんらといったけど、あんまり変わらんなあ。新幹線のトンネルでザイルの稽古したの、思い出しました。

投稿: 稲田 仁 | 2011年8月 4日 (木) 21時44分

はい、地図をアップしたく、山スキーではGPSの軌跡を取り込もうと何回か試したのですが、まだ上手くいきません。沢を歩くという原始的な行動では遡行図、概念図のほうがベターかな。スキャナーで入れてみようかな。アカズ

投稿: アカズ | 2011年8月 3日 (水) 09時12分

お疲れさまでした。
今回から文章もしっかり読むようにしました。臨場感を感じ、自分も沢登りしてる気分になりました。それにしても、熊倉もアカズも若いなあ。それに夫婦が同じ趣味ってやっぱりイイ。うちの範子さんGolfするのですが、あまりに下手で、鍛え直します。
それから今回は写真が綺麗でした。熊倉の顔もハッキリわかりましたヨ。熊倉って結構丸顔やったんやなあ。これならOKですヨ。腕が上がったネ。
熊倉が倒れたのは心配です。単なる空腹時の湯あたりだったら良いのですが、やはり念のため受診したほうがいいと思いますヨ。
それから、アカズにお願い。
可能なら大まかな地図もUPしてくれるとたすかります。

今日の Group Mail サガポ(2)がお二人の気に障ったら、ごカンベン。

投稿: 稲田 仁 | 2011年8月 3日 (水) 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥志賀雑魚川 外川沢から切明へ:

« 恵林寺と奥秩父金峰山 | トップページ | 三国峠 御坂三社神社再建祭り »