« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月 7日 (木)

恵林寺と奥秩父金峰山

2011.7.2 朝4時に起床。5時前に雨の鎌倉を出て、海沿いの134号線を平塚、厚木経由で相模湖ICに6時。空いていたので1時間で来てしまい、勝沼ICで中央高速を降り、塩山へ。拓ちゃんとの約束が9時半に大弛峠なので早すぎる。クマが気になっていた恵林寺に行こうというので7時恵林寺。素晴らしい山門に朝日が。Rimg0006 早朝の誰もいない清々しい境内でお参りをさせていただく。Rimg0010 思いがけない宝物をいただいたようなお寺があるのも日本の山の魅力です、新潟白山の慈光寺、巻機山へ向かう道の雲洞庵。Rimg0012 朝の光で見る障子の美しいこと!夢想国師の建立したお寺と言われていますが、名を残さない匠の技が残っています。Rimg0016 杉の大木が拝みたくなるほど立派にそそり立っています。Rimg0021 夢想国師のお庭から杉の大木を見上げるとなんと、シラサギの巣が天辺に!動かないので作り物かと思うほど。朝の座禅会が終わったところでまだ入場券の準備もできていなにのに入れてくださったお坊様に感謝です。

さあ、奥秩父に向かいます。国道140号線に合流して雁坂峠トンネルの手前窪平を塩平方面に左折し、塩平~焼山峠の途中でよい渓流に出会い、クマは竿を出してみる。イワナが遊んでくれたそうです。川上牧丘林道に入り標高を上げると桜沢と出合い、ここでクマは渓流に入って、水晶峠、荒川本流で遊び、上り詰めたアコウ沢の出合いの駐車場で待ち合わせを確認し、桜沢で支度をしているとイクミと拓ちゃんの山仲間Wさん、Kさんを乗せた拓ちゃん車が到着。クマと別れ、大弛峠へ。わあ凄い車で駐車場は満杯。砂利道を川上村側に降りた路肩に駐車。峠の公衆トイレで済ませ、10時15分出発。木の階段のある急登を過ぎるとコメツガの林の中に木のベンチのある朝日峠、ここでYさんから冷たいリンゴの差し入れ。美味しい!さあもうひと頑張り、雲の中に入ってきたようで見晴らしがない。Rimg0027 11時半朝日岳山頂2579mです。鉄山から金峰山が見えるはずなのですが、残念ガスの中。ブヨが沢山たかってきて、防虫剤もきいていないようです。イクミは防虫ネットをかぶります。Rimg0026 アブを払いながら、おいしい梅ゼリーをいただきます。鉄山を過ぎ、アップダウンを繰り返すとハイ松の稜線へ、大岩のところで2歳5歳7歳ぐらいの男の子を連れた若夫婦と一緒になる。お父さんは2歳の子を背負い、二人の少年は手足、腹筋背筋で岩を登っていく。こんな小さいのに岩の登り方がわかるんだと感心すると、得意げにどんどん岩に向かう。かわいい!岩山を辿ると金峰山頂上2598m13時15分。五丈岩でお昼とします。おにぎりに拓ちゃんの作ってくれたお味噌汁、とコーヒーで暖まります。Wさんお手製味噌と冷たいキュウリが美味しい。Rimg0031 五丈岩はだれが積んだのかしら?不思議な岩のお城です。イワカガミが岩の間を覆っています。Rimg0033 さあ下りです。どんどこ降りていきます。Wさんは73歳とは見えない足さばきで平気で下ってきます。若いです。朝日峠の途中で携帯が入り、クマがもう駐車場で待っているとのこと、大変もう約束の15時だ、あと45分はかかるでしょう。15時50分大弛峠。お疲れ様でした。車を取りに走り、アコウ沢の駐車場へ。クマはブヨ除けの焚火をしていました。イワナ6匹ゲット。きれいな紅色が入ったイワナです。山男の子3人兄弟も駐車場に入ってきて水晶を探しています。お母さんが森の中から石英を見つけて子供たちは大喜び、山の子は強いです。今回の金峰山は若い登山者が多くてうれしい限りです。クリスタルラインを通って、塩山の街から笛吹川フルーツ公園に向かい、ほったらかし温泉へ。結構な車やバスが停まっています。無色透明な露天風呂から甲府盆地や山々のシルエットを眺め、汗を流しました。牛乳を飲んで涼んでいると、拓ちゃんお手製のパスタつまみ棒をいただきました。拓ちゃんありがとう!塩山のお蕎麦屋さんでざるそばとモツ煮を食べ、みんなと別れて相模湖から鎌倉へ。途中で眠くなったので1時間ほど寝て23時半に帰宅。お疲れ様でした。翌日塩をしてあったイワナをムニエルとイワナご飯にしました。オリーブ油で焼いたイワナは最高でした。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »