« 焼山スキーツアー | トップページ | 十字峡から丹後山、大水上山 »

2011年5月 9日 (月)

昼闇山スキー

2011年5月3日 晴れ 5時起床。ジェラやクマは温泉に入ってたそう。おにぎりを持って、乾いたシールを張ったスキーを担いで焼山温泉の前の林道を登ります。林道の除雪終了地点で栃木ナンバーの車が駐車していて男性二人がシールで登っていきます。6時半に私たちもシール登行開始。今日はザックも軽いので楽チンです。Rimg0028 ジェラもシールに慣れて快調です。Rimg0031 烏帽子岳、阿弥陀山が目の前です。Rimg0033 のんびりとした林道沿いに春山を満喫です。8時、橋のたもとで朝食をいただきます。Rimg0034 9時にアケビ平に回り込み昼闇山が見えてきます。Rimg0039 10時に昼闇谷の西尾根に取り付きます。昼闇谷のところどころにデブリが見えます。Rimg0043 Rimg0047 尾根を快適にシールを聞かせて登ります。憧れの海谷山塊の真っただ中。Rimg0054 傾斜がきつくなってきました。クラストしていないのでクトーはつけません。Rimg0057 ついに傾斜がきつくなりすぎて担いじゃいました。Rimg0060 12時25分1600m迄登りました。昼闇山への尾根は細いので今回はここまでとします。さあシールを外して滑降準備。ピンスケ、ジェラが気持ちよさそうに舞っていきます。Rimg0064 Rimg0093 Rimg0101 ジェラは30年ぶりのスキーとはいってもさすが華麗に滑っていきました。Rimg0112 13時半昼闇谷と別れて林道に入り、14時半には宿に帰り、温泉に浸かって、糸魚川へ向かいました。糸魚川にチェックインしてお楽しみのすし活へ。ホタルイカの沖漬、白エビのお刺身、ヒラメの子の焼き物、ヒラメの皮のあぶったものが美味しかったなあ。謙信の熱燗で結構な宴会となりました。翌日大阪に帰るジェラと別れて、能生の魚市場へ。アンコウの小型版ゲンキとナマコ、バイを購入して長野道に乗り、渋滞の関越から246でピンスケ宅へ。ともちゃんからスズランと可愛い自転車に乗ったバラの花をいただき、感激でした。スズランは鎌倉の斜面に植えました。懐かしい面々と楽しい山スキーができた幸せを感じたプランでした。

|

« 焼山スキーツアー | トップページ | 十字峡から丹後山、大水上山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼闇山スキー:

« 焼山スキーツアー | トップページ | 十字峡から丹後山、大水上山 »